- トップメニュー|検索

環境創造局トップ環境創造局についてサイトマップ

 

ハマウィング(横浜市風力発電所)

ハマウィングがよくわかる!風力発電事業リーフレットはこちら

  • ハマウィング諸元表
  • 風力発電Q&A

横浜市風力発電事業の概要

横浜市では再生可能エネルギーの利用促進や地球温暖化対策の一環として、市民一人ひとりが具体的行動を起こすきっかけとすることを目的として、風力発電事業を進めています。

この事業には大きな2つの特徴があります。

(1) 住民参加型市場公募債「ハマ債風車(かざくるま)」の発行による市民参加

(2) 「Y(ヨコハマ)-グリーンパートナー」企業による事業協賛

グリーン電力認証システムの概要イメージ図

上記の仕組みにより、市民・企業の皆様と協働で事業を進め、この風車が横浜のシンボルとして長く親しまれることを目指しています。

住民参加型市場公募債とは

主に地域住民を対象に、事業をある程度特定して発行する公募債で、年限・利率などの発行条件は、各自治体が個別に決定できます。

「ハマ債風車(かざぐるま)」はこの風力発電事業に限定し、市民の皆様を対象とした公募債を発行しました。

Y(ヨコハマ)-グリーンパートナーとは

グリーン電力証書(※)を活用することなどにより、本事業に協賛いただいている企業を「Y(ヨコハマ)-グリーンパートナー」と呼んでいます。

※ グリーン電力証書とは
再生可能エネルギーにより生み出された電力に対して、その発電実績を証明する証書です。その証書を企業が購入することにより、その電力を間接的に利用したとみなすことができます。グリーン電力証書は中立的な第三者認証機関である「グリーン電力認証機構」による認証に基づき発行されます。

ハマウィングの建設地

ハマウィングは、横浜市神奈川区にある瑞穂ふ頭という場所にあります。風力発電を設置している自治体は他にも数多くありますが、その多くは、周辺に建物等の少ない郊外などに設置されています。それに対して、横浜の風車は、年間を通して数多くの人々が訪れるみなとみらい地区などに隣接した場所に建設され、より多くの人々に風力発電を知ってもらうのにとても適した場所です。

瑞穂ふ頭は、基本的に一般開放されていないので、自由に風車の足元まで行くことはできません。ハマウィングの足元に行って間近で見学するためには、横浜市が主催する見学会などへ参加していただく必要があります(見学についてはこちらを御覧ください)。

ハマウィング通信

横浜市風力発電事業についての理解を深めていただくため、ハマウィングの活動を紹介する「ハマウィング通信」を発行しました。

寄付金のご案内

横浜市環境創造局環境保全部 環境エネルギー課 - 2011年05月01日 作成 - 2016年03月07日 更新
ご意見・問合せ - ks-wind@city.yokohama.jp - 電話: 045-671-2681 - FAX: 045-641-3490
©2005-2016 City of Yokohama. All rights reserved.