- トップメニュー|検索

環境創造局トップ環境創造局についてサイトマップ

 

横浜市地球温暖化対策実行計画(市役所編)



 「横浜市地球温暖化対策実行計画(事務事業編)(平成22年3月策定)」が平成25年度末に計画期間を満了したことから、新たに「横浜市地球温暖化対策実行計画(市役所編)」を策定しました。
 この計画は、地球温暖化対策の推進に関する法律に定められた法定計画で、市域全体を対象としている「横浜市地球温暖化対策実行計画」の一部として、横浜市役所が実施する地球温暖化対策の目標や取組方針などを定めたものです。



計画期間



 平成26年度から平成29年度までの4か年



目 標



 平成29年度の横浜市役所が実施する事務及び事業に伴う温室効果ガス総排出量を、平成24年度を基準として、8.6%(約7.6万t-CO2)以上削減することを目指します。


平成24年度
【基準排出量】
平成29年度
【目標排出量】
増▲減量 増▲減率
888,029 t-CO2 811,767 t-CO2 ▲76,263 t-CO2 ▲8.6%

 ※平成24年度における温室効果ガス排出量の実績値の修正に伴い、目標排出量等を修正し、削減目標を8.5%から8.6%に修正しました。(平成26年11月)



取組方針



 ● 市役所のエネルギー消費の削減
    1.エネルギー使用量、温室効果ガス排出量等の適切な管理
    2.カーボン・オフセットの推進
    3.「管理標準」の活用に向けた取組の推進
 ● 再生可能エネルギーの率先利用
    1.既存設備の活用
    2.新規設備の導入の検討
 ● エネルギー消費の少ない業務スタイルの普及
    1.「ライフスタイルの実践行動」の推進
    2.横浜市ISO環境マネジメントシステムとの連携
    3.効率的な自動車利用の実施



計画ダウンロード



 横浜市地球温暖化対策実行計画(市役所編)(PDF形式 1.7MB) 


 H26.11.26 目標排出量等の修正を行いました。 正誤表(PDF形式 30KB)



実施状況



 温室効果ガス排出量及び排出量増減の主な要因等、年度ごとの実施状況を公表しています。
  ● 平成27年度(PDF形式 36KB):NEW!
 ● 平成26年度(PDF形式 261KB)


横浜市地球温暖化対策実行計画(事務事業編):前計画



 平成22年度から平成25年度までを計画期間として、平成21年度の温室効果ガス総排出量を基準として4.9%以上削減することを目標に掲げて取り組みました。
 前計画及びその実施状況は下記のとおりです。


前計画ダウンロード

 横浜市地球温暖化対策実行計画(事務事業編)(PDF形式 617KB)


実施状況

 各年度実績値と基準年度及び目標年度との比較、及び排出量増減の主な要因について記載しています。
  ・平成22年度 (PDF形式 327KB)
  ・平成23年度 (PDF形式 146KB)
  ・平成24年度 (PDF形式 302KB)
  ・平成25年度 (PDF形式 299KB)

 ※一部の施設において、平成21年度から平成24年度の温室効果ガス排出量の集計結果に誤りがあったことから、実績値等の修正を行いました。修正内容については、各年度の実施状況に記載しています。(平成26年11月)



横浜市環境創造局環境保全部環境エネルギー課 - 2012年11月15日 作成 - 2016年11月4日 更新
ご意見・問合せ - ks-energy@city.yokohama.jp - 電話: 045-671-2682 - FAX: 045-641-3490
©2005-2016 City of Yokohama. All rights reserved.