- トップメニュー|検索

環境創造局トップ環境創造局についてサイトマップ

 
横浜市記者発表資料

<環境省同時発表>

 
平成29年10月16日
環境創造局政策調整部政策課
環境創造局政策調整部環境科学研究所
港湾局港湾管財部管財第一課
総務局危機管理室

横浜港におけるヒアリの確認について(平成29年10月6日続報)

 横浜港大黒ふ頭コンテナターミナル内において発見されたアリが、専門家による種の同定の結果、10月15日に特定外来生物であるヒアリと確認されました。
 環境省が国土交通省及び本市と協力して実施した68港湾調査で発見された3個体と、横浜市が継続調査していたトラップに捕獲された2個体です。
 ヒアリは5個体とも働きアリで、発見時には既に死亡していました。
 引き続き、調査を続けるとともに、今回ヒアリが確認された場所周辺の調査と防除の対策を行います。

1 経緯

(1)68港湾調査(10月13日環境省報道発表以後)
 10月13日 環境省が10月5日及び13日に回収したトラップを確認。トラップから、ヒアリ・アカカミアリは確認されなかった。
        大黒ふ頭コンテナターミナルの目視調査で発見したアリの死骸(約20個体。10月5日トラップ回収時に採取)のうち、疑いのあるアリ3個体のサンプルを、環境省が専門家へ送付
 10月15日 専門家が10月5日に発見された3個体のサンプルがヒアリであることを確認


(2)本市継続調査(10月6日本市発表以後)
 10月2日〜10月11日 トラップによる継続調査(4回目)
 10月13日 横浜市環境科学研究所がトラップを確認。疑いのあるアリ2個体を発見
        疑いのあるアリ発見を受け、大黒ふ頭コンテナターミナルの調査地点において、殺虫液散布。トラップ及びベイト剤は継続設置
        横浜市が環境省に当該アリのサンプルを持ち込み
        環境省がサンプルを専門家へ送付
 10月15日 専門家が10月13日に発見された2個体のサンプルがヒアリであることを確認

2 対応
・大黒ふ頭コンテナターミナルにおいては、10月11日からトラップによる継続調査(5回目)を実施しています。
・周辺の施設、港湾関係者に個別に注意喚起を行うとともに、関係機関に情報共有しています。
・引き続き、環境省や港湾関係者と連携協力して、今回ヒアリが発見された場所を含め、ヒアリの確認調査を実施します。

3 周辺住民等の皆様へ
(1)注意点について
 ・ヒアリを刺激すると刺される場合があります。
 ・ヒアリが生息している可能性があるような場所(緑地帯の土や芝生の土等)には安易に手をいれないようにしてください。
 ・ヒアリと疑われるような個体や巣を見つけた際は、刺激(アリを踏もうとしたり、巣を壊したり等)しないでください。
(2)刺されたときの対応について
 ・まずは安静(20〜30分程度)にし、容体が急激に変化することがあれば、最寄りの病院を受診してください。
 ・受診の際は、「アリに刺されたこと」「アナフィラキシー(重度のアレルギー反応であること)の可能性があること」を伝えてください。


(図)今回ヒアリが発見された場所 環境省報道発表資料より
今回ヒアリが発見された場所


(写真)今回確認されたヒアリ(横浜市環境科学研究所撮影)

今回確認されたヒアリ
継続調査(4回目)


記者発表資料本文(PDF形式296KB)

 

お問合せ先
(ヒアリ等の駆除に関すること)環境創造局政策課環境プロモーション担当課長 小川 久美子 電話:045-671-3830
(ヒアリ等の簡易判断に関すること)環境創造局環境科学研究所長 武田 正善 電話:045-453-2550
(港湾の管理に関すること)港湾局管財第一課長 石黒 茂光 電話:045-671-7179
(ヒアリ等対策の総合調整)総務局危機管理課長 湊 卓史 電話:045-671-2062

※写真のデータが必要な場合は、環境創造局政策課ks-tayou@city.yokohama.jpにメールをいただければ、ご返信にてデータをお送りします。(メール送信後、上記お問合せ先にお電話ください。)
 
横浜市環境創造局政策調整部政策課 - 2017年10月16日 作成 - 2017年10月16日 更新
ご意見・問合せ - ks-tayou@city.yokohama.jp - 電話: 045-671-2478 - FAX: 045-641-3490
©2005-2017 City of Yokohama. All rights reserved.