- トップメニュー|検索

環境創造局トップ環境創造局についてサイトマップ

 

代表的な公園

 

野島公園(金沢区)


横浜市指定有形文化財である旧伊藤博文金沢別邸があります。

野島公園 博文邸 2018

所在地:金沢区野島町
開  園:昭和31年4月 <総合公園>
面  積:175,215平方メートル

<アクセス>
シーサイドライン「野島公園」駅より 徒歩5分

<駐車場>
有料
第一駐車場(104台):金沢区野島町24
第二駐車場(52台):金沢区乙舳町80
室ノ木地区臨時駐車場(170台):金沢区六浦東1

<バーベキュー場、キャンプ場>
要予約
予約等の詳細はこちら
をご覧ください。


安藤広重の描いた「野島夕照」で知られる野島は、現在のこの公園のあたりといわれています。

公園前面の海岸は、埋立てにより失われた中で残された市内唯一の自然海浜で、江戸時代には称名寺と共に物見遊山の客で賑わったそうです。

第二次大戦中は巨大な地下基地が構築されましたが、戦後まもなく横浜市が立てた大臨海公園の計画に基き、大蔵、建設の両省と幾多の折衝を重ね国有地の無償貸与を受け、隣接民有地も買収し昭和30年から整備を行いました。

昔の地形の特徴をそのまま残している野島山には、新しい展望台が、またその周りの運動広場、野球場、青少年研修センター、キャンプ場などは臨海のレクリエーションゾーンとして親しまれています。

展望台は海抜57m、眼下には隣接する海の公園や八景島が広がり、晴れた日には遠く丹沢、富士の山並みや房総半島を望むことができ、平潟湾の夕照は昔と変わらない美しさを楽しむことができます。

 公園内にごみ箱は設置されていません。ごみは各自お持ち帰りをお願いします。
 公園内でカセットコンロやバーベキューコンロなど火気の使用はできません。


当公園は指定管理者による管理を行っています。

(野島公園 電話:045-781-8146)
(公財)横浜市緑の協会で開設しているホームページもあわせてご覧ください。
http://www.hama-midorinokyokai.or.jp/park/nojima/

横浜の公園へもどる代表的な公園へ戻る

横浜市環境創造局公園緑地部南部公園緑地事務所 - 2005年4月1日 作成 - 2018年09月13日 更新
ご意見・問合せ - ks-nambukoen@city.yokohama.jp - 電話: 045-831-8484 - FAX: 045-831-9389
©2005-2018 City of Yokohama. All rights reserved.