- トップメニュー|検索

環境創造局トップ環境創造局についてサイトマップ

 
横浜市記者発表資料
シンボルマーク
平成27年3月19日
温暖化対策統括本部調整課
環境創造局政策課
資源循環局資源政策課

横浜市とWWFジャパンが環境分野において連携協定を締結

横浜市は、生物多様性の保全をはじめ、省エネ行動や環境に配慮した住まい方の実践など、市民、企業の皆様が行う環境行動への支援や様々な主体との連携による環境プロモーションなどを総合的に推進し、横浜らしいエコライフスタイルの定着を図っています。
本日、横浜市は、公益財団法人世界自然保護基金ジャパン(WWFジャパン)と、環境に配慮したライフスタイルの普及に連携して取り組むための協定を締結しました。(協定期間は、平成27年3月19日から3年間)

■連携事項
1 温暖化対策の推進に関すること
2 生物多様性の保全に関すること
3 循環型社会の構築に関すること
4 その他、持続可能なライフスタイルの推進等

■主な取組内容
1 世界最大のライトダウンキャンペーン「アースアワー(EARTH HOUR)」を横浜で開催!
2 環境行動フェスタなど市民向け啓発イベントを通じた「エコライフスタイル」の呼びかけ
3 環境問題に関する世界の最新情報をわかりやすく発信
4 日本の自治体で初! オリジナルPanda&Yokohamaロゴ(パートナーシップバッジ)を作成、
5 その他、今後検討する取組について
  ・FSC(森林認証制度)等の持続可能な国際認証制度の利用促進と普及啓発
  ・再生可能エネルギーの利用促進と普及啓発
  ・横浜版エコロジカル・フットプリント参考3の調査・研究
  ・WWFの協力のもと、横浜市版の広報リーフレットを作成し普及啓発に活用
  ・子ども向け教材の共同制作    など

■WWF(World Wide Fund for Nature、世界自然保護基金)について
 WWFは、人と自然が調和して生きられる未来を築くため、100カ国以上で活動している地球環境保全団体です。1961年にスイスで設立されました。現在は、森や海などの生物多様性を保全すること、木材や魚介類など、自然資源の利用を持続可能なものにすること、地球温暖化を防ぐことに力を注いでいます。
これらの活動はすべて、WWFのサポーターの皆さまによって支えられています。

記者発表資料本文pdfのマークPDFファイル245KB)

お問合せ先

(連携協定全般、温暖化対策について)
温暖化対策統括本部調整課長  伊藤 友道 Tel 045-671-4108

(生物多様性の保全について)
環境創造局政策課環境プロモーション担当課長     遠藤 寛子 Tel 045-671-3830

(循環型社会の構築について)
資源循環局資源政策課長    金高 隆一 Tel 045-671-2537

横浜市環境創造局政策調整部政策課環境プロモーション担当 - 2015年3月19日 作成 - 2015年3月19日 更新
ご意見・問合せ - ks-kstoiawase@city.yokohama.jp - 電話: 045-671-2484 - FAX: 045-641-3490
©2005-2015 City of Yokohama. All rights reserved.