- トップメニュー|検索

環境創造局トップ環境創造局についてサイトマップ

 
地元ヨコハマでとれた農畜産物を食べよう!
 
横浜で地産地消 よこはまの農業力

横浜の畜産


 

期間限定市内産畜産物直売情報

こども向けみんなの大好物!”お肉料理を感謝のきもちでいただこう
〜豚の一生〜開設!イラスト、クイズで楽しく豚のことを知ろう!

  私たちが日々食べたり飲んだりしている「肉・卵・牛乳などの畜産物」は、生きて行く上で大切な栄養源の一つです。都市化された横浜にもこの大切な畜産物を生産している農家がいます。

食料の国内自給が求められる一方、近年、飼料価格・原油価格の高騰や畜産物の価格低迷の影響に加え、都市化が進み住宅と隣接して畜産を営まなければならない状況や従事者の高齢化などが原因で農家が減少しています。

横浜市内の畜産農家数及び家畜数
家畜種収穫量農家数家畜数
乳用牛 24 579
肉用牛 551
12 11951
産卵鶏 10 27305
※平成22年度環境創造局事業概要より

畜産農家数・家畜数の推移を示したグラフ

農家数・家畜数の推移
豚 産卵鶏
牛の農家数と家畜数の推移

横浜市は”横浜という大消費地で生産”を行い”横浜で消費する”地産地消を推進します。
横浜市内で生産された畜産物を直売所等でお買い求めいただけます。

酪農

牧場
市内の牧場の様子
横浜市内には、19戸の酪農家がおり、合計638頭の牛を飼育しています。
牛乳を生産・販売していますが、近年、生乳の販売にとどまらず、牛乳加工に挑戦し、手作りアイスクリームの製造・販売に取り組んでいる例もあります。詳しくはこちら

養豚

養豚農家は12戸で、年間約20000頭の出荷が可能です。
市内産の豚肉のブランドとして、「はまぽーく」があります。
市内養豚農家の半数6戸がはまぽーくを生産しています。 「はまぽーく」については、下記リンク先のページを参照してください。

肉牛

生産農家は16戸で、南部に集中しています。
肥育技術も高く、優良な系統牛の導入により、「神奈川県産 横濱ビーフ」などのブランド化も進めています。横濱ビーフの生産者は15人おり、そのうち5人の方が横浜市内の生産者です。
「神奈川県産 横濱ビーフ」については、下記リンク先のページを参照してください。

養鶏

養鶏農家は15戸で、全域に分布しています。
産みたての新鮮な卵は、直売所などで販売されています。

※数値は、平成20年度環境創造局事業概要より
 

よこはま畜産まつり

畜産まつり
よこはま畜産まつりの様子
毎年11月3日、横浜の畜産農家が横浜市と連携して、横浜市民に畜産物をPRするために「よこはま畜産まつり」を行っています。
横浜市環境創造局みどりアップ推進部農業振興課 - 2009年4月1日 作成 - 2012年7月5日 更新
ご意見・問合せ - ks-nogyoshinko@city.yokohama.jp - 電話: 045-671-2639 - FAX: 045-664-4425
©2005-2012 City of Yokohama. All rights reserved.