本文へジャンプ - トップメニュー|検索

経済局トップ> 記者発表>平成30年度>I▫TOP横浜「未来の家プロジェクト」第二回実証実験を開始します!


記者発表

「I・TOP横浜「未来の家プロジェクト」第二回実証実験を開始します!

OPEN YOKOHAMA 

記者発表資料
平成30年6月11日
経済局新産業創造課長
   高木 秀昭  電話 045-671-3913
温暖化対策統括本部環境未来都市推進課担当課長
   大蔭 直子  電話 045-671-2477
建築局住宅再生課担当課長 
   竹下 幸紀    電話 045-671-4458

 

 

 

 



 

 

I▫TOP横浜「未来の家プロジェクト」

第二回実証実験を開始します!


 快適な暮らしをサポートし、将来の社会課題の対応を目指すI・TOP横浜「未来の家プロジェクト」は、平成29年12月から平成30年2月までの間に住環境のデータ収集を目的として旭区で実施した実証実験を踏まえ、第二回を泉区緑園で開始します。
 今回はグリーンブルー株式会社、三和シヤッター工業株式会社、株式会社資生堂、凸版印刷株式会社、foo.log株式会社が新たなメンバーとして加わり、設備の拡充と広範なデータ収集を図り、より充実した結果を求めます。

 

実証実験の概要
1.実証実験の内容 
   IoTスマートホームにて1週間通常通りの生活をしてもらい、実験前後での被験者の
 状態変化、意識変化、行動変容について評価・検証を行います。
  実証期間:平成30年6月12日(火)から平成30年9月24日(月)まで 
      ※ 本人同意の上、収集したデータは匿名化をして今後の実証実験の参考にします。 

2.前回の実験からの追加要素
   IoT建材による位置検出や機器制御、摂取した内容に基づく食事アドバイス、
  美容デバイス・環境測定装置やIoTシャッターを新たに追加します


3.場所
 
  横浜市泉区緑園4-3-28 相鉄文化会館敷地内


 

 


 



記者発表資料

 





 
PDF 形式の文書をご覧になるためには、Adobe® Reader® が必要です。ご利用のパソコンに Adobe Reader がインストールされていない場合は、下記のリンク先ページから Adobe Reader (無料) をダウンロード、インストールしてご利用ください。

Adobe Reader を入手する Adobe Reader ダウンロードページへ

※ Adobe および Reader は、Adobe Systems Incorporated (アドビシステムズ社) の米国ならびに他の国における登録商標または商標です。

ページトップヘ




経済局新産業創造課 - 2018年6月8日 - 2018年6月11日
御意見・お問合せ mailto:ke-iot@city.yokohama.jp TEL 045-671-3913
©2003-2018 City of Yokohama. All rights reserved.