本文へジャンプ - トップメニュー|検索

経済局トップ記者発表平成29年度>「横浜生体センシングビジネスパートナリング」を開催します!


記者発表

「横浜生体センシングビジネスパートナリング」オーディエンス募集

 

記者発表資料
平成30年2月7日
経済局ライフイノベーション推進課長
 安達 恒介
 電話 671-2574

OPEN YOKOHAMA


 

LIP.横浜中小企業支援事業

光る技術を持つベンチャー・中小企業7 社登壇

「横浜生体センシングビジネスパートナリング」を開催します!

 

 

 健康・医療分野において、優れた技術を持つベンチャー企業・中小企業等の皆様の着実な製品化等を応援するため、横浜市内に集積している「生体センシング」関連技術を持つ企業のビジネスチャンス・資金調達機会の創出を目的としたパートナリングイベントを開催します。
事前に公募で選ばれた7 社のベンチャー・中小企業が自社の製品や技術をPR します。また、会場内に展示ブースを併設し、直接製品をご覧いただけます。
本イベントを通じて市内の新進気鋭の中小・ベンチャー企業と新たなビジネスチャンスにつなげてください。

◆概要
横浜生体センシングビジネスパートナリング

■日 時:平成3037日(水)13:301730

■会 場:ステーションコンファレンス東京(東京駅直結、八重洲北口徒歩2分。裏面地図参照)

(住所:東京都千代田区丸の内1-7-12サピアタワー6

定 員:80

 ◆プログラム
 

基調講演1

東京工業大学 科学技術創生研究院未来産業技術研究所 中本 高道教授

 「ヒューマン嗅覚インタフェース研究の最前線」



  
横浜市内ベンチャー・中小企業プレゼンテーション

  (1)サルーステック株式会社 (http://salustek.com/

   「耳から検出される生体信号群とそれぞれのセンサについて」
 (2)株式会社コバテル (http://www.kobatel.com/

   「新しい物を創造し続けるイスラエル発の技術「光マイクロホン」の応用」
 (3)アーズ株式会社 (http://www.arsjp.com/

  「無線ネットワーク設計技術をコアとしたIoTシステム構築」

基調講演2

株式会社NTTドコモ R&Dイノベーション本部 サービスイノベーション部 

第2サービス開発担当 担当課長 堀口 賞一 氏

 「NTTドコモが描く未来像~センサーネットワークが変える世界~」 ※I▢TOP横浜参画企業              


 (4)株式会社CQ-Sネット (http://radar-light.com/

  「LED照明に内蔵 レーダー非接触見守りシステム」
 (5)株式会社センスオン (http://senseon.co.jp/

    「複数の生体情報を小さなデバイスで検出する非接触モニタリングシステム」
 (6)株式会社Miraii

  「集中治療のあり方を変える重症度判定アルゴリズム技術の事業化」

 (7)株式会社TAOS研究所 (http://www.taos.tokyo/

    「僅かなゆらぎの変調を捉える生体情報解析技術」

  名刺交換会・個別商談・会場内展示  内覧

    

■申込先等  (公財)木原記念横浜生命科学振興財団

■申込方法  下記HPよりお申し込みください。

http://www.yk-bio.net/news/entry253.html

■締切     先着80

 

 

主催/公益財団法人木原記念横浜生命科学振興財団 共催/横浜市経済局

※ご取材いただける場合は、直接会場にお越しください。


◆記者発表資料はこちら
◆イベントチラシはこちら

ページトップヘ




- 平成30年2月7日作成 - 平成30年2月7日更新
御意見・お問合せ

ke-lifePF@city.yokohama.jp - TEL:045-671-2037 - FAX:045-664-4867


©2003-2018 City of Yokohama. All rights reserved.