- トップメニュー|検索

環境創造局トップ環境創造局についてサイトマップ

 
ロゴマーク
E1グランプリ *おしらせ*

○E1グランプリwebサイト オープン!
logo
「E1グランプリ」では、満タン法や燃費計を使って自分の燃費を管理したり、他の人と燃費競争ができるWEBサイトです。エコドライブのコツなども学ぶことができます。ぜひ、御参加ください。
上のロゴをクリックするとE1グランプリのサイトへ移動します。

○エコ運転診断装置の貸し出しを始めました。
2〜3km自動車を運転することで、自分の運転のエコドライブ度が診断できるエコ運転診断装置(データ収集装置、エコ運転診断ソフト)を、市民、市内事業者等を対象に貸出を行います。
燃費計診断書

○貸し出し概要
  
貸し出し機器 データ収集装置
  搭載条件:OBDIIコネクターが搭載されている車両で、(株)テクトム社ホームページ上で、
       搭載可能車両として記載があること。
       (記載がなくても搭載可能な場合もあります。不明なときは環境創造局
       交通環境対策課までお問い合わせください。)
エコ運転診断ソフト
  稼動条件:WindowsXP、Microsoft Excel2003 *診断結果を記録するためのSDカードは、
       借用者が各自用意して下さい。また、データ読み込みには別途カードリーダーが
       必要となります。
対象 横浜市民または横浜市在勤の方及び横浜市内事業者の方
貸出期間 1者(社)1セットとして、原則10日間
(10日目が日曜祭日に当たる場合は、その日以降直近の市役所開庁日)
受渡及び返却時間帯 平成21年10月1日(木)から
対応時間 午前9時〜午後5時まで 土・日・祝日及び年末年始(12月28日〜1月4日)は
       受け付けません。
受渡の方法 交通環境対策課窓口で、直接手渡しで行います。精密機器のため、郵送での受渡はできません。
借用時に必要なもの ・借用書
・本人確認資料(運転免許証)
・代理人の場合は、借主本人からの委任状と代理人本人確認資料(免許証、保険証等)
・事業者の場合は、借りようとする会社の社員であることが証明できるもの(社員証等)
申し込み方法 事前に申し込み用紙に記入の上、FAX(045−681−2790)またはe-メール(ks-e1gp@city.yokohama.jp)で申込んでください。装置の空き状況を見て、交通環境対策課から借主に貸借期間及び受渡日を連絡します。
貸出費用 無料。ただし、故意または過失により借用したエコ運転診断装置を故障または損壊させたときは、原則として借用者の負担により、修理等をしていただきます。
  ○次の貸出条件を必ずご一読の上、お申し込みください。

1 貸出用のデータ収集装置は、車両によって搭載できない場合があります。借用者は、
  事前に(株)テクトム社ホームページで搭載できるか確認してください。
  *確認方法
   搭載しようとする車の車検証を用意し、上記ホームページの対応車種一覧表の車種・
   型式・備考とをつき合わせて確認すること。
   車種、型式、備考→車検証に記載されているものと同じかどうか確認する。
   最右欄の「WC」に○印がついているか確認する。
  (記載がなくても搭載可能な場合もあります。不明なときは環境創造局交通環境対策課までお問い合わせください。)
2 診断装置があいている場合であっても、申し込み後、貸出開始まで、時間を要する
  場合があります。
3 取扱い説明書をよく読み、正しく使用してください
4 貸与したデータ収集装置の取付け及び取外しは借用者の自己責任で行い、運転に支障
  が出ないよう取付作業を行ってください。
5 市は装置の装着、運用に伴い発生した事故及びその他事故に類する事象に対する責任
  は負いません。また、市は装置の装着により自動車に不具合が生じた場合の責任は負
  いません。
6 借用者は貸与した診断装置の管理責任を負っていただきます(資産の改変・譲渡・
  転貸・処分・目的外使用等はできません)。
7 故意または過失により借用した診断装置を故障または損壊させたときは、その状況
  をすみやかに交通環境対策課に連絡してください。また修理等が必要な場合は、
  借用者の負担により修理等を行ってください。
8 エコ運転診断装置を返却する際は、付属品を含め貸出時と同様の状態で返却して
  下さい。
9 診断ソフト(CD)は複製を禁止します。借用期間終了時には、借用者が診断ソフトを
  インストールしたパソコンから、診断ソフトを必ずアンインストールして下さい。

○必要書類
・申込書 (WORD形式)29KB  (PDF形式) 72KB
・借用書 (WORD形式)29KB  (PDF形式) 74KB
・借用書記入例 (PDF形式)95KB


○お問い合わせ先・申込書送付先
環境創造局環境保全部交通環境対策課 電話:045−671−2492  FAX:045−681−2790
                     e-メール:ks-e1gp@city.yokohama.jp


○エコカーワールドでエコ運転診断試乗会を行いました!
試乗会ブース 「エコドライブをしよう」と一口に言っても、なかなか難しいもの。講習もあるけど時間がないし、でも自分の運転がエコドライブなのか確かめたい。そんな方に向けて、エコカーワールド2009の会場で、エコドライブ試乗会を行いました。6月6日(土)、7日(日)の2日間で合計42名の方が体験をしました。また、燃費競争ができ、エコドライブのコツが楽しく学べるポータルサイト「E1グランプリ」が2009年9月に開催します。このお披露目もしました。


<試乗会レポート>
試乗車

エコドライブ体験には、日産キューブを使用。


試乗の様子

コースは赤レンガ倉庫を出発して、県庁前、みなとみらいを通る約1.8kmです。


診断の様子 診断書

エコドライブ体験後は、画像のような診断書が出ます。「ふんわりアクセル」「アクセル一定」「早めのアクセルオフ」の3つのエコドライブ判定項目をもとに、運転した方のエコドライブ度を測ります。「急」の付く運転操作をしない、ふんわりアクセル、前方を良く見て無駄な加速はしない、 3台前の車両を見て、早めの減速、加速は早めに、減速は長く等々が、「エコドライブのコツ」です。日産のプロドライバーの方から、良かったところ、気をつけたいところ等の説明やエコ運転を続けていくためのアドバイスをしてもらいました。


横浜市環境創造局環境保全部交通環境対策課 - 2009年9月30日 作成 - 2010年08月23日 更新
ご意見・お問い合わせ - ks-kotsu@city.yokohama.jp - 電話: 045-671-2492 - FAX: 045-681-2790
©2005-2010 City of Yokohama. All rights reserved.