本文へジャンプ - トップメニュー|検索

経済局 > 記者発表 > 平成30年度 > 【記者発表】LIP.横浜 「オープンイノベーションカンファレンスIII」を開催します


記者発表

LIP.横浜 「オープンイノベーションカンファレンスIII」を開催します

 

記者発表資料
平成30年8月10日
経済局ライフイノベーション推進課長
 伊藤 敏孝
 電話 671-2574

OPEN YOKOHAMA


 
LIP.横浜ロゴマーク  

 横浜市内大学との連携によるライフイノベーションの創出
 
 
LIP.横浜 オープンイノベーションカンファレンスIII 
―アカデミアとつながる― 
を開催します!
 


 

 

LIP.横浜では、中小・ベンチャー企業の研究開発・技術を実用化につなげていくため、様々な出会いの場の創出や連携に取り組んでいます。29年度に実施した「オープンイノベーションカンファレンス2017」に続き、市内大学の有望な研究を紹介します。市内大学と中小・ベンチャー企業をつなぐオープンな場を提供し、新たなイノベーションの創出を加速させます。多くの皆様のご参加をお待ちしております。

開催概要

日 時 : 平成30年9月26日(水)13:00~18:00
会 場 : TKPガーデンシティPREMIUM みなとみらい ホールE
      
(横浜市西区みなとみらい3丁目6 MMパークビル(みなとみらい線みなとみらい駅徒歩1分))

定 員 : 100名
参加費 : 無料
主催 / 公益財団法人木原記念横浜生命科学振興財団  共催 / 横浜市経済局

プログラム

13:00 [開会挨拶]

 

13:10 [基調講演]

 エーザイ(株)/筑波研究所エグゼクティブディレクター 菊池 寛氏
 我が国の医療イノベーションに向けた産学連携のあり方

13:40 [発  表]

慶應義塾大学/理工学部生命情報学科 教授 土居 信英
 タンパク質の細胞質送達を促進するヒト由来ペプチドの発見とDDSへの応用

14:00   東京工業大学/生命理工学院 生命理工学系 准教授 堤 浩氏
 ドラッグデリバリー材料とペプチド創薬のための設計ペプチドライブラリ
14:40    慶應義塾大学/理工学部 生命情報学科 教授 岡 浩太郎氏
 細胞内Mgイオンは新規なセカンドメッセンジャーか? マイナーリーグからメジャーへ
15:10   慶應義塾大学/理工学部 物理情報工学科 准教授 塚田 孝祐氏
 MEMS型細胞培養装置:培養層の酸素と物質濃度を制御・モニターする技術
15:30   横浜市立大学大学院/生命ナノシステム科学研究科 准教授 小島伸彦氏
 微細構造を備えた肝細胞スフェロイドの有用性とその生産技術
15:50   横浜市立大学大学院/生命医科学研究科 創薬再生医学 教授 小川毅彦氏
 組織・器官の成長と機能発現を可能とする新規培養法の開発
16:10   横浜市立大学/医学部医学科 循環制御医学 准教授 横山詩子氏
 三次元血管モデルの有用性
16:30  

東京工業大学/科学技術創成研究院 スマート創薬研究ユニット 関嶋 政和氏

 AI(人工知能)、MR(複合現実)、スーパーコンピュータによる効率的な創薬の実現を目指して
16:50 [閉会挨拶]

 

17:00 [名刺交換]  

その他

記者発表資料はこちら
イベントチラシはこちら


ページトップヘ




経済局ライフイノベーション推進課 - 2018年8月10日作成 - 2018年8月10日更新
御意見・お問合せ mailto:ke-lifeinnovation@city.yokohama.jp - TEL:045-671-2037 - FAX:045-664-4867
©2003-2018 City of Yokohama. All rights reserved.