本文へジャンプ - トップメニュー|検索

経済局トップ> 記者発表>平成29年度>「I▫TOP横浜」PR映像を作製


記者発表

「I・TOP横浜」PR映像を作製

OPEN YOKOHAMA 

記者発表資料
平成29年12月22日
経済局ものづくり支援課長
   中村 隆幸
電話 045-671-3839

 

 

 

 



 

 
ITOPロゴ
「I▫TOP横浜」PR映像を作製


 「I▫TOP横浜」のIoT等(※)を活用した「中小製造業の生産性向上支援」を紹介するPR映像を作製し、横浜市の動画ポータルサイト「横浜チャンネル」で公開します(約10分)。
横浜市内には、中小製造業が約6000社あり、各社の生産性向上が横浜経済の底上げにつながります。今回のPR映像では他都市の事例を交え、中小製造業がIoTを生産現場で活用する手法にフォーカスし、IoT活用の取組をさらに広げるべく作製しました。


(※)…「IoT等」とは、IoTに関連して技術革新が進む、ビッグデータ解析、AI(人工知能)、ロボット等の技術の総称として用いています。
 

1 公開場所

横浜市の動画ポータルサイト「横浜チャンネル」内

ITOP横浜」-横浜市がIoTビジネスモデルの発信地に(約10分)

    https://youtu.be/Cxzpc2AULo8

     QRコード

 

2 公開日

平成291222日から

 

3 映像内容

   「IoT」は、あらゆるものをインターネットで結ぶ技術で、生産の現場では生産性の効率化につなげる取組が始まっており、愛知県碧南市の「旭鉄工株式会社」では、コストを抑えた「お手軽IoT」を活用しての生産性を向上させています。

一方、横浜市内の企業も取組を進めており、「ITOP横浜」の事業で市内中小企業「協立金属工業株式会社」と大手通信業「東日本電信電話株式会社(NTT東日本)」のマッチングが実現。「ニッパ株式会社」でもIoTの取組が始まっています。





記者発表資料

 





 
PDF 形式の文書をご覧になるためには、Adobe® Reader® が必要です。ご利用のパソコンに Adobe Reader がインストールされていない場合は、下記のリンク先ページから Adobe Reader (無料) をダウンロード、インストールしてご利用ください。

Adobe Reader を入手する Adobe Reader ダウンロードページへ

※ Adobe および Reader は、Adobe Systems Incorporated (アドビシステムズ社) の米国ならびに他の国における登録商標または商標です。

ページトップヘ




経済局ものづくり支援課 - 2017年12月22日 - 2017年12月22日
御意見・お問合せ mailto:ke-iot@city.yokohama.jp TEL 045-671-3939
©2003-2017 City of Yokohama. All rights reserved.