- トップメニュー|検索

環境創造局トップ環境創造局についてサイトマップ

 

 横浜市都心部公園担当所管公園の撮影手続きについて 


◆このページでは、都心部公園担当が管理する公園内での撮影を行う場合の手続きについてご案内しています。
・都心部公園担当が管理する公園(西区・中区の大規模な公園など)はこちらからご確認ください。図面のダウンロードもできます。
・上記以外の公園での撮影については、原則として大規模な公園は公園緑地事務所で、それ以外の小規模な公園は各区の土木事務所で受付を行っています。

◆撮影に関するお問合せ・お申込みは、平日の8時45分から17時までです。
 

目 次

 

 

1 お知らせ (必ずお読みください)

【撮影の制限について】

  • 横浜公園は、横浜スタジアムの改修工事のため、2017年11月1日から撮影の受け入れを停止しています。
  • ベーリック・ホール(元町公園内)は、改修工事のため、2019年1月4日から3月31日まで館内撮影の受け入れを停止します。
  • 山手イタリア山庭園は、庭園工事のため、2019年1月4日から3月31日まで、撮影の受け入れ(西洋館館内撮影を含む)を停止します。
  • 横浜市イギリス館は、イベント開催のため、2019年2月15日から2月25日までの間、館内撮影の受け入れを停止します。
  • 根岸森林公園は、桜の開花期(2019年3月23日から4月14日)における土日の撮影受け入れを停止します。
  • エリスマン邸(元町公園内)は、改修工事のため、2019年4月1日から1年間、館内撮影の受け入れを停止します。

 

2 許可の必要な撮影について


   公園は市民の皆さんの憩いの場であり、一定のルールの中で、だれもがいつでも安全で快適に利用できなければなりません。一時的に占用を伴う撮影は、公園の通常利用を妨げる可能性があるため、横浜市公園条例に基づき許可を受ける必要があります。以下の具体例を参考に、申請手続きを行ってください。

 許可の必要な撮影の具体例
◆テレビCM、テレビドラマ、映画の撮影(動画撮影)
◆web広告・ドラマ、動画配信サイト用の撮影(静止画撮影・動画撮影)
◆フリーペーパー、ポスター、雑誌、カタログなどの撮影(静止画撮影)
◆婚礼、成人式、七五三などの各種記念撮影(静止画撮影)
◆モデルを用いた撮影会(動画・静止画撮影)
※上記に当てはまる場合でも、撮影方法によっては許可がいらない場合があります。
   また、報道を目的とした撮影(新聞やニュース番組などの撮影で即時性の高いもの)も許可手続きを必要としない場合があります。詳細は電話にてお問い合わせください。   

   

3 公園使用料

(1) 商業撮影(業として行う撮影)
 写真撮影:15,000円
 動画撮影:30,000円

(2) 上記以外の撮影(各種記念撮影、モデル撮影会など)
 写真撮影、動画撮影ともに3,900円
   ※各種記念撮影の場合でも、成果物を撮影者(企業・個人ともに)の宣伝・広告等に二次利用する場合は、商業撮影の料金をお支払いただきます。
 ※撮影時間にかかわらず、申請1件につき上記料金をお支払いただきます。
 ※同日に複数の公園で撮影を行う場合、公園ごとに手続きと使用料の支払いが必要です。

 (例) 4月1日にA公園と、B公園の2つの公園でテレビドラマの撮影を行う場合
  30,000円(商業・動画撮影)×2公園=60,000円

4 撮影許可条件


(1)公園内での撮影の基本的な考え方と制限
    公園は市民の皆さんの憩いの場であり、安全で快適に過ごせる場所です。撮影により、他の公園利用者に迷惑がかかる撮影内容を許可することはできません。公園内での禁止行為・制限行為とされている内容の撮影についても、許可することができません。具体的には、以下のような撮影が該当します。

 許可できない撮影の具体例 

◆車両(車、バイク、自転車)の撮影
◆動物(犬等)を放し飼いにしている撮影
◆運動施設以外でのサッカーや野球などの球技の撮影
◆火気を使用している撮影
◆機械を使用した雨や雪を降らす撮影
◆有料施設内での撮影 (プールや運動場、野球場、駐車場など)
◆長時間多くのスペースを占用する撮影
◆大きな音を出すような撮影
◆多くの機材を持ち込む撮影(レール、クレーン、降雨機等、使用機材を運ぶための公園内車両乗入不可)
◆その他、通常の公園利用ではありえない行為の撮影や公園利用者に不快感を与えるもの、周辺住民に迷惑をかけるもの

 なお、公園内での作業やイベント状況によっては、上記以外の理由により撮影できない場合がありますので、撮影内容については事前に十分調整していただくようお願いします。

 (2)撮影可能日及び撮影時間
  撮影可能な日及び時間は撮影場所と撮影内容に応じて次のとおりです。なお、撮影時間には設営及び撤収の時間を含みます。

撮影場所

撮影内容

平日

土日祝日



山手西洋館の各館内

各種記念撮影、撮影会

9時30分から12時までの
1時間以内
(1館)



×

上記以外の撮影
(広告、雑誌等の撮影)

「港の見える丘公園」

「元町公園」

「山手イタリア山庭園」


各種記念撮影、撮影会

9時30分から17時までの
3時間以内

9時30分から12時までの間


上記以外の撮影
(広告、雑誌等の撮影)



×





その他の公園




各種記念撮影、撮影会

9時30分から17時までの
3時間以内

 

上記以外の撮影
(広告、雑誌等の撮影)


×


※ 山下公園とグランモール公園は7時〜21時までの3時間以内です。
※ 山手111番館、エリスマン邸、ベーリック・ホール、ブラフ18番館は第2水曜日、横浜市イギリス館、山手234番館、外交官の家は第4水曜日が休館日のため撮影できません。

  申請時に撮影日が、雨天及び荒天の場合を想定して、雨天予備日を1日だけ設定することができます。当日が雨天及び荒天の場合で、当日ご連絡いただいた場合のみ、予備日に振替えることができます。

(3)山手西洋館の各館内利用の撮影許可条件
 ア 危険防止のため、公開されている場所以外での撮影はできません。撮影従事者も立入禁止です。撮影の際には、他の来館者等の迷惑とならないよう注意してください。
 イ 館内では着替えやメイク直し等の部屋はありません。お支度を整えてからお越しください。
 ウ 撮影場所のみであれば、モデルの方が靴を着用することは可能です。ただし養生をお願いします。
 エ 家具・展示物・建物付随物等に触れたり、移動することはできません。また、商品等の被写体を設置することもできません。物撮りが必要な場合はモデルに持たせての撮影となります。
 オ 撮影等に使用する電源は各西洋館では貸出しできませんので、各自バッテリー対応などの準備をしてください。


5 手続きの流れ

Step1 撮影条件の確認
・企画されている撮影内容が撮影許可の条件に合致するか確認してください。
 詳細は「撮影許可条件」を確認してください。さらに山手西洋館各館内の撮影を希望する場合には、「山手西洋館各館内の撮影許可追加条件」も確認してください。

Step2 撮影希望日の空き状況の確認
・撮影は1公園1日に1件のみ受付けています。撮影を希望する日に空きがあるか、電話にてお問い合せください。
・空き状況の確認は、電話でお問い合わせいただいた日の1週間後から2か月先まで※が対象です。


※ただし、土日祝日は受付ができませんので、次の点にご注意ください。
 下のカレンダーを参考にしながらご確認ください。
 
1週間後のカウントの仕方・・・
 (例)6月16日(日)に撮影を希望の場合
    本来は6月9日(日)までにお申し込みいただくことになりますが、受付できません。
    6月7日(金)までにお申込みいただく必要があります。
2か月先のカウントの仕方・・・
 (例)6月7日(金)に撮影を希望の場合
    本来は4月7日(日)からお申込みが可能になりますが、受付できません。
    4月8日(月)からお申し込みが可能になります。

4月

2

3

4

5

6

7

8

9

10

11

12

13

14

15

16

17

18

19

20

21

22

23

24

25

26

27

28

29

30

 

 

 

 

 

6月

 

 

 

 

 

3

4

5

6

7

8

9

10

11

12

13

14

15

16

17

18

19

20

21

22

23

24

25

26

27

28

29

30


・撮影希望日が空いていない場合は、他の曜日の空き状況を確認してから、別の日程で調整し、再度お問い合せください。

※西洋館での撮影を希望される方へ
 西洋館各館内での撮影をされる場合は、各西洋館の空き状況の確認ではなく西洋館のある公園ごとの空き状況を確認してください。
 ・エリスマン邸、山手234番館、ベーリック・ホール・・・・「元町公園」
 ・横浜市イギリス館、111番館・・・・「港の見える丘公園」
 ・外交官の家、ブラフ18番館・・・・「山手イタリア山庭園」

Step3 撮影日の電話予約
・撮影を希望する日に空きがあり、撮影日が確定の場合、撮影内容等を口頭で説明のうえ電話で予約を行ってください。
・電話予約時には、申請者名、連絡先、担当者名を必ず伝えてください。

※電話予約は、申請書類を提出するまでの間に撮影希望日に他の撮影が入らないようにするための手続きです。
※電話予約の際には、撮影時間、撮影場所、撮影内容、撮影方法などを確認させていただきますので、必ず事前に現地の確認(ロケハン)を行い、確認内容をきちんと説明できるようにしておいてください。確認させていただいた内容が撮影許可条件に合致する場合は申し込みを受付けます。電話申し込みを行わずに申請書類を提出された場合も受付けませんのでご注意ください。

Step4 撮影許可の申請

・申請書類は電話予約日の翌日までに提出してください。
・申請書類は、撮影する場所・条件により異なりますので、担当者と調整した必要書類(現地の図面、企画書、絵コンテ、シナリオなど)を提出してください。
申請書類及び公園の図面はリンク先でご確認ください。
・申請書類の提出はE-mailまたはFaxで受付けています。連絡先は当ページの一番下にあります。

Step5 許可書の受け取り及び使用料支払い
・許可書の準備ができ次第、担当からご連絡します。連絡後、前日までに受領にお越しください。
・許可書及び使用料の納付書類は、南部公園緑地事務所都心部公園担当の窓口にてお渡しします。
・金融機関で支払いをしていただく必要がありますので、平日9時〜14時30分までに来所してください。
・金融機関で納付後、再び当事務所へお戻りいただきます。担当者が納付の確認した後、許可書をお渡しいたします。

【所在地】
 〒231-0016   横浜市中区真砂町2−22関内中央ビル7階 77番窓口
         最寄駅:JR「関内駅」、横浜市営地下鉄ブルーライン「関内駅」
 ※都心部公園担当は上記住所に所在しています。港南台にある南部公園緑地事務所と所在地が異なりますのでご注意ください。


6 撮影時の注意事項

・撮影の際は、許可書を必ず携帯し、腕章(シール)してください。
・撮影は、許可書に記載されている条件を厳守のうえ行ってください。
・原則公園内の駐車はできませんが、「元町公園・山手イタリア山庭園」を使用する場合は、1時間400円で駐車を許可しています。駐車希望の場合は、予約時確認をしたうえで「駐車スペース利用申請書」提出してください。
・撮影が雨天及び公園で、事前に設定した予備日に振替える場合は、撮影日当日連絡ください。土日祝日の場合は、その旨、E-mailまたはFaxでお知らせください。

【山手西洋館を使用した撮影の注意点】
・撮影前に必ず館長等に許可書を提示してください。特に撮影可能な場所や方法については、館長等の指示に従って下さい。許可された撮影時間を厳守し、撮影が終了した後は館長等にその旨ご報告ください。
・撮影のために持ち込める物品及び機材は許可書に記載してあるものに限ります。しかし、許可書に記載してある物品、機材であっても、当日、館の運営に支障がある大きさや量であった場合は、持ち込みをお断りさせていただく場合があります。
・建物の外観、内観及び展示物等を破損させたり、傷をつけたり、汚さないよう注意してください。また、破損・汚れる等の恐れがある場合は、館長等の指示により、撮影を中止していただく場合があります。
・撮影に起因する事故等については、申請者に一切の責任を負っていただきます。

7 キャンセルについて

 原則、納付された使用料は返還できません。しかし、以下の(1)(2)の場合に限り、返還を行うことができます。

(1)撮影日除く5日前の17時までにキャンセル連絡を電話、E-mailまたはFaxで行ったとき。

(例) 2019年4月1日が撮影日の場合、キャンセル連絡期限は2019年3月27日17時までです。

5日前

4日前

3日前

2日前

1日前

撮影日

水曜日

木曜日

金曜日

土曜日

日曜日

月曜日

3月27日

3月28日

3月29日

3月30日

3月31日

4月1日


(2)撮影日当日が雨天及び荒天で、当日中17時までに使用の取り消し連絡を電話、E-mailまたはFaxで行ったとき。

 

8 申請書様式等のダウンロード

 

9 よくある質問 Q&A

Q1 仮予約はできますか?
A1 電話での予約は、お客様が撮影日を決めてからの受付となりますので、仮予約はできません。

Q2 撮影できる時間は?
A2 原則9時30分から17時までの3時間以内です。例外として、山下公園とグランモール公園は7時〜21時までの3時間以内としています。
   西洋館の建物内は9時30分から12時までで、1館1時間以内となります。

Q3 機材や撮影物品等の持ち込みはどの程度なら可能ですか?
A3 下記の図の通りです。記載のないものは個別にご相談ください。

持ち込み可能

持ち込み不可

三脚、発電機(養生必須)、レフ版、台車、照明機材

レール、クレーン等大型機材、紙ふぶき等回収不能なもの、降雨機、電源車


Q4 申請書提出後、何日程度で許可が出ますか?申請をしましたが、許可の連絡がありません。
A4 概ね1週間程度です。また撮影予定日が近いものから許可手続きを進めますので、順番が前後することがあります。許可書の準備が整い次第、担当者より連絡いたします。

Q5 許可書受け取りの場所はどこですか?
A5 都心部公園担当窓口での受け渡しとなります。
住所  :横浜市中区真砂町2-22
建物名:関内中央ビル7階77番窓口 
最寄駅:JR「関内駅」、横浜市営地下鉄ブルーライン「関内駅」

※都心部公園担当は上記住所に所在しています。港南台にある南部公園緑地事務所と所在地が異なりますのでご注意ください。

Q6 使用料の支払いはどのような方法ですか?
A6 窓口にて料金納付の書類を渡しますので、近くの金融機関での支払いとなります。金融機関の空いている時間に間に合うように、許可書の受け取りをお願いします。

Q7 許可書の受け渡し等の手続きは郵送対応できますか?
A7 原則窓口での対応となりますが、許可日まで時間の余裕があり、取りに来るのが困難と当事務所が判断した場合は、対応できる場合があります。詳細はお問合せください。

Q8 雨天予備日を設定しておらず、撮影日が雨天等でした。使用料は返ってきますか?
A8 撮影日当日17時までにキャンセル連絡があった場合のみ返還可能です。前日や翌日にご連絡をいただいても返金はできません。
   当事務所は平日電話が多いため、繋がりにくい状態です。キャンセル連絡は、E-mailまたはFaxでも受け付けています。

Q9 都合が悪くなりキャンセルした場合は、返金の対象になりますか?
A9 撮影日を除く5日前までにキャンセル連絡があった場合に対応可能です。
(例)2019年4月1日撮影日の場合
   撮影日を除く5日前までなので、3月27日 8時45分から17時まで
   キャンセル期限が土日祝日だった場合は、E-mailまたはFaxのみでの対応となります。

Q10 結婚記念撮影を考えていますが、おすすめの西洋館を教えてください。
A10 個人の感じ方によって異なりますので、下記HPでご自身の気に入った西洋館をお選びください。
   指定管理者HP http://www.hama-midorinokyokai.or.jp/yamate-seiyoukan/

Q11 西洋館館内でウエディング撮影を希望しています。館内に着替える場所はありますか?
A11 西洋館館内には着替える場所はありません。すべて準備を整えてからお越しください。

Q12 西洋館館内と公園園地を使用したい場合、どのようにしたらいいですか?
A12 西洋館館内1時間(9時30分〜12時)まで、公園園地2時間まで、合計3時間まで許可をすることができます。

(例) 西洋館館内(10時〜11時)
    園地(11時〜13時)    
    計3時間

Q13 同じ公園内の西洋館館内を2館同日で使用したい場合、可能でしょうか?
A13 西洋館毎の申請ではなく、公園毎の申請となるため可能です。一つの西洋館館内につき1時間まで撮影できます。9時30分から12時までの2時間で収まる撮影であれば可能です。

(例) 元町公園 
     ベーリックホール1時間(9時30分〜10時30分)
     エリスマン邸1時間(11時〜12時)

Q14 別の公園内の西洋館館内を2館同日で使用したい場合、可能でしょうか。
A14 可能です。その場合は公園ごとに予約が必要となり、公園使用料も公園ごとにかかります。一つの西洋館館内につき撮影可能時間は1時間以内までですので、下の例のとおり9時30分から12時までの2時間以内で撮影していただく必要があります。

(例) 港の見える丘公園
      横浜市イギリス館1時間(9時30分〜10時30分)
    山手イタリア山庭園
       外交官の家1時間(11時〜12時)

横浜市環境創造局南部公園緑地事務所都心部公園担当 - 2005年6月24日 作成 - 2019年2月5日 更新
ご意見・問合せ - ks-toshinbu@city.yokohama.jp - 電話: 045-671-3648 - FAX: 045-664-2588
©2005-2019 City of Yokohama. All rights reserved.