- トップメニュー|検索

環境創造局トップ環境創造局についてサイトマップ

 
横浜市記者発表資料
シンボルマーク
平成29年2月8日
環境創造局公園緑地部動物園課

高病原性鳥インフルエンザへの対策について

 

 横浜市立動物園では、平成28年12月7日から高病原性鳥インフルエンザの飼育動物への感染防止のため、一部鳥類の展示見合わせ等の対応策を実施しています。

 2月7日に東京都内で野鳥への高病原性鳥インフルエンザの感染が確認された状況を踏まえ、横浜市立動物園での対応策を強化することとし、2月9日(木)から当面の間、以下の内容の対応策を実施します。

 来園者をはじめ市民の皆さまには、ご迷惑をおかけしますが、ご理解のほどよろしくお願いいたします。


【対応策】

 〇鳥類の展示見合わせ など

なお、2月9日以降の情報については、各動物園のホームページ等でご確認ください。

(参考1)

よこはま動物園ズーラシア公式ホームページ

野毛山動物園公式ホームページ

金沢動物園公式ホームページ

万騎が原ちびっこ動物園公式ホームページ


(参考2)現在実施中の対応策(12月7日〜)

1 よこはま動物園ズーラシア
「ウォークインバードケージ(お客様にケージ内を通り抜けながら鳥類を観ていただく施設)」の通行の見合わせ、バードショーの一時中止。

2 野毛山動物園
「なかよし広場」でのニワトリ類の展示見合わせ。

3 万騎が原ちびっこ動物園
「ふれあいコーナー」でのニワトリ類の展示見合わせ。

4 金沢動物園
「ほのぼの広場」でのニワトリ類の展示見合わせ。

5 横浜市立動物園 共通
・傷病鳥類の受入等を原則休止。
・入退園時の靴底の消毒。
・園内へ進入する車両等の消毒の実施。
・干支関連のイベント等での鳥類の使用中止、等

6 その他
 横浜市繁殖センター(よこはま動物園ズーラシア内の非公開施設)への関係者以外の立入禁止(見学の中止等)。



記者発表資料本文(PDFファイル・・・204KB)


お問合せ先
環境創造局公園緑地部動物園課長  長谷川 正英  電話:045-671-2607
横浜市環境創造局公園緑地部動物園課 - 2017年2月8日 作成 - 2017年2月8日 更新
ご意見・問合せ - ks-yasei@city.yokohama.jp - 電話: 045-671-3448 - FAX: 045-633-9171
©2005-2017 City of Yokohama. All rights reserved.