本文へジャンプ - トップメニュー|検索

経済局トップ の中の 国家戦略特区について


国家戦略特区について

横浜市の取組

 国家戦略特区とは、日本経済の再興のため、産業の国際競争力の強化及び国際的な経済活動の拠点の形成に向けた大胆な規制・制度改革を実行するための突破口で、国が主導し国・地方・民間が一体となって、プロジェクトを推進するものです。
 横浜市は、平成25年9月、国家戦略特区に関する提案(神奈川県・横浜市・川崎市による3県市共同提案と横浜市独自提案)を国に提出しました。その後、国において国家戦略特区の指定に向け法の整備や基本方針の策定を行い、平成26年5月1日に政令により横浜市を含む神奈川県が東京圏の一部として国家戦略特区に指定されました。
 横浜市は、今回の指定を横浜のさらなる飛躍に向けた大きなチャンスとして、特区での規制緩和や制度改革を最大限に活かし、国・民間事業者の皆様と御一緒に、横浜の経済成長を日本の経済成長につなげるよう取組を進めます。

区域計画(内閣府のHPへ)

<東京圏>国家戦略特別区域及び区域方針(平成26年5月1日 内閣総理大臣決定 平成28年1月29日 一部変更)


横浜市からのお知らせ

 

会議・イベント等について(内閣府のHPへ)


国家戦略特区について

 国家戦略特区に関する法令や閣議決定などの制度に関する事項、国の検討状況についてはこちらのページをご参照ください。

内閣府地方創生推進室のホームページへ


国家戦略特区のメリットについて(内閣府等のHPへ)

規制の特例措置

金融上の支援措置

税制上の支援措置


横浜市の提案について

横浜市独自提案

神奈川県・川崎市・横浜市の3県市共同提案

ページトップヘ




経済局ライフイノベーション推進課 - 2014年5月27日作成 - 2017年4月20日更新
御意見・お問合せ - ke-tokku@city.yokohama.jp - TEL:045-671-3495 - FAX:045-664-4867
©2003-2017 City of Yokohama. All rights reserved.