- トップメニュー|検索

環境創造局トップ環境創造局についてサイトマップ

 
横浜市記者発表資料
シンボルマーク
平成30年2月6日
環境創造局公園緑地部動物園課
(公財)横浜市緑の協会

市立動物園での飼育鳥類の展示再開等について

 

 横浜市立動物園では、高病原性鳥インフルエンザの東京都内での発生状況を踏まえ、飼育動物への感染防止のため、鳥類の展示見合わせなどの対応策を実施してきました。

 今回、東京都と神奈川県における野鳥重点監視区域(平成30年1月10日指定)が解除されたことに伴い、2月7日から一部の鳥類の展示などを順次再開します。

 なお、国内の監視強化等が継続していることから、しばらくの間、入退園時の靴底の消毒、園内へ進入する車両等の消毒、傷病鳥類の受入休止等の対応策は継続して実施しますので、ご協力をお願いします。

【2月7日から順次再開する内容】

○ 一部の鳥類の展示再開
○ 鳥類とのふれあい
○ 繁殖センターの見学 等

【継続する対応策】

○ 横浜市立動物園 共通
 ・入退園時の靴底の消毒
 ・園内へ進入する車両等の消毒
 ・傷病鳥類の受入等原則休止 等

○ 展示の見合わせ

※ 国内の監視強化等が継続しており、今季中新たに発生することも想定されるため、 再度展示見合わせをする際にかかる鳥類への負担等を考慮し、以下については展示見合わせを継続します。


よこはま動物園: ウォークインバードケージ、海鳥舎、オオワシ、カンムリセイラン、カンムリシロムク、オオミカドバト、フンボルトペンギン
野毛山動物園: 猛禽舎、大池
金沢動物園: アオバネワライカワセミ
 具体的な展示内容等の最新情報については、各動物園のホームページ等でご確認ください。

 

(参考)

よこはま動物園ズーラシア公式ホームページ

野毛山動物園公式ホームページ

金沢動物園公式ホームページ

万騎が原ちびっこ動物園公式ホームページ



記者発表資料本文(PDFファイル・・・204KB)


お問合せ先
環境創造局公園緑地部動物園課長  長谷川 正英  電話:045-671-2607
(公財)横浜市緑の協会よこはま動物園副園長 渡辺 武志 電話:045-959-1298
(公財)横浜市緑の協会野毛山動物園園長 鈴木 浩 電話:045-231-1307
(公財)横浜市緑の協会金沢動物園園長 原 久美子 電話:045-783-9400
横浜市環境創造局公園緑地部動物園課 - 2018年2月6日 作成 - 2018年2月6日 更新
ご意見・問合せ - ks-dobutsu@city.yokohama.jp - 電話: 045-671-4124 - FAX: 045-633-9171
©2005-2018 City of Yokohama. All rights reserved.