本文へジャンプ - トップメニュー|検索

経済局 > 記者発表 > 平成26年度 > ライフイノベーション特区拠点ツアー「慶應義塾大学矢上キャンパスツアー」開催!


記者発表

ライフイノベーション特区拠点ツアー「慶應大学矢上キャンパスツアー」を開催!

記者発表資料
平成26年10月14日
経済局成長産業振興課
特区推進担当課長  
安達 恒介 TEL:671-3591

OPEN YOKOHAMA

 

 

横浜ライフイノベーション特区拠点ツアー(医工連携編)


慶應義塾大学矢上キャンパスツアー」


~最先端施設の見学と医工連携マッチングの絶好の機会!~

 


 

横浜市では、「京浜臨海部ライフイノベーション国際戦略総合特区」において、「創薬」「医療機器開発」などの7つの分野にわたる「横浜プロジェクト」を支援し、ライフイノベーションの推進に取組んでいます。
 特区の一拠点であり、医工連携推進に取組む「慶應義塾大学理工学部(矢上キャンパス)」は、今年創立75年という節目を迎え、最先端の工作機械や計測装置等を導入した国内有数の施設を相次いで開所し、これら設備の利用を企業向けに一部開放することで、地域企業との連携活性化を図っています。
 本ツアーでは、これら最先端設備をご紹介する施設見学会に加えて、企業の技術力を求めている医工連携プロジェクトのご紹介を行い、ツアー終了後には交流会も実施します。

キャンパス   外観   内部

 

日時

平成26年11月13日(木) 13:00受付/13:30開会/17:00終了
※ツアー終了後、交流会(17:00~18:30)を開催します。

 主催・共催

主催:横浜市経済局   共催:慶應義塾大学理工学部・大学院理工学研究科


 対象

医工連携に関心のある企業、大学が保有する最先端設備利用に関心のある企業(定員50名)


 会場

慶應義塾大学矢上キャンパス 14棟(創想館)地下2階マルチメディアルーム
(横浜市港北区日吉3-14-1)

 プログラム

  1. 開会挨拶 
    ・慶應義塾大学理工学部長 青山藤詞郎
    ・横浜市経済局長 牧野孝一
  2. 特区概要説明
    ・横浜市経済局特区推進担当
  3. 見学紹介・プロジェクト紹介(1)「医工連携とものづくり事業」
    ・慶應義塾大学理工学部 教授 鈴木哲也
  4. 施設見学(1)「マニュファクチュアリングセンター
  5. 施設見学(2)「慶應-神奈川ものづくり技術実証・評価センター
  6. プロジェクト紹介(2)「医工連携のすすめ」
    ・慶應義塾大学理工学部 教授 荒井恒憲
  7. プロジェクト紹介(3)「理工学部の関連研究紹介」
    ・慶應義塾大学理工学部 産学官コーディネーター 高橋志麻子
  8. 交流会(会費1,000円)

■施設情報(マニュファクチュアリングセンター)

設備名称

主な用途・特徴

活用事例・可能性

想定利用分野

ワイヤ放電加工機

金属加工材料の硬さに関係なく
高精度な形状を加工できる

プレス金型難加工材の部品加工超硬工具の刃先加工微細ギア、

微細コネクタ薄板形状加工

光エレクトロニクス、

航空・宇宙、自動車産業

横形マシニングセンタ

金属・樹脂加工、ミリング加工、工具がX,Y,Zの3軸で動作し、工作物を固定しているパレットが回転する

長尺物の穴加工

航空・宇宙、医療、

自動車産業

タレット型複合加工機

金属・樹脂加工、旋削・ミリング加工が可能

クランクシャフト、歯車加工、
時計部品

航空・宇宙、医療、

自動車産業

複合加工機

金属・樹脂加工、旋削・ミリング加工が可能、同時5軸加工が可能で、複雑な形状の加工に対応

人工骨、クランクシャフト、
歯車加工

航空・宇宙、医療、

自動車産業

5軸制御マシニングセンタ

金属・樹脂加工、同時5軸加工が可能で、複雑な形状の加工に対応

タービンブレード、インペラ、
金型部品

航空・宇宙、医療、

自動車産業

射出成形機

プラスチック成形品の製造

自動車用プラスチック部品、様々なプラスチック製品

医療、自動車産業

















■施設情報(慶應-神奈川ものづくり技術実証・評価センター)


設備名称

主な用途・特徴

活用事例・可能性

想定利用分野

超精密ナノ加工装置

微細穴、溝加工、自由局面の複雑な
形状をナノレベルで削除し、鏡面加工が可能

難削材(シリコン、フッ化カルシウム、サファイヤ等の単結晶材料)の微細形状加工、レンズアイ、回析格子、ディンプル加工の金型製作

半導体、バイオ、医療、光エレクトロニクス、ハイテク部品加工(航空・宇宙、自動車部品等)

ナノ材料微細加工観察システム

高機能ナノ材料の評価・解析として
特定の領域をイオンビームにより
サブミクロンの精度で試料の断面加工が可能

多層構造の試料断面の検証、微細な輪郭形状加工

半導体、バイオ、医療、光学デバイス

超高感度水蒸気透過率測定装置

ハイバリアフィルムの性能評価

有機EL、太陽・燃料電池関連部材、食品・医薬品等の包装保護フィルム開発におけるガスバリア性の評価

医薬、ライフサイエンス、食品・農業、生産技術、建設業

多元系合金窒化膜PVD成膜装置

切削工具や金型、部品等の硬質膜を
コーティングすることで性能を上げることが可能

耐摩耗性、耐腐食性、耐酸化性、摺動性を必要とする部品への適用

切削工具、ハイテク機器部品(航空・宇宙、自動車部品等)、産業機械、装飾

電子ビーム描画装置

スポットビームによる微細なパターン描画が可能

光集積回路・SAWデバイス・
量子効果素子・超伝導素子・ホログラム・マイクロマシンの試作

半導体、光エレクトロニクス、MEMS

多目的プラズマ加工装置

CVD法及びHIPIMS法で目的に合わせたDLCコーティングが可能

炭素系硬質膜として耐摩耗性、
摺動性に優れるだけでなく、ガスバリア性や耐腐食性、生体親和性を必要とする部品への適用

切削工具、ハイテク機器部品(航空・宇宙、自動車部品等)、産業機械、医薬・ライフサイエンス分野

大気圧プラズマナノ加工装置

大気圧プラズ、マ法によるスピーディな酸化膜(Si02)のコーティングが可能

樹脂系材料の硬質膜やハイバリア性の表面改質による酸化防止保護膜形成に適用

ライフサイエンス、包装、建設業、自動車部品、

医療、半導体


























 申込方法(事前申込)

  FAXまたはEメールで、必要事項を明記の上、横浜市経済局成長産業振興課まで
(FAX:045-664-4867 Eメールke-tokku@city.yokohama.jp

必要事項

「行事名」「企業名」「所在地」「申込者(参加者)氏名」「所属・役職名」
「電話番号またはメールアドレス」「交流会参加の有無」
 


※ 詳細はチラシをご覧ください。

ページトップヘ




成長戦略推進部成長産業振興課特区推進担当 - 2014年10月14日 - 2014年10月14日
御意見・お問合せ

- ke-tokku@city.yokohama.jp - TEL:045-671-3495 - FAX:045-664-4867


©2003-2014 City of Yokohama. All rights reserved.