本文へジャンプ - トップメニュー|検索

トップ の中の 商業、消費生活、市場 の中の 中央卸売市場 の中の 市場大学 の中の 開講中の講座紹介 の中の レシピ紹介 の中の 横浜ファミリーカレー



横浜市中央卸売市場

横浜市場大学

アイコンレシピ紹介  (レシピ一覧へもどる)


横浜ファミリーカレー ~地元産の新鮮な野菜を使ったカレー~

2008年一般講座 7月30日の講座で紹介しました

横浜ファミリーカレー ~地元産の新鮮な野菜を使ったカレー~写真

a.野菜をトロトロに包み蒸し焼きにする(包み蒸し煮にしてもいい)

材料・約6人分

  • 長ネギ……………………………………… 2本分(白い部分)
  • ニンジン…………………………………… 50グラム
  • ニンニク、生姜…………………………… 少量
  • オリーブオイル…………………………… 50cc
  • スパイス(ターメリック、クミン)…… 適量
  • 塩、コショウ……………………………… 適量

つくり方

  1. ボールに1/2又は1/3にカットした長ネギ、スライスしたニンジン、生姜、ニンニク、スパイス、塩、コショウを入れてよく混ぜ合わせる
  2. 1をアルミホイルに材料を包み、180度のオーブンで30分程度蒸し焼きにする
    (蒸し器でトロトロに蒸してもいい)
  3. 生姜とニンニクは取り除き、長ネギとニンジンを粗いみじん切りにする

注意:長ネギは、白い部分のみ使用

b.牛すね肉とルーを炒める

材料・6人分

  • 牛すね肉(粗い挽肉)……………… 450グラム
  • 牛すね肉(脂の部分)……………… 50グラム
  • オリーブオイル……………………… 50cc
  • カレールー…………………………… 6人分
    ※市販の溶けやすいものを使用

つくり方

  1. フライパンにオリーブオイルをひき、牛のすね肉を入れよく炒める
  2. 牛すね肉に火が通ったら、カレールーをほぐしてから入れ、さらに軽く炒める

注意:牛挽肉を炒めるときは、じっくりと火を通す

c.仕上げ

材料・6人分

  • マッシュルーム………… 10個程度
  • オリーブオイル………… 30cc
  • 赤ワイン………………… 180cc
  • 鶏肉のブイヨン………… 720cc

つくり方

  1. マッシュルームをスライスする
  2. 鍋にオリーブオイルをひき、マッシュルームのスライスを入れて軽く炒める
  3. 2に赤ワインを入れてアルコールを飛ばしてから、aとb、鶏肉のブイヨンを加え、アクを取りながら30分ほど煮て、味と濃度をととのえる

鶏肉のブイヨンの作り方、カレーを引き立たせるご飯(ごぼうの炊き込みご飯)の作り方、飾りの作り方はPDF版に掲載してあります。

ワンポイント

野菜は新鮮な地元産を使うとより美味しくできます。

<レシピ提供:横浜ガストロノミ協議会>

pdfこのレシピのプリント用ダウンロード (PDF形式313kb)

ページトップヘ

この料理を紹介した講座のレポートを見る

2008年7月30日 【2008年一般講座】

ページトップヘ





経済局中央卸売市場 本場 経営支援課 - 2008年8月18日作成 - 2012年2月6日更新
御意見・お問合せ - ke-honjyo@city.yokohama.jp - tel:045-459-3333- fax:045-459-3307
©2003-2012 City of Yokohama. All rights reserved.