- トップメニュー|検索

環境創造局トップ環境創造局についてサイトマップ

 

使用済食用油のバイオディーゼル燃料活用事業

概要
横浜市では、平成21年から、市内の小学校の使用済食用油を回収してバイオディーゼル燃料化し使用する事業を始めました。
使用済食用油の回収、バイオディーゼル燃料の精製・運搬は、市内の民間福祉施設に委託しておこなっています。
精製した燃料は、現在、環境創造局の水再生センターが非常時に使用する自家用発電機の重油代替として、交通局の市営バスで軽油代替として使用しています。


バイオディーゼル燃料(BDF)とは

菜種油・ひまわり油といった生物由来の油や、各種使用済食用油(てんぷら油など)から作られる、軽油・重油代替燃料(ディーゼルエンジン用燃料)を総称してバイオディーゼル燃料(BDF(Bio Diesel Fuel))と呼びます。植物は、大気中から二酸化炭素(CO2)を吸収する光合成を行って成長するため、BDFはその燃焼によってCO2を排出しても、大気中のCO2総量が増えない(この考え方をカーボンニュートラルといいます。)環境にやさしい燃料です。



お知らせ

    横浜市環境創造局環境エネルギー課 - 2011年05月27日 作成 - 2017年04月01日 更新
    ご意見・問合せ - ks-energy@city.yokohama.jp - 電話: 045-671-2490 - FAX: 045-641-3490
    ©2005-2017 City of Yokohama. All rights reserved.