- トップメニュー|検索

環境創造局トップ環境創造局についてサイトマップ

 
横浜市記者発表資料
シンボルマーク
平成27年6月11日
環境創造局みどりアップ推進部農業振興課
 

横浜みどりアップ計画「地産地消の推進」
横浜市とJR東日本横浜支社との連携第8弾
横浜市内産トマトで作られたトマトソースを使用した新商品!
JR駅構内のパン店5店舗で販売中!


  横浜市とJR東日本横浜支社は、平成25年9月に地産地消の推進に係る協定を結んでおり、両者で連携した様々な取組を行っています。
  今回、取組の第8弾として、横浜産のトマト100%で作られているトマトソース「横濱のトマトバジル」を使用した2種類の新商品を販売します。
  店舗は、JR駅構内でパンを販売する「HOKUO」の戸塚駅に新規開店する2店舗を含めた5店舗(市内4店舗、市外1店舗)です。
  「横濱のトマトバジル」は、株式会社横濱屋本舗の3種類のトマトソースの1つです。地元横浜産にこだわったトマトソースの味わいを、この機会に是非ご賞味ください。 
  今回の取組に際し、横浜市では、使用する市内産の素材についてJR東日本へアドバイスを行いました。

1 商品名・価格
 ●「横浜産トマトとベーコンのオリーブスティックパン」 200円(税込)
 横濱屋本舗の「横濱のトマトバジル」を生地に練り込み、オリーブとベーコンをトッピングして焼き上げたスティックタイプのパンです。ベーコンの塩味とトマトの酸味が絶妙にマッチした一品です。
 ●「横浜産トマトのペンネとベーコンのさっぱりピザ」 230円(税込)
 横濱屋本舗の「横濱のトマトバジル」を塗ったピザ生地にベーコンとペンネ、ブロッコリーチーズをトッピングして焼き上げています。温め直すと風味がより一層引き立ちおいしくいただけます。

横浜産トマトとベーコンのオリーブスティックパン
横浜産トマトとベーコンのオリーブスティックパン

横浜産トマトのペンネとベーコンのさっぱりピザ
横浜産トマトのペンネとベーコンのさっぱりピザ


 ※横浜産トマト100%使用 横濱屋本舗のトマトソースシリーズ  各528円(税込)
 日本における西洋野菜発祥の地である横浜産のトマトを100%使用しており、レストランの厨房と同じ作り方で、丁寧にソースに仕上げました。
  ・横濱のトマトソース…トマトの旨みと酸味に玉葱、にんにく等の野菜を加え、ソースに味の深みを出しました。
 ・横濱のトマトバジル…フレッシュバジルから作ったオリジナルハーブオイルとドライバジルを加えた香り高いソースです。
 ・横濱のアラビアータ…赤唐辛子から作ったオリジナルぺペロンチーノオイルと鷹の爪を一本加えたピリッと辛いソースです。

2 販売期間   平成27年6月12日(金)から3か月間(予定)

3 販売箇所   「HOKUO」 
          平成27年6月12日(金)開店の戸塚橋上店及び戸塚地下店で絶賛販売中!
                    その他 石川町店、中山店、大船店でも販売しています。

4 運営会社  株式会社ジェイアール東日本都市開発


【参考1 「横濱屋本舗」とは】
 株式会社横濱屋本舗(社長:権田 耕一、本社:横浜市金沢区)は、平成22年9月に設立され、横浜や神奈川の文化と食材にこだわり、生産者と信頼のおけるネットワークを構築し安心でおいしい「高品質な商品」を提供している食品加工会社です。日本最古のトマトケチャップ「清水屋ケチャップ」の復刻・販売もしています。
 同社のトマトソースシリーズは「ヨコハマ・グッズ横濱001」に認定され、横浜市長賞も受賞しています。

【参考2 横浜市内のトマト生産】
 横浜のトマトは、横浜ブランド農産物「はま菜ちゃん」30品目のひとつとして認定されています。年間の収穫量は約4000t(平成18年度農林水産関係市町村データ)で、神奈川県内でトップクラスです。トマトの栽培は、温室による施設栽培が主流となってきていますが、横浜市では露地栽培も盛んに行われています。

【参考3 これまでの横浜市とJR東日本横浜支社の連携による取組】
  第1弾 「鴨居駅マルシェ」:鴨居駅改札外コンコースにて毎月第2火曜日開催。市内産の野菜等を販売。
  第2弾 「横浜産小松菜、トマトを使用した新メニューの販売」:エキナカ13店舗で販売 (販売終了)
  第3弾 「横浜産トマトを使用したパンの販売」:首都圏・長野エリアのNEWDAYS及びKIOSKで販売 (販売終了)
  第4弾 「横浜産梅を使用したそばの販売」:エキナカ8店舗で販売(販売終了)
  第5弾 「横浜駅マルシェ」:横浜駅構内にて市内産の野菜等を販売。
                  中央北改札内:毎月第4火曜日開催 
                  ルミネ横浜店 B1正面出入口横:毎月第3日曜日開催
  第6弾 「横浜産小松菜を使用したそばの販売」:横浜北口新規店舗開業に合せ、平成26年10月24日から販売中。
  第7弾 「横浜産さつまいもを使用した蒸しケーキの販売」:首都圏・長野エリアのNEWDAYS及びKIOSKで販売(販売終了)


pdf 記者発表資料資料本文(PDFファイル・・・765KB)
 
お問合せ先
環境創造局みどりアップ推進部農業振興課長 近藤元子  電話:045-045-671-2606
横浜市環境創造局みどりアップ推進部農業振興課 - 2015年06月11日 作成 - 2015年06月11日 更新
ご意見・問合せ - ks-nogyoshinko@city.yokohama.jp - 電話: 045-671-2639 - FAX: 045-664-4425
©2005-2015 City of Yokohama. All rights reserved.