- トップメニュー|検索

環境創造局トップ環境創造局についてサイトマップ

 
横浜市記者発表資料
シンボルマーク
平成28年6月27日
環境創造局みどりアップ推進部農業振興課

 

横浜みどりアップ計画「地産地消の推進」
山崎製パン株式会社横浜第二工場との連携による、
横浜産トマトのソースを使用した「ランチパック」が発売されます!


  本市では、身近な水や緑環境を次世代に引き継いでいくため「横浜みどりアップ計画」を策定し、緑の保全・創出や地産地消の推進などに取り組んでいます。
 地産地消の推進における企業と連携した取組の一環として、本市と山崎製パン株式会社横浜第二工場は地産地消に関する協定を締結しており、市内産農畜産物を使用したランチパックの期間限定商品を定期的に企画しています。
 このたび、同社との連携の取組の第5弾として、「ランチパック 横浜産トマトのトマトソース入り夏野菜カレー」が7月1日(金)から、1都6県のスーパー・コンビニなどで限定発売されますので、お知らせします。

ランチパック



【今回の商品に関する情報】

商品名と特徴   

「ランチパック 横浜産トマトのトマトソース入り夏野菜カレースパイスの効いたカレーに、横浜産トマトを100%使用した「横濱のトマトソース」(製造:横濱屋本舗)を加え、さわやかなトマトの酸味の感じられる味に仕上がっています。

使用している市内産農畜産物

 トマト

販売期間

 平成28年7月1日(金)から約2か月間

販売エリア

 横浜市域をはじめ1都6県【茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県】のスーパー・コンビニなど 

販売予定個数

 30万個

税別参考売価

 150



 

「横濱のトマトソース」について・・・      トマトソース 
 株式会社横濱屋本舗が製造するトマトソースです。日本における西洋野菜発祥の地である横浜のトマトを100%使用し、タマネギ、にんにく等の野菜を加えて、味に深みのあるソースに仕上げられています。




  
     
 

横浜のトマト生産について・・・      トマト
 「はま菜ちゃん」30品目の一つとして認定されています。
年間の収穫量は約4,000tで、神奈川県内でもトップクラスです。



   

【参考:連携によるこれまでの商品】
・第1弾「ランチパック(横浜産野菜のコロッケ&マヨネーズ)」
  横浜産の小松菜、じゃがいも、たまねぎを使用
  販売期間:平成25年9月1日〜 約2か月  

・第2弾「ランチパック(横浜育ちのポーク入りカレー)」
  横浜ブランド豚肉「はまぽーく」を使用
  販売期間:平成26年3月1日〜 約2か月  

・第3弾「ランチパック(横浜産じゃがいものポテトサラダ)」
  横浜産のじゃがいもを使用
  販売期間:平成26年10月1日〜 約2か月  

・第4弾「ランチパック(横浜ビーフのビーフカレー)」
  ブランド牛肉「横濱ビーフ」を使用
  販売期間:平成27年9月1日から約2か月間
   pdf 記者発表資料資料本文(PDFファイル・・・472KB)

お問合せ先
環境創造局みどりアップ推進部農業振興課長 近藤元子  電話:045-671-2606
横浜市環境創造局みどりアップ推進部農業振興課 - 2016年6月27日 作成 - 2016年6月27日 更新
ご意見・問合せ - ks-nogyoshinko@city.yokohama.jp - 電話: 045-671-2639 - FAX: 045-664-4425
©2005-2016 City of Yokohama. All rights reserved.