本文へジャンプ - トップメニュー|検索

経済局トップ > 商業、消費生活、市場 > 中央卸売市場 > 市場市民開放


中央卸売市場

ハマの市場を楽しもう(市場市民開放)
 横浜市中央卸売市場本場の水産物部では、毎月第1・第3土曜日の午前9時から午前11時まで市場を開放し、魚食普及の取組みとして、一般の方々との交流のための各種イベントを実施しています。
※中央卸売市場は業務用市場であり、市民開放日も買出人が仕入れに来ています。一般の方の9時以前の買い物はご遠慮いただくようお願いいたします。
 

開放日時 毎月第一 ・ 第三土曜日 午前9:00~午前11:00

平成30年1月20日(第三土曜日)の開催情報


【開催情報】


◆来場者サービス(午前9:00~)

 来場者の皆様に温かい汁物を配布いたします。今回はあんこう汁!魚河岸処にお集まりください。

◆「マグロの解体ショー」午前9:05~・午前10:00~)
 「八丁武」駐車場側(9:05~)と、「菊平」セリ場側(10:00~)で豪快なマグロの解体ショーを開催します。マグロ専門包丁での解体をお楽しみください。

◆「市場探検隊」午前9:30~)
 普段見ることのできない市場内の施設を案内します。マグロの超低温冷蔵庫での南極体験は大人気。また活魚槽でのプチ水族館気分を味わってください。(危険ですのでサンダル等の滑りやすい履物の方は超低温冷蔵庫に入れません)※集合場所の水産物部エントランスで、9時すぎから先着順で受付を開始します。

◆「魚のさばき方教室」午前10:00~)
 「伊勢勝」にてさばき方教室を実施します。当日8:50~9:10まで「魚河岸処」で受け付けています。20名限定で定員を超えた場合は抽選となります。

◆「おさかなマイスター教室」(午前9:40~
  魚河岸汁配布後、魚河岸処で開催します。テーマは「魚の話あれこれ」。お魚の相談もお待ちしています。
 
◆「魚のつめ放題」(お休み)
  県内の朝網が再開するまでしばらく中止します。

◆「佐島のおかみさんレシピ」(お休み)





  各種イベントの様子
おさかなマイスターの魚の教室
(テーマは「スズキ」)
お魚さばき方教室
(魚は「アジ」)
魚の教室
生マグロの解体 市場探検隊(マグロの低温卸売場で説明)
市場探検隊
   
   

 
店舗地図の印刷は
こちらから


◆駐車場ご利用のお客様へ
 水産物部の駐車スペースが狭くなっています。できるかぎり公共交通機関等でご来場下さい。ご理解・ご協力をお願いします。
市場での取引は外税方式です。
・お持ち帰り用のビニール袋と砕氷をご自由にお使いいただけます。
市場内にペットを連れての入場はおやめください。

【今後の開催情報】
 次回は平成30年2月3日(土)です。
 
次々回は平成30年2月17日(土)の予定です。

 平成30年の年間スケジュールはこちら
 ※年間予定のため変更される場合がございます。

アクセス

横浜市中央卸売市場本場水産物部(横浜市神奈川区山内町1番地)
【交通案内】 横浜駅から横浜市営バスをご利用ください。
  ・市営バス:横浜駅東口バスターミナル4番乗り場(48系統)
  「コットンハーバー経由横浜駅前行き」に乗車
  「中央市場前」下車すぐ(横浜駅から10分程度です。)
  徒歩の場合は、「横浜駅」からは20分程度、京浜急行「神奈川駅」からは15分程度、京浜急行「仲木戸」JR「東神奈川駅」からは25分弱となります。
【横浜駅から徒歩で来場される場合】
地図

ご注意

  • この事業は水産物部仲卸売場を中心に実施しており、青果物など実施していない場所があります、また、二階は市場関係者の車両の駐車場となっております。お越しになりましたら案内表示などでご確認ください。
  • 事業実施日は水産物部の警備員室前の受付で、催し物の実施時間や場所等を記載しましたご案内のチラシなどを配布しています。(水産物部警備員室前の受付の場所:「中央市場前」バス停のそばの横です。
  • 第1・第3土曜日が市場の休業日にあたる場合は、地域交流事業は実施しておりません。休業日については、横浜市中央卸売市場ホームページの市場カレンダーでご確認ください。

実施団体

横浜市中央卸売市場魚食普及推進協議会地域交流部会
お問合せ先
 横浜魚市場卸協同組合イベント係
 電話 045-459-3400(8:30~15:00) 市場の休業日を除きます。

ページトップヘ




経済局中央卸売市場本場経営支援課 - 平成29年7月25日 - 平成30年1月17日
御意見・お問合せ
©2003-2018 City of Yokohama. All rights reserved.