本文へジャンプ - トップメニュー|検索

経済局トップ> 記者発表>平成30年度>I▫TOP横浜「まちの回遊性向上プロジェクト」始動!「AI運行バス」の実証実験を開始します~観光客向けオンデマンド乗合交通システム~


記者発表

I▫TOP横浜「まちの回遊性向上プロジェクト」始動!「AI運行バス」の実証実験を開始します~観光客向けオンデマンド乗合交通システム~

OPEN YOKOHAMA 

記者発表資料
平成30年10月5日
経済局新産業創造課長 高木 秀昭
電話 045-671-3913

 

 

 

 



 

ITOP横浜「まちの回遊性向上プロジェクト」始動!

「AI運行バス」の実証実験を開始します

~観光客向けオンデマンド乗合交通システム~


 横浜市と(株)NTTドコモと(株)未来シェアは、IoT等による新ビジネス創出を促進する「ITOP横浜」の取り組みとして、街の回遊性を向上させ、周辺施設への送客効果による経済の活性化、賑わいの創出に寄与することを目指し、「まちの回遊性向上プロジェクト」を立ち上げます。

 本プロジェクトの一環で、平成3010月5日(金)より、みなとみらい21・関内地区において、オンデマンド乗合交通システム「AI運行バス」の実証実験を行います。

 この実証実験では、観光客(来街者)に対するもう一つの移動手段の選択肢として、既存交通が対応しづらい潜在的なニーズを掘り起こし、街の回遊性向上を目指します。

 なお、今回の実証はAI運行バスの実証実験としては、最大規模のものになります。


記者発表資料

 





 
PDF 形式の文書をご覧になるためには、Adobe® Reader® が必要です。ご利用のパソコンに Adobe Reader がインストールされていない場合は、下記のリンク先ページから Adobe Reader (無料) をダウンロード、インストールしてご利用ください。

Adobe Reader を入手する Adobe Reader ダウンロードページへ

※ Adobe および Reader は、Adobe Systems Incorporated (アドビシステムズ社) の米国ならびに他の国における登録商標または商標です。

ページトップヘ




経済局新産業創造課 - 2018年10月5日 - 2018年10月5日
御意見・お問合せ mailto:ke-iot@city.yokohama.jp TEL 045-671-3913
©2003-2018 City of Yokohama. All rights reserved.