- トップメニュー|検索

環境創造局トップ環境創造局についてサイトマップ

 
横浜市記者発表資料
平成29年9月1日
環境創造局政策調整部政策課


横浜港本牧ふ頭におけるヒアリ確認地点の防除及び調査の終了について

 環境省から、横浜港本牧ふ頭におけるヒアリ確認地点での防除及び調査について終了する旨の連絡が8月31 日にありました。
 引き続き、環境省、国土交通省、横浜港関係者と連携協力して、ヒアリ侵入の確認・防除に取り組み、水際対策を行っていきます。

1 これまでの経緯
 〇 7月14 日 
     環境省が実施した「主要7 港湾ヒアリ等緊急調査」において、横浜港本牧ふ頭コンテナヤード内のアスファルト地面の割れ目から、ヒアリ約700 個体を発見。発見したアリはすべて殺虫処分し、発見地点を囲い込むように液剤をまき拡散を防止。
 〇 7月14 日〜8月24 日
    ヒアリ確認地点周辺へのベイト剤設置及び捕獲トラップによる調査(合計7回)

2  調査結果
    7月14 日以降、新たなヒアリの個体は確認されませんでした。
   環境省から「生体が確認されなくなってから概ね1か月以上経過したことから、専門家の助言も得て、当該地点の防除及び調査を終了する。」との連絡を8月31 日に受けました。

3 今後の対応
 (1) 7月14 日にヒアリが発見されたアスファルト地面の割れ目については、環境省調査の終了に伴い、ヒアリ定着防止のため、補修工事を実施します。
 (2) 環境省が実施する「ヒアリ確認地点の周辺2km 程度の調査」により、確認地点周辺にヒアリの侵入がないか、目視調査及び捕獲トラップの設置による調査中です。(8月※及び9月、計2回実施)
 (3) 環境省及び国土交通省が実施する「68 港湾におけるヒアリの調査・防除」により、本牧ふ頭を含む横浜港のすべてのコンテナターミナルで、ヒアリの侵入がないか、目視調査及び捕獲トラップの設置による調査中です。(8月※から月1回、計3回実施)


※ 上記(2)(3)の8月調査結果については、現在、環境省において分析中ですが、現段階でヒアリの疑いのある個体が確認された報告は受けておりません。

※ 記者発表資料本文(PDFファイル・・・127KB)

お問合せ先

(ヒアリ等の駆除に関すること)環境創造局政策課環境プロモーション担当課長 小川 久美子

Tel 045-671-3830   

(港湾の管理に関すること)港湾局管財第一課長 石黒 茂光 Tel 045-671-7179
(ヒアリ等対策の総合調整)総務局危機管理課長 湊 卓史 Tel 045-671-2062

横浜市環境創造局政策調整部政策課 - 2017年9月1日 作成 - 2017年9月1日 更新
ご意見・問合せ - ks-tayou@city.yokohama.jp - 電話: 045-671-2478 - FAX: 045-641-3490
©2005-2017 City of Yokohama. All rights reserved.