- トップメニュー|検索

環境創造局トップ環境創造局についてサイトマップ

 



1.高濃度予報

神奈川県では、「午前5時から7時まで」と「午前5時から12時まで」のPM2.5濃度の状況をもとに、その日の県内におけるPM2.5濃度の日平均値が70マイクログラム/立方メートル(㎍/m3)を超えるおそれがあると判定した場合は、それぞれ朝8時と午後1時に神奈川県内全域を対象に「高濃度予報」を出します。

この高濃度予報が出たときは、
・不要不急の外出をできるだけ減らしましょう。
・屋外での長時間の激しい運動をできるだけ減らしましょう。
・屋内では換気や窓の開閉を必要最小限にしましょう。
・呼吸器系や循環器系の疾患のある方、小児、高齢者などは体調に応じてより慎重に行動しましょう。


判定の方法

神奈川県では、国が提示した方法に基づき判定を行っていますが、その詳細はこちら(神奈川県のホームページ)をご覧ください。

 


2.高濃度情報

横浜市では、市内の一般大気測定局における微小粒子状物質(PM2.5)の午前5時、6時、7時の1時値の平均値が、いずれか1局において85マイクログラム/立方メートルを超えた場合は、午前8時頃に「高濃度情報」を提供します。

この高濃度情報が出たときは、横浜市がホームページなどで公表します微小粒子状物質(PM2.5)速報値に留意してください。

横浜市環境創造局環境管理課監視センター - 2013年12月05日 作成 - 2013年12月5日 更新
ご意見・問合せ - ks-kankyokanri@city.yokohama.jp - 電話: 045-671-3507 - FAX: 045-641-3580
©2005-2013 City of Yokohama. All rights reserved.