- トップメニュー|検索

環境創造局トップ環境創造局についてサイトマップ

 
横浜市記者発表資料
シンボルマーク
平成29年1月25日
環境創造局下水道計画調整部
下水道事業マネジメント課


 
 


全国初! 浸水被害対策区域を指定しました!!

〜エキサイトよこはま22センターゾーンで官民連携した浸水対策を推進〜
 

 局地的な大雨(ゲリラ豪雨)の頻発等に対して、平成27年7月の下水道法(昭和33年法律第79号)の改正により、官民連携した浸水対策を推進していく必要がある区域を、公共下水道管理者が「浸水被害対策区域」として指定することが可能となりました。
 首都圏有数の拠点で横浜の玄関口で地盤の低い横浜駅が位置するエキサイトよこはま22センターゾーンの治水安全度を高めるために、横浜市下水道条例に基づき「浸水被害対策区域」として指定し、告示しました。今後、官民連携による浸水対策を推進するため、関係事業者との協議を進めていきます。
 なお、浸水被害対策区域の指定は、全国初となります。

1 
区域指定の日
  平成29年1月25日

 指定区域名
  横浜駅周辺地区


3 指定範囲
  記者発表資料をご参照ください

4 
記者発表資料(PDFファイル:697KB)
  ※なお、本件について国土交通省による記者発表も行われています。 

 

お問合せ先
環境創造局下水道計画調整部下水道事業マネジメント課長  遠藤 賢也  電話:045-671-2613
横浜市環境創造局下水道計画調整部下水道事業マネジメント課 - 2017年1月25日 作成 - 2017年1月25日 更新
ご意見・問合せ - ks-jigyomanagement@city.yokohama.jp - 電話: 045-671-2613 - FAX: 045-664-0571
©2005-2017 City of Yokohama. All rights reserved.