本文へジャンプ - トップメニュー|検索

経済局トップ  の中の ウーマンポート横浜 の中の ウーマンポート横浜2018 の中の 女性活躍推進チャレンジ実践講座


ウーマンポート横浜2018 女性活躍推進チャレンジ実践講座

ウーマンポート横浜ロゴ ウーマンポート横浜  

事業について
 横浜市中小企業女性活躍推進事業は、市内の中小企業で働く女性がいきいきと活躍できる職場づくり、人づくりに取り組み、企業の競争力を高めること、それらの活動をサポートすることを目的としています。

※30年度受託事業者:株式会社ウィルパートナーズ

  未来の横浜を表すロゴ
事業概要 公開セミナー 業界別
出張セミナー
チャレンジ
実践講座
専門家派遣 助成金 成果報告会

チャレンジ実践講座

※定員に達したため、お申込み受付を終了しました。

女性従業員を対象に、事業の中核を担う人材としてより一層輝くための意識改革や実践的なスキルアップを目指すために「女性活躍チャレンジ実践講座」(全4回)を開催いたします。今年度は、リサーチ手法の習得(アンケートの作成方法、集計方法、レポートの作成方法)を通じ、自社にあった女性活躍推進への取り組みを提案することを目指します。

  1. 実施報告
  2. 開催案内(申込受付を終了しました。)

実施報告

【第1回】会社での自分の役割を理解し、「女性活躍推進」とは何かを知ろう

第1回講義では、講座全4回で目指す「自社の女性活躍推進への一歩に繋がる提案ができるようになる」というゴールに到達するため、「女性活躍推進とは何かを知ること」、「会社での自分の役割を理解すること」をテーマに講義を行いました。

第1回の様子1
開催概要
日時 平成30年9月6日(木) 13:30~16:30
テーマ 会社での自分の役割を理解し、「女性活躍推進」とは何かを知ろう
講師 株式会社ウィルパートナーズ
天野 貴代
出席者 21名
講義 ~会社での自分の役割を理解し、「女性活躍推進」とは何かを知ろう~
~「女性活躍推進」とは何かを知ろう~

現在、国内では第一子出産を機に、約6割の女性が離職しており、育児後に復帰する場合は、パート・アルバイトになる場合が多く、女性雇用者における非正規労働者は6割近い状況です。また、女性の管理職は1割程度と国際的に見ても低い水準であり、まだまだ女性が活躍しているとはいえない状況です。さらに、働きたくても働けない女性が約300万人いるといわれている一方、少子高齢化による労働力不足が深刻な問題となっています。国は、この労働力不足を補っていくために、もっと女性に活躍してもらうべく、企業に女性活躍推進の取組みを実施してもらおう、働く女性の活躍を後押ししよう、と平成28年4月「女性活躍推進法」を施行しました。

「女性活躍推進法」により、企業に求められていることは、「自社の女性活躍に関わる状況を把握すること」、「従業員の仕事と子育ての両立を支援するための一般事業主行動計画を策定すること」(※)です。一般事業主行動計画については、策定にとどまらず、「行動計画に従って取組を実施すること」、「定期的に効果測定し、PDCAをまわしていくこと」が重要です。
※常時雇用する労働者が300人以下の民間企業等にあっては努力義務

第1回の様子2
~「自社での自分の役割」を理解しよう~

自身が「自社の女性活躍に関わる状況を把握し、問題点・課題点を分析すること」、「こういう環境(ハード面・制度)があったらいいな、というアイデア(施策・仮説)を考えること」、「アイデア(施策・仮説)を検証し、理論的にまとめ提案していくこと」が大切です。

女性活躍推進の主役である女性社員自身が問題・課題と考えていること、それらを解決していくためのアイデアを経営者や社内に向け提案していくことは、企業にとって大きな気づきになるとともに、行動計画をたてる上で大変役立ちます。

グループワーク

「女性活躍推進に関わる自社の課題点を把握する」、「女性活躍推進における自社が目指すべきゴールを考える」、「現状とゴールを埋めるためのアイデア(施策)を考え仮説をたてる」ことについて、グループディスカッションを行いました。

各グループ共通の問題・課題点として、「女子トイレや更衣室の整備が遅れている」「産休・育休・有給休暇・時短制度など、制度面では整っているが、取得しやすい風土が整っていない」といった点が挙げられました。また「女性で昇格しているロールモデルがいないため、女性社員自身が昇格をためらう傾向にある」といった声も聞かれました。

アイデア(施策)として、「女性同士がもっとコミュニケーションをとるようにし、女性の声が取り上げられやすくなるような風土づくりをする」「昇格したい女性、したくない女性、それぞれが立場を選択できるような制度づくりを行う」などが挙げられました。

第1回の様子3 第1回の様子4
まとめ

第2回目以降の講座で「仮説(アイデア・施策)を検証するためのリサーチ手法(アンケートの作成・集計、レポート作成方法)」、「理論的にまとめ伝える提案スキル」を習得するための女性活躍推進に関する基礎知識を身につけました。また、自社が女性活躍の推進を行っていくにあたり、自身の会社における役割を学びました。

企業が女性活躍推進のための行動計画を策定し、実行していくにあたり、当事者である女性社員からの提案は大変重要な意味を持ちます。女性の活躍推進状況診断(厚生労働省ホームページ参考)なども活用し、自社の状況をより客観的に把握し、解決していくべき課題、目指すべきゴールや提案を具体化し、よりよい提案をしていくために精度の高い仮説をたてることが大切です。

交流会

講義、グループワークの後に、講師、参加者の情報交換・交流の場を設けました。普段なかなか交流することの少ない、異なる業種の参加者との情報交換、意見交換が行われ、親睦を深めていました。

第1回の様子5

【第2回】リサーチ手法のスキルアップ(1)(アンケート作成方法を学ぶ)

第2回講義では、第1回で各受講生が考えた「自社の課題解決のための施策」について、アンケート調査を行うことにより、仮説を検証することを目指し、アンケートの作成・集計方法について学びました。

第2回の様子1
開催概要
日時 平成30年9月27日(木) 13:30~16:30
テーマ リサーチ手法のスキルアップ(1)(アンケート作成方法を学ぶ)
講師 吉本 賢
出席者 18名
講義 ~アンケートとは何かを知ろう~
~アンケートとは何か?~

アンケートとは、「知りたいことがあるが、手元の情報ではわからない時」に行います。アンケートは「人に聞くもの」なので「知りたいこと」は人に関するものになります。社会調査のやり方の一つとして、多くの人に「同じ質問」をすることによって、比較などを行うこともできます。身近なものでは、「お客様の声」や「ネットショッピングの評価」などがあります。

第2回の様子2
~アンケートでわかったことを活かすってどんなこと?~

たとえば、安い他社製品にシェアを奪われている春雨メーカーが、「春雨の使い方や食べ方」についてアンケートを行うとします。「栄養面について、あまり理解されていない」、「適当な分量がわかりにくい」、「開封後の保存に困っている」などの結果が集まりましたが、これをどのように活かしていくかを考えます。

アンケート結果から、「問題点はパッケージにあるのではないか?」と仮説をたてます。次に、春雨を使う人に対し、「12g・6袋入り」、「8g・10袋入り」のどちらが良いかのアンケートを取り、その結果から個包装のサイズ、小袋の数量を決めます。新商品の販売後では、春雨を使う人ではなく、買い物客にアンケートを取ります。その結果、「パッケージではなくPOPにより新商品に気づいた」、「使いやすさ・保存しやすさが、買うきっかけとなっている」等の結果が得られました。春雨メーカーは、この結果を活かし、戦略を策定していくのです。これが「アンケートでわかったことを活かす」ということです。

春雨メーカーの具体例を聞きながら、多くの受講生の皆さんが頷いていました。

アンケートなどとらなくても、会社は存続し順調にいくこともあります。では、なぜアンケートを取るのか。それはアンケート結果を活用することができれば、「どうしてそんなことがいえるの?」という問いに、「アンケートデータ」という根拠を持って説明ができるからです。データに基づく判断をすることで、「成功確率をアップさせる」もしくは「失敗する可能性を減らせる」のです。

~アンケートの作成で大事なこと~

アンケートを作成するうえで一番大切なことは、「何を知るためにアンケートをするのか」というアンケートの目的を明確にすることです。次に、どこの誰に聞くべきなのか、聞くタイミングを含めて明確にすることが大切です。そして、「記名か無記名か」、「聞くための最良の方法(紙ベース?ボリュームは?)」など具体的なことを決めていきます。

個人ワーク及びペアワークによる意見交換・全体での共有

受講生の皆さんが、「社内での女性活躍推進に関する施策を提案するためのアンケート」作成にあたり、「何を知るためのアンケートかを考える」、「何がわかると目的を達成できるのか」、「誰に聞くのか?記名か無記名か」の3つのステップで考え、ペアワークで意見交換を行い、その後、全体で共有しました。具体的なアンケート対象や記名・無記名についての案は、受講生の皆さんの会社の規模や男女比により様々でした。

第2回の様子3 第2回の様子4
まとめ

解決していくべき課題、目指すべきゴールや提案を具体化し、よりよい提案をしていくためには、アンケートによって、裏付けるデータを収集することは大変有効な手段です。アンケート作成の手法は汎用性の高いスキルです。参加された皆さんが、今後、様々な提案をする際のデータ収集において、このスキルを活かしていくことが大切です。

【第3回】リサーチ手法のスキルアップ(2)(アンケート集計・レポート作成方法を学ぶ)

第3回講義では、第2回で学んだアンケートの作成方法を用い、実際に自社で実施したアンケート集計を元に、わかりやすいレポート作成方法を学びました。またアンケート結果から得た自社の状況・課題の中から優先順位の付け方などを学びました。

第3回の様子1
開催概要
日時 平成30年11月1日(木) 13:30~16:30
テーマ リサーチ手法のスキルアップ(2)(アンケート集計・レポート作成方法を学ぶ)
講師 吉本 賢/
あおい社会保険労務士法人 代表
平山 久美子
出席者 15名
講義
~アンケート結果で使う数字とグラフについて~

アンケート集計で使う数字・グラフは、表す内容によって向き不向きがあります。

  • 比率、構成比、平均値などの数字は、それぞれ守備範囲が違います。質問内容に合わせた数字を使うと良いでしょう。
    • 複数回答の場合など、ある答えを選んだ人が全体の何%いるかを表す場合は、比率を使用します。
    • 性別、年代など、全体に占める割合を%で示す場合は構成比を使用します(通常、合計値が100%になるとき)。
    • 回答者がどのくらい満足しているかを示す場合などは平均値を使用します(構成比もあわせて確認)。
  • グラフを作成する場合も内容によってグラフの種類を変えると効果的です。
    • 合計が100%になるもので他と比べない場合、項目が少ない場合には円グラフがお勧めです。
    • シンプルに比率を出すときには、棒グラフが適しています。数値を大きい順に並び替えると、視点がわかりやすくなります。
    • 合計が100%になるものを比較したい場合は、帯グラフが適しています。

他に散布図や折れ線グラフなどがあります。用途に応じて使い分けましょう。またグラフには題名をつけること、アンケートの概要を入れておくと良いです。結果を見る人が、どのようなアンケートを実施したかがわかるようにすることで、今後同じようなアンケートを実施するときの参考になります。

データを集計する際の注意事項は、入力間違いのないように細心の注意を払うこと、2つ以上の方法で確認するなど念入りに確認をすることです。作成した人とチェックをする人を分けることも有効です。集計のポイントは、集計前にやり方を決めておくこと、またフレームを先に作成するなど、入力すべき箇所を明らかにしておくことが重要です。

第3回の様子2
~分かりやすい結果報告のために~

まず「流れ・構成」を考えてから、「書く・作る」に移ります。グラフなどを見ればわかる説明は書きません。また、説明事項は対象の近くに置く必要があります(グラフの説明はグラフの上に記載)。つなぎ言葉の「し・り・て・が」は使わないようにし、文章を短く・分かりやすくしましょう。5個以内で記載する箇条書きは効果的です。

~提案を考えるときのヒント~

アンケートを実施する前に考えた仮説を見直します。アンケート結果を見て、気になったところ(少数の意見でも興味深いもの、自分が提案したいと思うもの)から、自社の状況を踏まえて、取り組むべき課題の優先順位をつけます。優先順位の決め方は、(1)重要な課題で、急いで取り組むべき課題(2)重要ではないが、急いで取り組むべき課題(3)重要な課題だが、急いで取り組む必要のない課題(4)重要ではなく、急いで取り組む必要のない課題にわけ順位をつけていきます。併せて従業員が要望していること、経営課題として必要なことから課題解決に向けた具体的取り組みを考えます。

~人事の提案を考えるときのヒント~

提案を聞いてもらうときに必要なことは、「相手の関心事は何だろう?」をまず考えます。「この制度を導入すると、〇〇〇を行う人が増え、△△△の気持ちが高まり、仕事を頑張ろうという気持ちになる」など、「制度」や「設備」の提案は、人の行動の変化と一緒に提案をすることが重要です。注意事項としては、現実離れした提案にならないようにすること、できるだけお金で解決する内容ではない提案にすることです。「制度」も大切ですが、コミュニケーションのきっかけを作る環境を整えることも重要です。

第3回の様子3
~社員のモチベーションを高める取り組みとは~

「女性の働きやすい職場」「社員全員が活躍でき定着する職場」とはどんな職場でしょうか。「ここで働きたい!」「会社に行くことが楽しい!」と社員が思えるような職場ではないでしょうか。きれいなオフィス、高い給与、法律を上回る休暇制度、立派な評価制度は、あるだけでやる気になりますか?これらの要因は、会社への不満足感を減少させますが、満足感を引き出す要因にはならない、と言われています。社員のモチベーションを高めるためには、「仕事の達成感」「周囲からの承認」「仕事そのものに対する興味」などが重要です。社員のモチベーションを高めることにつながる取り組みも提案してみては如何でしょうか。

第3回の様子4
まとめ

自社にあった女性活躍推進の取り組みを提案するためには、アンケート結果から根拠となる裏付けデータを収集・活用すること、現状の課題に対する改善策を、経営者の目線で伝えることがとても大切です。リサーチ手法を用いて提案をすることを今後の業務にもぜひ活用していきましょう。

【第4回】論理的にまとめ伝える提案スキルを習得する~自社にあった女性活躍推進の取組を提案できるようになる~

第4回講義では、受講生の皆さんが第1回から第3回までの講義を通して作成してきた、「女性活躍推進への一歩へと繋げるための提案」を事例紹介などのアドバイスを参考に完成させました。また上司や社内での提案を想定し、論理的にまとめ伝える手法を学びました。

第4回の様子1
開催概要
日時 平成30年11月13日(火) 13:30~16:30
テーマ 論理的にまとめ伝える提案スキルを習得する
~自社にあった女性活躍推進の取組を提案できるようになる~
講師 あおい社会保険労務士法人 代表
平山 久美子
株式会社ウィルパートナーズ 天野 貴代
出席者 11名
講義
~前回までの振り返り・ 論理的に提案書をまとめる方法~

株式会社ウィルパートナーズ 天野より、1回目から3回目までの講義の振り返りを行うとともに、社内での提案に際し必要なスキル「相手に伝わる伝え方」についての説明がありました。

第1回の講義では、自社の課題点を洗い出し、受講生の皆さんの仮説のもと、目指すべきゴールに到達するための施策を策定しました。第2回、第3回(前半)の講義では、アンケート調査の手法を学ぶとともに、アンケートデータをもとに仮説を検証するスキルについて学びました。第3回(後半)、今回の第4回講義では、データ面からではなく、「他社の取り組み事例」などから、仮説の信頼性をより高めていきます。

~提案を伝えるスキルを習得する~

提案書をまとめ、それを実際に上司や社内で提案をする際は、「自分と相手を大切にする伝え方・話し方」を心がけましょう。お互いを尊重しながら率直に自己表現ができる「アサーション」というコミュニケーションスキルを用い、論理的に伝えていくことにより、相手も提案を受け入れやすくなります。また、「事実や考えを客観的に表現する」「できるだけ具体的な提案をする」「提案が受け入れられなかった場合を想定して、新たな提案・選択肢を用意する」なども心がけましょう。

第4回の様子2
~PREP法~

「女性活躍推進への一歩へ繋げるための提案」を上司や社内に提案していくにあたり、聞き手が提案を受入れやすくなる、フレーム「PREP法」を身につけましょう。PREPとは、「P:Point(結論)」「R:Reason(理由)」「E:Example(例やデータ)」「P:Point(結論)」の頭文字をとったもので、最初と最後に結論を繰り返すことにより、わかりやすく効果的な提案になります。

個人ワーク及びグループワークによる意見交換・全体での共有

グループワークは、2つのグループに分かれて行いました。受講生は、第3回までの講義で作成した、自身の提案書の内容確認を行うとともに、「他社の取り組み事例」や法律に係るアドバイスをもとに、施策案および提案内容をブラッシュアップしました。グループワークでは、他の受講者の提案内容、講師のアドバイスを聞くことができ、「新たな気づき」を得ることができる有意義なワークとなりました。最後に、社内で実際に提案をする場面を想定し、講座に参加された全社がプレゼンテーションを行うことにより、全体での情報共有を行いました。

第4回の様子3 第4回の様子4

提案内容としては、「女性にとってより働きやすい環境を整備するために、フロアーごとに男子トイレ・女子トイレを割り当てる」「休憩室が欲しいという意見が多くでたため、空いている会議室を活用する」「社員の評価制度が不透明で、不満の声があがっているため、面談の制度や評価基準を策定していく」「ワークシェアリングの導入など、様々な働き方を提案し離職率を低下させる」など、受講生が具体的かつアンケートや他社事例などに裏づけされた提案を、論理的に組み立て発表しました。

第4回の様子5
まとめ

社内で「女性活躍推進への一歩へと繋げるための提案」をするためには、自社の現状を把握した上で、目指すべきゴールに到達するような施策を、仮説をもとに策定します。施策はアンケートデータや他社事例などの根拠の裏づけをもとに検証を行うことにより、信頼性を高める必要があります。経営者・上司・社内に提案をする際は、相手に伝わりやすい伝え方を心がけ、現状の課題に対する改善策を、経営者の目線で伝えることがとても大切です。リサーチ手法を用いて、論理的にまとめ提案していくことを今後の業務にもぜひ活用していきましょう。

職場で活躍したい! 女性社員のための女性活躍チャレンジ実践講座(全4回)

PDF ご案内チラシ(PDF形式、1,580KB)

場所: 横浜情報文化センター 大会議室
対象: スキルアップしたい女性社員(市内中小企業)
定員: 20名(先着順)
参加費: 無料

第1回 9月 6日(木) 13:30~16:30

テーマ 会社での自分の役割を理解し、「女性活躍推進」とは何かを知ろう
コーディネーター 株式会社ウィルパートナーズ
天野 貴代
交流会 出席者全員

第2回 9月27日(木) 13:30~16:30

テーマ リサーチ手法のスキルアップ(1)(アンケート作成方法を学ぶ)
講師 吉本 賢
コーディネーター 株式会社ウィルパートナーズ
天野 貴代
交流会 出席者全員

第3回 11月 1日(木) 13:30~16:30

テーマ リサーチ手法のスキルアップ(2)(アンケート集計・レポート作成方法を学ぶ)
講師 吉本 賢/
あおい社会保険労務士法人 代表
平山 久美子
コーディネーター 株式会社ウィルパートナーズ
天野 貴代
交流会 出席者全員

第4回 11月13日(火) 13:30~16:30

テーマ 論理的にまとめ伝える提案スキルの習得
~自社にあった女性活躍推進の取組を提案できるようになる~
講師 あおい社会保険労務士法人 代表
平山 久美子
コーディネーター 株式会社ウィルパートナーズ
天野 貴代
交流会 出席者全員

お申込み

※お申込み受付を終了しました。

問い合わせ先 横浜市中小企業女性活躍推進事業 事務局
(受託機関:株式会社ウィルパートナーズ)
電話:045-228-9403(受付時間:平日9:00~17:00)
メール:woman@willpartners.co.jp

ページトップヘ




経済局中小企業振興部経営・創業支援課 - 2018年7月4日作成 - 2018年11月21日更新
御意見・お問合せ ke-keiei@city.yokohama.jp - TEL:045-671-3828 - FAX:045-664-4867 
©2003-2018 City of Yokohama. All rights reserved.