本文へジャンプ - トップメニュー|検索

経済局 > 記者発表 > 平成26年度 > 記者発表 優れたビジネスプランを持つ起業家に対して、助成金交付を決定します!!


記者発表 優れたビジネスプランを持つ起業家に対して、助成金交付を決定します!!

記者発表資料
平成26年8月11日
経済局経営・創業支援課長
今宮 佳浩 TEL:671-2575

OPEN YOKOHAMA

 

優れたビジネスプランを持つ起業家に対して、

助成金交付を決定します!!

 

~ヨコハマからの事業スタートを後押し~

 

 

   

多くの起業者にとって起業に際しての最大の課題が「資金調達」であることから、横浜市では優れたビジネスビジネスプランに対して事業費の1/2、最大500万円を助成しています。また、女性起業家支援枠を別に設け、事業費の2/3、最大200万円を助成しています。

このたび、助成金交付対象者が決定しました。交付対象者には、助成金の交付とともに事業実施期間中に継続的な経営コンサルティングを行い、事業の実現に向けたバックアップをしていきます。

 

 

 

【交付対象者】

 

 

一般枠 

 

~ ビジネスコンテスト入賞者等 ~

 

 

   1.株式会社トライフ(横浜市青葉区)


    革新的な口腔ケア製品で全国の障がい者の仕事創出
         世界最先端の乳酸菌研究とバイオテクノロジー技術による、植物性乳酸菌がつくる新しい天然抗菌剤「ネオナイシン」を配合した100
   天然原料の口腔ケア製品「オーラルピース」の製造・販売を通して、全国の働く意欲のある障がい者の仕事創出を行う。


 

 

 

  2.株式会社ユニバーサルスペース(藤沢市)     

 独自開発ITシステムによる介護リフォーム事業の展開 

介護リフォームにおいて自開発ITシステムを活用し、「全国統一価格、小工事対応、スピーディーで誠実な対応、プロによる高品質施工」を
実現することにより、日本全国の介護が必要な方々の、安全かつ快適な生活の実現に貢献する。また、自社ブランド開発により、更なる
低価格を実行し、顧客へのサービスを提供する。

            

 

 

 

 

 

女性起業家支援枠 


~ 起業して7年以内の女性起業家 ~                  

 

    
      1.筆友会 ふでともかきかた教室
(横浜市瀬谷区)

『水書道』と『鉛筆』を組み合わせた子ども向け習字教室「ふでともかきかた教室」の展開 
  主に幼稚園・保育園の課外保育の時間に実施する、お習字の効果を取り入れたかきかた教室を展開する。
幼児でも安心してお稽古のできる『水書道』による毛筆の指導及び毛筆の指導を行うとともに硬筆に生かすことで効果的な文字教育を図る。

 

  
     

  2.株式会社フローラル工房・桂(横浜市都筑区)

 革新的な生花加工花(フリーズドライフラワー)の製造・販売 

 生花の美しさをそのまま保存し、長く楽しめる優れた加工花フリーズドライフラワーの普及を目指す。自然美で容易に劣化しない革新的製法
によるフリーズドライフラワーに関心をもつ顧客をターゲットとし、市場の創出を図る。

 

 

 

 

      3.墓石絵桂(横浜市戸塚区)

 墓石に生きた証の絵「墓石絵」の提供 
 故人への思慕の念やその方の生きた証を遺すオリジナルデザインの「墓石絵」を制作する。顧客一人一人のご要望にお応えするため、多様
な色彩の表現が可能な「墓石絵専用の絵具」の開発に取り組み、幅広いニーズに対応できることを目指す

 

 

  


4.合同会社まぁはす(横浜市神奈川区)

放課後児童クラブ及び関連団体専用の基幹運用システムの開発・販売


 放課後育成事業者向けの専用基幹システムの開発と販売を目指し、業務の効率化と保育サービス向上を支援する。

従事者のパソコンスキルや事務業務の経験に問わず、誰でも簡単に事業運営ができる基幹システムと、業務に必要な各種報告書

やデータベースなどが自動で作成できるシステムで構成されている。

  
 

  

    5.ミサリングファクトリー(横浜市港南区)             

「小規模事業向けマイクロCRM」の開発

女性の仕事作りのサポートをテーマに「個人教室に特化したCRM(顧客管理システム)」を開発し、経営スクールやシステム導入
セミナーなどの開催を通して、個人教室開業支援を行う。また、「個人経営者用」のCRMも開発し、個人教室以外にも販路を広げ、
マーケットの拡大を図る

 


 

  

【助成金概要】


◆一般枠(男女問わず) 

対象者: 1または2 

     申請日から遡って3年以内の「横浜ビジネスグランプリ」のファイナリストで、横浜市内で事業を営む又は営む予定の方

※「横浜ビジネスグランプリ」:(公財)横浜企業経営支援財団で開催しているビジネスプランコンテスト

     申請日から遡って2年以内の他のビジネスコンテスト(公的機関・政府系金融機関等が開催しているもの)の入賞者で、横浜市内で事業を営む又は営む予定の方

 

助成額:助成率1/2  限度額1件500

 

◆女性起業家支援枠   

対象者:横浜市内で起業して7年以内又は既存事業とは別の新規事業に取り組む女性で、中小企業、個人事業主の方

(一般枠で申請したが助成対象とならなかったものも含む)

 

助成額:助成率2/3  限度額1件200

【選考方法】

 「横浜市有望ビジネスプラン事業化助成金交付審査会条例」に基づき設置された審査会において、申請者からのプレゼンテーション等を経て、交付対象者を決定しました。

ページトップヘ




経済局中小企業振興部経営・創業支援課 - 2014年08月11日作成 -  
御意見・お問合せ - ke-keiei@city.yokohama.jp - TEL:045-671-3492 - FAX:045-664-4867
©2003-2014 City of Yokohama. All rights reserved.