- トップメニュー|検索

環境創造局トップ環境創造局についてサイトマップ

 

代表的な公園

 

本牧市民公園(中区)

本牧市民公園の写真
上海横浜友好園、トンボ池などのある公園。

※上海横浜友好園は、建物が老朽化して危険なため、現在立ち入りができません。
柵の外から外観をご覧いただくことは可能です。

JR根岸駅より市営バス「本牧市民公園前」下車
所在地:中区本牧三之谷59
駐車場:有料311台
     料金等の詳細は
     (財)横浜市緑の協会 駐車場のご案内
     ご覧ください
開園:昭和44年9月〈総合公園〉
面積:103,336m2

 

昭和43年に終了した本牧埠頭関連造成用地の海面埋立てにより、それまであった海を失った人々や港で働く人々のために庭球場、運動広場、池などの施設を整備し、昭和44年に公開されました。

それと同時に福祉文化事業団によって運営される本牧市民プールもつくられています。

昔の地形の特徴をよく残しており、池の部分が以前海だった場所です。平成元年に横浜市と上海市の友好都市締結15周年を記念してつくられた「上海横浜友好園」と「トンボ池」は公園の魅力をさらに高める特徴ある施設です。

上海横浜友好園」は横浜市が上海市に寄贈した「横浜上海友好館」のお返しとして上海市から提案、整備されたもので、中国江南様式による庭園です。

上海市の木、花のハクモクレンに因んで命名された玉蘭庁を中心に、庭院、曲橋で結ばれ、六角形の二重屋根が特徴的な湖心亭からもう一つの出入口の竹門などが池の中に巧みに配置され、背景となっている三溪園の緑と崖が独特の雰囲気を醸し出しています。

また、夜間はライトアップされ、水面にその美しい姿を映します。

トンボ池」は、本牧に多くいたトンボを再び呼び戻すために、以前普通の池だった部分に自然の材料で、水路など多様な生物環境をつくったもので、現在「本牧にトンボを育てる会」などの手によって湿生植物の植えつけや、ヤゴの放流、ザリガニの除去などが行われています。

PDFファイルをご覧いただくためには「Adobe Reader」が必要です。
お持ちでない方は、アドビシステムズ社のサイトからダウンロード(無償)してください。
アドビリーダー ダウンロード

当公園の管理等に関するお問合せは・・南部公園緑地事務所 都心部公園担当
(電話:045-671-3648、FAX:045-633-9171)

横浜の公園へもどる代表的な公園へ戻る

横浜市環境創造局公園緑地部南部公園緑地事務所都心部公園担当 - 2005年4月1日 作成 - 2011年12月5日 更新
ご意見・問合せ - ks-toshinbu@city.yokohama.jp - 電話: 045-671-3648 - FAX: 045-633-9171
©2005-2012 City of Yokohama. All rights reserved.