本文へジャンプ - トップメニュー|検索

トップ の中の 商業、消費生活、市場 の中の 中央卸売市場 の中の 市場大学 の中の 開講中の講座紹介 の中の レシピ紹介 の中の 江戸前 穴子(あなご)の白焼き



横浜市中央卸売市場

横浜市場大学

アイコンレシピ紹介  (レシピ一覧へもどる)


江戸前 穴子(あなご)の白焼き

江戸前(えどまえ)穴子(あなご)の白焼き写真

材料・2人分

  • アナゴの開き(新鮮なもの)…… 2~3匹(※東京湾で獲れたもの)
  • 塩…………………………………… 大さじ4程度
  • 水…………………………………… 2l

つくり方

  1. 魚焼きグリルの受け皿にアルミホイルを敷き、遠赤外線効果のあるセラミックボールなどを入れ、焼き網と一緒に温めておく
    ※コンロで直接使う魚焼きの場合、コンロの火が直にあたらない焼き網を使うほうが良い
  2. 大きめのボール2つに、それぞれ、塩を大さじ2程度(30g~35g)と、水1lを入れ塩水を作る
  3. 2で作った塩水のひとつに、アナゴの開きを入れ、皮側を丁寧に洗い、ぬめりを取る
  4. 3のアナゴを、流水で丁寧に、素早く洗う
  5. 4のアナゴを、2で作ったもうひとつの塩水に入れる(浸け時間は長くても5分程度)
  6. 5のアナゴをグリル(焼き網)で、表面に軽く焦げ目が付くように焼き出来あがり
    ※アナゴのサイズが大きくグリル(焼き網)に収まらない場合、適当な大きさに切る

注意:アナゴは焦げ過ぎない程度によく焼くと、より美味しく頂けます。


ワンポイント

新鮮なアナゴでも活け締め後、冷塩水でしっかり血抜きをされたものは、身が白く皮が変色しにくい。
アナゴは下処理後、真空パック等をせずに時間が経つと味が落ちますので、早めに調理しましょう。

<レシピ提供:齋田 芳之>

pdfこのレシピのプリント用ダウンロード (PDF形式228kb)

pdf「柴漁港 江戸前アナゴの開き」購入方法のダウンロード (PDF形式244kb)

ページトップヘ


この料理を紹介した講座のレポートを見る

2008年8月20日 【2008年一般講座】

ページトップヘ


PDF 形式の文書をご覧になるためには、Adobe® Reader® が必要です。ご利用のパソコンに Adobe Reader がインストールされていない場合は、下記のリンク先ページから Adobe Reader (無料) をダウンロード、インストールしてご利用ください。

Adobe Reader を入手する Adobe Reader ダウンロードページへ

※ Adobe および Reader は、Adobe Systems Incorporated (アドビシステムズ社) の米国ならびに他の国における登録商標または商標です。




経済局中央卸売市場 本場 経営支援課 - 2008年9月11日作成 - 2012年2月6日更新
御意見・お問合せ - ke-daigaku@city.yokohama.jp - tel:045-459-3333- fax:045-459-3307
©2003-2012 City of Yokohama. All rights reserved.