本文へジャンプ - トップメニュー|検索

経済局トップ の中の技能職の振興 の中の 横浜建築高等職業訓練校・建前披露


技能職の振興

横浜建築高等職業訓練校・建前披露

   
 ~横浜建築高等職業訓練校による~

「建前披露」を見に行ってみよう!!


(主催:職業訓練法人 横浜地区建築職業訓練協会 共催:横浜市経済局)

ページトップヘ

 横浜市内では、市民生活に欠かすことのできない、手仕事・手作業の技を持つ多くの職人が活躍しています。
 しかし、現代の日常生活の中では、職人の仕事を直接、目にする機会が少ないだけでなく、仕事や技を継いでくれる人たちも少なくなっています。
 そこで、今回「横浜建築高等職業訓練校」と協力し、「建前(たてまえ)」の見学会を実施します。実際に、2階建ての家の骨組みを組み立てる作業を間近でご覧いただけます。
 事前に申し込み等は必要ございませんので、ぜひ会場までお越しください。

 建前1 建前2   準備の様子
    
 ◆開催日◆
   平成30年9月29日(土) 10時~16時  ■雨天決行

 ◆会場◆ 

   神奈川県立産業技術短期大学校西キャンパス 大工実習場
     (所在地:横浜市旭区中尾2-4-1)
 
 ◆交通案内◆
  【バス】相鉄線「二俣川駅北口」から相鉄バス「旭22」、「旭23」を利用。中尾町下車
   【徒歩】相鉄線「二俣川駅北口」から約20分

 ◆実施概要◆
【建 前】 10時~16時 ※休憩時間あり
 横浜建築高等職業訓練校に通う訓練生たちが、日頃の訓練成果を見ていただくため、柱・棟・梁などを組み立てていきます。
 組立が終わった後は、中に入ることもできます。
【体 験】13時~15時30分
 大工さんの指導のもと、「カンナ削り」や「くぎ打ち」などを体験することが出来ます。
【講 座】 14時~15時
 建物の基礎工事で重要な役割を担う、型枠大工さんのお話を聞くことができます。
【その他】 10時~16時
 「第56回全国技能五輪競技大会」に参加する訓練生の練習風景を見ることもできます。

★チラシはこちらになります。


★横浜建築高等職業訓練校とは・・・・

  「横浜建築高等訓練校」は、1953年に「一日も早く技術と技能を身に付けたい」という、建築大工である職人たちの声に応えるかたちで開校されました。
  それから現在まで、現役の建築大工が働きながら、更なる技術向上や資格習得などのため、また、建築大工を目指す人たちが通う場となっています。
 運営は「職業訓練法人 横浜地区建築職業訓練協会」が、建設関係団体などからの支援を受け行っており、神奈川県からも正式に認定されている建築技術の取得に特化した職業訓練校です。授業は、毎週土曜日に行われます。

【お問い合せ先】
横浜市経済局雇用労働課 
  電 話: 045-671-4098
   FAX : 045-664-9188 

ページトップヘ




経済局雇用労働課(技能職振興等担当) - 作成日 2018年9月21日 - 更新日 2018年9月21日
御意見・お問合せ

ke-koyo@city.yokohama.jp TEL:045-671-4098 FAX:045-664-9188


©2003-2018 City of Yokohama. All rights reserved.