- トップメニュー|検索

環境創造局トップ環境創造局についてサイトマップ

 

代表的な公園

 

こども自然公園(旭区)

池や桜山、万騎が原ちびっこ動物園、バーベキュー広場などのある自然豊かな公園です。

こども自然公園の写真

<データ>
交通:相鉄線二俣川駅南口より徒歩15分/相鉄バス「万騎が原中央」下車
※なお、相鉄バスに関することは、相鉄グループホームページよりご覧いただけます。
所在地:横浜市旭区大池町65
開園:昭和47年6月〈広域公園〉
面積:464,118m2

<主な施設>
有料駐車場 324台(第1駐車場第2駐車場第3駐車場(9:00〜17:00)、臨時駐車場(土日、祝日のみの9:00〜16:30)があります。)


<公園の概要>

この公園は、昭和30年代に進められていた相鉄線沿線一帯の開発の際に、将来に向けて緑の保全を目指して立てられた都市計画に呼応するかたちで、相模鉄道から寄付された23.6haの土地を基に、市が隣接地を買収、昭和43年から整備を行ったものです。
公園の中心となっている約6600平方メートルの池は、江戸時代中期に灌漑用水池としてつくられたと伝えられ、天明の大飢饉の際には、この池の水と魚が多くの人々の飢えと渇きを救いました。
その当時、池畔には弁財天が祭られ、「本宿の大池」として親しまれていたところから、現在でも別名「大池公園」と呼ばれています。
横浜の中でも最大級の面積を持つこの公園内には、大池を中心にした丘陵地にゆったりとした良好な自然が残され、四季折々の景観を楽しむことができます。
特に梅林・桜山は花の季節には多くの人々で賑わいます。
また、万騎ヶ原ちびっこ動物園・青少年野外活動センターなどでは、より深く自然を理解することができます。

横浜の公園へもどる代表的な公園へ戻る

横浜市環境創造局公園緑地部北部公園緑地事務所 - 2006年7月22日 作成 - 2014年1月20日 更新
ご意見・問合せ - ks-hokubukoen@city.yokohama.jp - 電話: 045-311-2016 - FAX: 045-316-8420
©2005-2014 City of Yokohama. All rights reserved.