本文へジャンプ - トップメニュー|検索

経済局トップ の中の Career小町 の中の Q&A


女性のための横浜・中小企業情報サイト Career小町
  • Interview 各社の経営者へのインタビュー
  • Q&A 女性の悩みに経営者が答える
  • Facebookページ
Q&A 女性の悩みに経営者が答える
これから働きたい、いま働いているそんな女性の方々からいただいた悩み事や聞いてみたいことに各社の経営者が正直に応えます。経営者の方々の物事の捉え方とか尺度など「人としての価値観」に触れてみてください。
  • Q1 男性の家庭進出についての考え方をお聞かせください。
  • Q2 御社は女性が働きやすい会社として何点だと思いますか?
  • Q3 絶対に譲れない採用のポイントはありますか?
  • Q4 「御社の強み」「御社の弱み」を教えてください。
  • Q5 これから女性が身につけるべき能力は何だと思いますか?
  • Q6 働く女性、働きたい女性に、あえて厳しいことを言うとしたら?
  • Q7 社員の働く環境を良くするために工夫していることは?
  • Q8 多様な働き方について御社の考え方を教えてください。
  • Q9 失敗をした時に、どんな気持ちで乗り越えてきたのかお聞かせください。
  • Q10 「仕事」と「プライベート」との上手なバランスのとり方で心がけていることをお聞かせください。
  • Q11 横浜だからこそできる働き方ってありますか?
  • Q12 現在、女性の活躍に向けて新たに検討している取り組みはありますか?
  • Q13 御社では、社員の働く環境を良くするために工夫していることはありますか?
Q1
Q1 男性の家庭進出についての考え方をお聞かせください。

これからは共働きがあたり前の時代です。だとすれば、家事も育児も二人でやるのが当たり前の時代だと思うのです。それに、たとえ専業主婦だとしても、小さな子どもが2人いて熱を出したら、病院に連れていくのも難しい。お父さんがいないと大変なんですよ。でも、それを知らないおじさんたちは部下が「子どもが熱出したんで」って言うと、「お前の奥さん専業主婦だろ。なんでお前が行くんだ」となる。こういう前時代的な男性の意識から改めていかないといけないと思います。

株式会社ワーク・イノベーション 代表取締役 菊地昭博

パートナーそれぞれ、得意なこと、心地よさ、思いやりを家庭にこそ持ち込めばいいですね。最近ますます、私のまわりでも料理や掃除などの家事が得意な男性も多いですし、凝ったこともお好きな方いるし。お互い役割をもって、もっと男性が家庭に進出してほしいですね。そして家庭に限らずですが、じぶんの方が大変だ!じぶんばっかりしなきゃ!と心疲れるよりも、許し合い、できることから少しずつ、なにより、家族への日々の「ありがとう」という挨拶や褒め合うことって大切ですね。

明日の株式会社 代表取締役 村尾周三江

Q2
Q2 御社は女性が働きやすい会社として何点だと思いますか?

50点です。現在、私たちの会社には独身の若い女性と子育てを終えた女性が働いていますが、今は子育て真っ最中の女性社員はいません。だから、今いる若い女性社員たちが今後、結婚、出産、育児と経験していく中で、この制度が活かされていくこと。さらに、その先、両親の介護をする時までずっと当社で働きたいと思ってくれるような会社になれば、もう少し良い点数をあげられるんでしょうね。

株式会社協進印刷 代表取締役 江森克治

Q3
Q3 絶対に譲れない採用のポイントはありますか?

会った瞬間、「いいかも」と思わない人は採用しません。面接で「ちょっと違うかも」と思いながら採用した人で、長く働いた人はいません。でも、それは、会社を選ぶ求職者側も同じだと思います。もし、社長や働いている人と会ってみて「ちょっと違うかも」と思ったら、その会社への就職はあまりお勧めしません。条件より、直感。なぜなら、気分良く働かないと幸せになれないですからね。

株式会社協進印刷 代表取締役 江森克治

Q4
Q4 「御社の強み」「御社の弱み」を教えてください。

強みは、研究熱心で向上心のある社員が数多くいること。当社では「観光タクシー」や「子育てタクシー」といった新サービスを展開していますが、社員の中には自ら観光や子育て、冠婚葬祭などに関係する知識や情報を収集する人も少なくありません。その一方、弱みは広報です。新サービスはもとより、タクシードライバーの魅力ももっと伝えていきたい。とくに、採用に関してはプロモーションに力を入れることで世間の見方も変わり、この業界に新しい風を吹かせてくれるのではと期待しています。

サンタクシー株式会社 代表取締役 馬場正治

Q5
Q5 これから女性が身につけるべき能力は何だと思いますか?

性別関係なく勉強する必要があると思います。仕事に関係することもそうですし、それ以外のことも勉強して、自分の強みになる専門性を身につけていくべきです。それによって、自信を持って主体的に働くことができるのではないでしょうか。

サンタクシー株式会社 代表取締役 馬場正治

Q6
Q6 働く女性、働きたい女性に、あえて厳しいことを言うとしたら?

仕事は自分の意思でやるもの。だから、「自分は何がしたいのか」「働く意味は何なのか」ということを常に考えてほしいし、就職活動に臨んでほしいと思います。やりがいやモチベーションは会社から与えられるものではありません。勤めることで自分を高め、社会に貢献して得ていくものだと思います。そのことを忘れずに、会社を選んでほしいですね。

日之出産業株式会社 取締役 藤田香

Q7
Q7 社員の働く環境を良くするために工夫していることは?

男女問わず、受験料の会社負担や合格時のお祝い金など、資格取得の支援には力を入れています。また、女性特有の病気の検査は年齢や年次に関係なく全員やっています。さらに、中小企業は社内での刺激や同世代のつながりは得にくい面もあるため、横浜市のセミナーや講習会など、外部の勉強会への参加も奨励しています。

日之出産業株式会社 取締役 藤田香

Q8
Q8 多様な働き方について御社の考え方を教えてください。

たとえば、子育て中のお母さん一つをとっても置かれている状況は様々です。一人っ子と大勢兄弟がいる家庭では家事や育児の量も異なりますし、近くにおじいちゃんやおばあちゃんが住んでいて助けてくる家庭もあるでしょう。自分の勤務時間だけでなく、夫の勤務時間によっても支援の程度や方法は異なるはずです。こうした多様な働き方に多様な支援で応えることが重要だと思います。

株式会社ワーク・イノベーション 代表取締役 菊地昭博

Q9
Q9 失敗をした時に、どんな気持ちで乗り越えてきたのかお聞かせください。

危機を迎えた時は、いつも愚直に取り組む姿勢で乗り越えてきました。過去、リコールを行わなければならなかったことがあったのですが、この時は会社全体で一致団結し、全社員で一つひとつ真摯に対応しました。多くのお客様にご心配をおかけしてしまった中で、逆に「白鳥さんの姿勢が伝わったから、今後もよろしく頼むね」という言葉をくださったパートナー企業がありました。本当にありがたかったし、さらに誠実に対応していかなくてはと思いました。そういう意味でも、たとえ危機に直面しても、愚直さを忘れずに気持ちを保ちながら前に進んでほしいと思います。

株式会社ダッドウェイ 代表取締役社長 白鳥公彦

Q10
Q10 「仕事」と「プライベート」との上手なバランスのとり方で心がけていることをお聞かせください。

これからの時代はもう、仕事だけで人生が完結するような時代ではありません。当社ではワークライフバランスを超えて、ワークライフマネジメントを推奨しています。バランスを取るのではなく、自らの時間を、人生をマネジメントするという考え方です。たっぷり働いた後はたっぷり遊び、リフレッシュした後にまたしっかり働く。とくに、オススメはアウトドアです。キャンプやサイクリング、釣りなど、私自身も社員ともよく遊びます。

株式会社ダッドウェイ 代表取締役社長 白鳥公彦

Q11
Q11 横浜だからこそできる働き方ってありますか?

横浜市に住み、会社もこの地元で立ち上げた理由は、家庭と志事を切り離さない働き方ができるからです。都内への通勤だけではなく、横浜市に住みながら、横浜市で働く選択。横浜市の取り組みも多々ありますが、女性のキーワードが多い街であり、「横浜市=女性活躍応援」とみている他県の方々も少なくありません。なんといっても横浜市が大好きで、一緒に盛り上げたいという人が多いですね。私も、多くの時間を過ごす会社もある青葉区は、緑も豊かで人も優しくて大好きです。顔がみえるおつきあいは安心の場であり、いざ!という時のセーフティネットとしても考え、ここ青葉区から、新しい誇りある志事をつくっています。

明日の株式会社 代表取締役 村尾周三江

Q12
Q12 現在、女性雇用に向けて新たに検討している取り組みはありますか?

在宅勤務「テレワーク」です。電気設備工事の仕事は現場の施工管理が主体なため、各社員との情報共有には通信機器を活用し、家から現場に直行したり、お客様との打合せ場所から直帰したり。無駄な時間や無駄な移動をなくす仕組みを整えることで、男女関係なく、施工管理の仕事に挑戦しやすい環境を用意できればと考えています。

向洋電機土木株式会社 代表取締役社長 倉澤俊郎

Q13
Q13 御社では、社員の働く環境を良くするために工夫していることはありますか?

各種制度を整えることはもちろん、より効果につながる工夫を施しています。たとえば、現場への直行直帰を認めるだけでなく、自宅近くに営業車を停める際の駐車場代やガソリン代もきちんと会社で負担したり、「積算」という集中力を要する仕事に従事している女性社員がいれば、入社1年目から個室を用意したり。中小企業ならではの柔軟さと徹底ぶりで働きやすい環境を整えています。

向洋電機土木株式会社 代表取締役社長 倉澤俊郎

  • Interview 各社の経営者へのインタビュー
  • Q&A 女性の悩みに経営者が答える
女性のための横浜・中小企業情報サイト Career小町

PAGE TOP



経済局経営・創業支援課 - 2017年3月8日作成 - 2017年3月31日更新
御意見・お問合せ ke-keiei@city.yokohama.jp - TEL:045-671-3492 - FAX:045-664-4867
©2003-2017 City of Yokohama. All rights reserved.