- トップメニュー|検索

環境創造局トップ環境創造局についてサイトマップ

 
横浜市記者発表資料
平成28年12月15日
環境創造局公園緑地部動物園課

市内で発見された死亡野鳥について

 

1 概要 

 12月15日(木)に市内で死亡野鳥が発見される事例が2件ありました。

 各区福祉保健センター生活衛生課が現地調査を行いましたが、死亡野鳥の死因が不明だったため、鳥インフルエンザウイルスの簡易検査を実施しました。簡易検査の結果、鳥インフルエンザウイルスは陰性でした。

 今後、国立研究開発法人 国立環境研究所に送付し、遺伝子検査を実施する予定です(遺伝子検査の結果が陽性だった場合にはあらためて記者発表します。)。


2 発見された死亡野鳥の概要

  発見場所 種名 羽数 鳥インフルエンザ検査結果
(1) 国際橋の中間あたり(中区新港二丁目1番から
みなとみらい1丁目1番に架かる橋)
スズガモ 陰性
(2) 野島公園内(金沢区野島町) オオバン 陰性


3 注意

(1) 死亡野鳥を発見した場合、素手で触らず、各区生活衛生課にご連絡ください。

(2) 野生鳥獣対策に関することは、環境創造局動物園課(045-671-3448)へお問い合わせください。




お問合せ先
(検査の経緯及び結果について)
環境創造局公園緑地部動物園課長  長谷川 正英  電話:045-671-2607、3448
(現地での対応について)
中区福祉保健センター生活衛生課長 玉崎 悟 電話:045-663-3121
金沢区福祉保健センター生活衛生課長 関口 芳敬 電話:045-788-7870
横浜市環境創造局公園緑地部動物園課 - 平成28年12月15日 作成 - 平成28年12月15日 更新
ご意見・問合せ - ks-yasei@city.yokohama.jp - 電話: 045−671−3448 - FAX: 045−633−9171
©2005-2016 City of Yokohama. All rights reserved.