- トップメニュー|検索

環境創造局トップ環境創造局についてサイトマップ

 

横浜の公園発達史

 

 
山手公園 明治中期の風景 絵葉書画像
山手公園 明治中期の風景(横浜開港資料館所蔵)
 横浜は、日本における公園の発祥地です。その発祥は、1870年(明治3年)6月4日に居留外人専用の公園として山手公園が開設されたことに始まります。

 この公園史は平成2年(1990年)に横浜市における公園の誕生から120周年を迎えたことを契機に作製された年表を一部改訂したものです。

 なお、各公園のリンク先は現在の公園の案内です。



公園史 世相
  1667(寛文7)年 吉田新田埋立完成
  1853(喜永元)年 ペリー来航
  1854(安政元)年 日米和親条約
  1859(安政6)年 横浜開港
  1867(慶応3)年 大政奉還
  1868(明治元)年 明治維新
外国人居留地のための公園設置 1869(明治2)年 本町通他にガス灯点灯
  同上 横浜−東京間電信開通
山手公園開設 1870(明治3)年 ゲーテ座開場
  1872(明治5)年 横浜−新橋間鉄道開通
公園開設に関する太政官布達 1873(明治6)年  
彼我公園(現横浜公園)開設 1876(明治9)年  
  1887(明治20)年 横浜近代水道完成
  1889(明治22)年 横浜市誕生(市制施行)
三溪園開園(現在の外苑区域を公開) 1916(明治39)年  
掃部山公園開設 1914(大正3)年  
震災復興 1923(大正12)年 関東大震災
野毛山公園開設 1926(大正15)年  
  1928(昭和3)年 現在地に横浜駅開業
横浜市児童遊園地開設 1929(昭和4)年  
山下公園元町公園・神奈川公園開設 1930(昭和5)年  
  1935(昭和10)年 復興記念横浜大博覧会開催(於山下公園)
キリン園開設 1937(昭和12)年  
防空緑地として常盤公園開設 1942(昭和17)年  
防空緑地として弘明寺公園開設 1943(昭和18)年  
防空緑地として綱島公園開設 1944(昭和19)年  
占領軍による公園接収 1945(昭和20)年 終戦
三ツ沢公園開設 1949(昭和24)年 日本貿易博覧会開催(於野毛山公園・反町公園)
野毛山動物園・遊園地開設 1951(昭和26)年 横浜市人口100万人突破
第10回国体開催(於三ツ沢公園 1955(昭和30)年  
都市公園法施行(現行法) 1956(昭和31)年  
野島公園開設 同上  
三溪園内苑を公開 1958(昭和33)年  
  1959(昭和34)年 市庁舎、現反町公園位置から現在の場所に移転
公園愛護会発足 1961(昭和36)年  
港の見える丘公園開設 1962(昭和37)年  
反町公園開設 1963(昭和38)年  
  1964(昭和39)年 東海道新幹線開通

東京オリンピック

横浜市公開公園157か所、面積147ha 1965(昭和40)年  
本牧市民公園開設 1969(昭和44)年  
  1970(昭和45)年 大阪万国博覧会

横浜市人口200万人突破

こども自然公園開設 1972(昭和47)年  
  1973(昭和48)年 第一次オイルショック
横浜市公開公園552か所、面積309ha 1975(昭和50)年  
富岡総合公園開設 同上  
根岸森林公園開設 1977(昭和52)年  
大通り公園開設 1978(昭和53)年 横浜スタジアム開場
横浜市こども植物園開設 1979(昭和54)年  
金沢自然公園・開港広場開設 1982(昭和57)年  
横浜市公開公園1239か所、面積609ha 1985(昭和60)年 横浜市人口300万人突破
海の公園開設 1988(昭和63)年  
グランモール公園・みその公園開設 1989(平成元)年 横浜博覧会開幕

横浜ベイブリッジ開通

横浜市公開公園1675か所、面積883ha 1990(平成2)年 大阪国際花と緑の博覧会
緑のマスタープラン改訂 1991(平成3)年  
港北ニュータウンせせらぎ公園完成 同上  
神大寺中央公園に、こどもログハウス第1号「トムソーヤ」を開設 同上  
舞岡公園開設 1992(平成4)年  
横浜国際総合競技場の建設に着工 同上  
  1993(平成5)年 八景島開設
  同上 都市公園法施行令の改正(公園内建ぺい率の見直しなど)
  1994(平成6)年 ゆめはま2010プラン策定
  同上 都市緑地保全法の改正
横浜市公開公園2022か所、面積1125ha 1995(平成7)年 阪神・淡路大震災
横浜国際総合競技場竣工 1997(平成9)年 「ゆめはま2010プラン」5か年計画(1997〜2001)改訂
横浜市緑の基本計画策定 同上  
横浜国際総合競技場開場 1998(平成10)年  
「緑のシンボルマーク」を制定、新横浜公園開設、第53回 国民体育大会 かながわ・ゆめ国体 秋季大会(横浜国際総合競技場が開閉会式会場) 同上  
横浜動物の森公園の動物園部分をよこはま動物園(愛称:ズーラシア)として一部開園 1999(平成11)年  
中心市街地活性化公園事業で、山下公園、元町公園、山下町公園、大通り公園などが改修、再整備 2000(平成12)年  
本郷ふじやま公園に弓道場がオープン 同上  
よこはま動物園で入場者300万人達成、オカピ赤ちゃん誕生 同上  

 

 

 
▲ページトップへ戻る
横浜市環境創造局みどりアップ推進部みどりアップ推進課 - 2005年4月1日 作成 - 2015年4月1日 更新
ご意見・問合せ - ks-midoriup@city.yokohama.jp - 電話: 045-671-2712 - FAX: 045-224-6627
©2005-2015 City of Yokohama. All rights reserved.