- トップメニュー|検索

環境創造局トップ環境創造局についてサイトマップ

 

地球温暖化対策


【温暖化対策統括本部の取組】

○横浜スマートシティプロジェクト(YSCP)
○横浜グリーンバレー
○ヨコハマ・エコ・スクール(YES) など


【地球温暖化対策普及啓発事業】

「季節に合わせた軽装での執務」(取組終了)
平成26年5月1日〜10月31日まで実施しています。

「冬のライフスタイルの実践行動」 
冬季の省エネルギー行動を推進する取組です。(期間:平成26年12月1日〜平成27年3月31日)

よこはまの打ち水
市民の皆様、商店街、企業の方々の打ち水をサポートします。

環境家計簿(温暖化対策統括本部のページへリンクします。)
毎月のエネルギー使用量から、CO2排出量を計算できる「環境家計簿」の取り組みです。

こども「エコ活。」大作戦!
市内の小学生が夏休みに環境行動にチャレンジ!


【省エネルギー・再生可能エネルギーについて】

再生可能エネルギー導入検討報告制度
再生可能エネルギーの普及促進のため、床面積の合計が2,000m2以上の建築物を建築しようとする場合、建築計画時に再生可能エネルギーの導入を検討し、検討結果を横浜市に報告することを義務付けています。

地域冷暖房推進指針
地域冷暖房の導入を推進するため、地域冷暖房推進地域内で一定規模以上の建築や開発を行う場合に、計画の概要を横浜市に届け出ていただき、必要に応じて地域冷暖房の導入を検討することを求めています。

風力発電(ハマウィング)
再生可能エネルギーの利用促進や地球温暖化対策に資するとともに、市民一人ひとりが具体的行動を起こすきっかけとする事業として、風力発電事業を進めています。

住宅用太陽熱利用システム設置費補助について
地球温暖化対策の一環として、太陽熱利用システムの普及を促進するために、住宅用太陽熱利用システム設置費補助事業を行っています。

住宅用スマートエネルギー設備設置費補助について
地球温暖化対策の一環として、家庭でのエネルギーマネジメントの普及を推進するために、既存住宅への住宅用スマートエネルギー設備(HEMS・エネファーム・太陽光発電)設置費補助事業を行っています。

使用済食用油のバイオディーゼル燃料活用事業
市内の小学校の使用済食用油を回収してバイオディーゼル燃料化し、水再生センターや市営バスで使用しています。

横浜型グリーン電力入札制度
電気事業者に対して、環境に配慮した電力供給を行う方向に誘導する制度を平成18年度より導入しています。

グリーン購入の推進
国等による環境物品等の調達の推進等に関する法律 (いわゆるグリーン購入法)に基づき、「横浜市グリーン購入の推進に関する基本方針」及び 「横浜市グリーン購入の推進を図るための調達方針」を定め、環境に配慮した物品等の調達、役務の提供を進めています。


【計画等】

横浜市地球温暖化対策実行計画(市役所編)
「地球温暖化対策の推進に関する法律」に基づく法定計画「横浜市地球温暖化対策実行計画(市役所編)」により、横浜市役所が市域から年間に排出される温室効果ガスの総量のうち約4%程度を占める排出事業者であることを踏まえ、市役所が率先して温室効果ガス排出量の削減に取り組むこととしています。

横浜市地球温暖化対策計画書
「横浜市生活環境の保全等に関する条例」に基づく「地球温暖化対策計画書制度」により、横浜市役所(市長部局分のみ※)の温室効果ガスの排出抑制に向けた地球温暖化対策計画を作成し、公表しています。
※「横浜市地球温暖化対策計画書」では、横浜市役所のうち市長部局分のみを対象としており、水道局、交通局、病院経営局、及び教育委員会事務局については、それぞれ単独の対象事業者として個別に計画書を作成しています。



*関連リンク
横浜市地球温暖化対策事業者協議会
地球温暖化対策計画書制度について
横浜市温室効果ガス排出状況

横浜市環境創造局政策調整部政策課(環境プロモーション担当) - 2011年11月1日 作成 - 2014年12月1日 更新
ご意見・問合せ - ks-ondankeihatsu@city.yokohama.jp - 電話: 045-671-2484 - FAX: 045-641-3490
©2005-2014 City of Yokohama. All rights reserved.