- トップメニュー|検索

環境創造局トップ環境創造局についてサイトマップ

 
横浜市記者発表資料
シンボルマーク
平成28年5月24日
環境創造局みどりアップ推進部農業振興課

 

 

横浜の農業を見て、触れて、味わえる

「横浜農業の(さい)(てん) 2016(にいぜろいちろく)」で横浜の農業をPRします

 
  

横浜市では、活力ある都市農業を未来につなげていくことを基本理念とした「横浜都市農業推進プラン」に基づいて、様々な農業施策を進めています。推進プランでは、「持続できる都市農業を推進する」こと、「市民の皆様が身近に農を感じる場をつくる」ことを柱として掲げ、農業経営の支援、農景観の保全や地産地消の推進等に取り組んでいます。

このたび、JA横浜の主催により、横浜の農業のPRを目的としたイベント「横浜農業の彩典 2016」が開催されます。市内生産者による農畜産物の販売や市内産の牛肉などの試食、花の品評会など、横浜の農業で会場が彩られます。

イベントでは、横浜市も市内産の野菜や花の苗を用いた展示を行い、市民の皆様に横浜の農業の魅力をPRします。

 
 

1 開催日時・会場

平成28年5月28日(土)10:0017:00
        
29日(日)10:0015:00

グランモール公園・美術の広場(西区みなとみらい)

会場(グランモール公園・美術の広場)
会場(グランモール公園・美術の広場)

 

2 主な実施内容

(1) 展示コーナー

   ア 市内産の野菜苗・花苗を用いた「横浜農場」(※)のPR【横浜市実施】

   市内生産者が育てた野菜苗と花苗(2,600ポット)を用いて、

  横浜の魅力ある農業と農産物を「横浜農場」としてPRします
     
イ 花卉(かき)品評会、植木庭園、野菜の宝船の展示 等

 

  ※横浜農場:意欲的な生産者や多彩な農畜産物、農景観など、身近に魅力ある

  農が存在する横浜を農場に見立て、「横浜農場」と称して横浜の

  農業や魅力ある市内産農畜産物をプロモーションします。

(2) 食・販売コーナー

 ア 市内産の牛肉・豚肉・鶏肉やじゃがいもの試食

 イ 軽トラ市(市内生産者による農畜産物の販売)

 ウ 市内産のアイスクリーム販売

 エ 横浜ゆかりの食品企業(今井かまぼこ、岩井の胡麻油等)の出店 等

 

前回の様子(横浜赤レンガ倉庫イベント会場、2012年10月)
前回の様子
(横浜赤レンガ倉庫イベント広場、2012年10月)


 
(3) ステージ

   ア 開会セレモニー(28日(土)10:0010:15

  主催者挨拶(JA横浜・石川久義 代表理事組合長)、共催者挨拶(林文子 横浜市長)挨拶、開会宣言

 イ 地産地消チャンピオン大会(クイズ)、JA横浜組合員による演劇、ミニコンサート 等

 

 3 実施主体

 主催:JA横浜 共催:横浜市環境創造局、横浜市園芸協会、JA神奈川県中央会、JA全農かながわ

 後援:毎日新聞横浜支局、産経新聞社横浜総局、朝日新聞横浜総局、日本経済新聞社横浜支局、

 東京新聞横浜支局、神奈川新聞社、テレビ神奈川、NHK横浜放送局、FMヨコハマ、

 一般社団法人横浜みなとみらい21、株式会社サカタのタネ


    ●記者発表資料(PDF、366KB)


 
横浜市環境創造局みどりアップ推進部農業振興課 - 2016年5月24日 作成 - 2016年5月24日 更新
ご意見・問合せ - ks-nogyoshinko@city.yokohama.jp - 電話: 045-671-2639 - FAX: 045-664-4425
©2005-2016 City of Yokohama. All rights reserved.