- トップメニュー|検索

環境創造局トップ環境創造局についてサイトマップ

 
横浜市記者発表資料
シンボルマーク
平成28年7月15日
環境創造局政策調整部政策課

 

 

2016年 夏 こども「エコ活。」大作戦!開始

 


【特長1】 市内公立小学校3〜6年生が、夏休み中に環境行動に取り組む
【特長2】小学生の取り組みを応援する企業が協賛
【特長3】協賛金は、(1)国連WFP協会を通しフィリピン(ミンダナオ島)の植樹活動へ<新規>
     (2)(公財)オイスカを通し、宮城県の海岸林再生プロジェクトへ<継続>

 

<5年間の成果報告>
市内児童17.8万人の環境行動が、タジキスタン共和国の小学校における植樹と宮城県海岸林再生につながりました!

 小学生が環境行動に取り組むことで国内外の環境保全活動につなげる本事業(平成16年度開始)において支援した、タジキスタン共和国の植樹プロジェクトが5年間で完了しました。また、東日本大震災の被災地支援として始まった宮城県への支援成果がまとまりました。

参加人数 タジキスタン共和国
植樹本数
協賛金 宮城県の海岸林植栽
178,114人 112,000本
(日本からの支援全体)
566万円 131,416本
(プロジェクト全体)

 

<タジキスタン共和国の学校で果樹植樹> 小学校の子ども達 Yokohama Eco-Kids Campaign
の協力による取組と記載

【支援機関】国連WFP
【概要】小学校で、児童や地域の人々が、専門家や学校の先生と一緒に果樹を植え、育てる活動を支援しました。果実は、学校で食べるだけでなく、売却して、給食用の設備を作る経費にあてることができました。また、樹木を育てることで、環境を大切にすることの重要性を認識してもらうことにつながりました。
【平成23年度〜27年度日本からの支援実績】
・植樹完了本数 112,000本
・植樹実施学校数 204校

タジキスタン小学校の写真 看板
<宮城県海岸林再生プロジェクト> 被災直後 現在

支援機関】公益財団法人オイスカ
【概要】東日本大震災による大津波で被害を受けた宮城県名取市での海岸林再生を支援しました。防風、防砂、防潮、防霧などの機能を発揮する海岸林の再生は、市民生活はもちろん農業の復興に不可欠であり、2033年までに100haの育林を目指し、取組が進められています。
【平成23年度〜27年度プロジェクト実績】
・植栽完了本数 131,416本 
・植栽完了面積 25.49ha
・総雇用数 3,647人(8時間/日人)

被災直後の写真 現在の様子

 

<平成28年度からの支援>NEW!

フィリピン南部に位置するミンダナオ島ではさまざまな自然災害が頻発しており、その多くは違法な伐採や、排水不良などの人為的な問題により悪化しています。ミンダナオ島の環境保全に役立つ、以下の活動に対して、こども「エコ活。」大作戦!で支援を開始します。

【苗畑を作る】環境に適した、多様な原産の樹種の苗を育てるための畑を作ります。

【マングローブ植樹】沿岸地域に、海洋生物の繁殖地となるマングローブ林を復元させます。

【竹の植樹】低地に竹を植えることで、土地を安定させ、洪水被害から農地を守ります。

雇用の創出1ヶ月に10日間活動に参加した1家族当たり、お米50キログラム、または42ドルを報酬として提供します。


 <こども「エコ活。」大作戦!の仕組み>

◆児童の『エコ活。』
市内小学生(3〜6年生)に、「使っていない家電のスイッチを切る」「緑を育てる」「きちんと分別する」など7つの項目にチャレンジして、チェックシートに記入してもらいます。

◆企業の応援
横浜市環境保全協議会・横浜商工会議所の会員企業の皆様が協賛してくれます。

◆地球環境の保全
協賛金は、国連の食糧支援機関「国連WFP」が行っているフィリピンの植樹活動と東日本大震災で被災した宮城県の海岸林を再生するプロジェクトに役立てられます。
こども『エコ活。』大作戦!の仕組み


エコライフチェックシート(PDF1,697kb)

★今年度は、環境行動の普及啓発に継続的に御協力いただいている横浜DeNAベイスターズの選手から、子ども達へ「エコ活」応援メッセージを頂いています!

エコライフ・チェックシート 
  

pdf 記者発表資料本文(PDFファイル・・・690KB)


詳細は、こども『エコ活』大作戦ホームページへ
 
エコ活ロゴ


お問い合わせ先
〇こども「エコ活。」大作戦!については、
環境創造局政策調整部政策課環境プロモーション担当課長  小川 久美子  電話:045-671-3830
〇協賛金、宮城県海岸林再生プロジェクトについては、
横浜市環境保全協議会 事務局 神崎 雄介 電話:045-671-7470
〇タジキスタン共和国およびフィリピンでの植樹活動については、
国連WFP協会 事業部 井戸 みゆき 電話:045-221-2515
横浜市環境創造局政策調整部政策課環境プロモーション担当 - 2016年07月15日 作成 - 2016年07月15日 更新
ご意見・問合せ - ks-ondankeihatsu@city.yokohama.jp - 電話: 045-671-2478 - FAX: 045-641-3490
©2005-2016 City of Yokohama. All rights reserved.