- トップメニュー|検索

環境創造局トップ環境創造局についてサイトマップ

 
横浜市記者発表資料
シンボルマーク
平成27年2月3日
環境創造局政策課
       下水道事業推進課

横浜の“環境”に関する3つの計画を改定・策定しました
〜「横浜市環境管理計画」・「生物多様性横浜行動計画(ヨコハマbプラン)」・「横浜市下水道事業中期経営計画2014」〜

 横浜市では、(1)「横浜市環境管理計画」、(2)「生物多様性横浜行動計画(ヨコハマb(ビー)プラン)」、(3)「横浜市下水道事業中期経営計画2014」の改定・策定作業を進めてきました。これらの計画は「横浜市中期4か年計画2014〜2017」(以下、「横浜市中期4か年計画」とする)と連動し、これからの環境行政の基礎となるものです。
 このたび、平成26年10月1日から10月31日まで実施した市民意見募集の結果も踏まえ、これらの計画を改定・策定しました。

各計画の概要

(1) 「横浜市環境管理計画」

 「横浜市環境管理計画」は、環境施策を総合的かつ横断的に進めるため、「横浜市環境の保全及び創造に関する基本条例」に基づき策定している環境の総合計画です。平成23年4月に策定した計画が平成25年度までの短期的な計画目標期間を満了することに伴い、計画を改定しました。今後、この計画に基づき、脱温暖化に向けた低炭素社会や、豊かな生物多様性の実現など、横浜が目指す将来の環境の姿に向けた取組を進めます。
<計画期間>
・中長期的な視点での目標:     2025(平成37)年度まで
・事業実施に関する視点での目標: 2017(平成29)年度まで
<改定の主なポイント>
・平成23年に策定した計画において掲げた「将来の環境の姿」や「施策体系」などの根幹部分は引き続き継続
・今回の改定は東日本大震災後初めての改定となることから、災害時に公園や樹林地が持つ多様な役割に配慮した取組や防災施策と連携したまちづくりなど、環境価値と防災機能を併せて高めていく取組を整理
・さらに、今後の4年間で進める具体的な取組を整理
新たに加えた取組としては、
「地球温暖化対策」の分野において、水素エネルギーの活用の取組
「水とみどり」の分野において、都心臨海部で街の魅力やにぎわいにつながる緑の取組
「食と農」の分野において、都市農業の推進  など
<計画素案に対する市民意見募集の実施結果>
提出者数:33名 意見数:65件 ※詳細は計画とともにホームページに掲載


〜「横浜市環境管理計画」は、横浜市環境創造局ホームページから入手できます〜

 「横浜市管理計画」のページへ
 


(2) 「生物多様性横浜行動計画(ヨコハマb(ビー)プラン)」

 「生物多様性横浜行動計画(ヨコハマbプラン)」は、重要な課題である生物多様性の保全について、将来像を明らかにし、今後の取り組むべき施策等を示し、市民・企業・行政がつながり行動するための計画です。本計画は、生物多様性基本法に規定されている「生物多様性地域戦略」に該当します。平成23年4月に策定した計画が平成25年度までの短期的な計画目標期間を満了することに伴い、計画を改定しました。身近に自然や生き物を感じ、楽しむことができる豊かな暮らしの実現に向けた取組を進めます。
<計画期間>
・中長期的な視点での目標: 2025(平成37)年度まで
・具体的な取組と目標:    2017(平成29)年度まで
<改定の主なポイント>
・平成23年4月に策定した計画で掲げた平成37年(2025年)を展望した「横浜の生物多様性の将来像」など計画の根幹部分を継承
・これまでの取組の評価などを踏まえ、今後の4年間で進める具体的取組を整理
子どもたちの自然体験や環境学習は引き続き重点的に推進
専門家や市民の参加を含めた体系的な生き物調査の推進とデータの蓄積、活用を推進
都心臨海部において、生物多様性を感じることができる街づくりの推進  など
<計画素案に対する市民意見募集の実施結果>
提出者数:48名 意見数:89件 ※詳細は計画とともにホームページに掲載


〜「生物多様性横浜行動計画(ヨコハマbプラン)」は、横浜市環境創造局ホームページから入手できます〜

 
「横浜市における生物多様の取組」のページへ
 


(3) 「横浜市下水道事業中期経営計画 2014」

 「横浜市下水道事業中期経営計画2014」は、経営理念や経営方針をはじめ、施策や財政運営の目標と取組を掲げた横浜市下水道事業の中期的な計画です。横浜市下水道事業では、平成23〜25年度まで「横浜市下水道事業中期経営計画2011」に基づき、施策と財政を両輪とした事業運営に取り組んできました。前計画の終了に伴い、平成26年度を初年度とする本計画を策定し、職員一人ひとりがこの計画を指針として、市民の皆さまがいつまでも安心して暮らせる「快適で安全・安心な市民生活の確保」に向け、着実に取り組みます。
<計画期間>
・2014(平成26)〜2017(平成29)年度
<横浜市下水道事業中期経営計画2014の考え方>
・これまでの下水道事業の蓄積と時代の変化を踏まえ、「横浜市中期4か年計画」と整合した多様な施策・事業の展開(防災・減災、環境・エネルギー、経済活性化、国際貢献など)
・多様な施策・事業や今後拡大する施設の更新需要に対応するため、経営資源は財源のみならず、人材・体制、技術を含めた事業運営の基盤強化
<計画素案に対する市民意見募集の実施結果>
提出者数:35名 意見数:52件 ※詳細は計画とともにホームページに掲載
 

〜「横浜市下水道事業中期経営計画2014」は、横浜市環境創造局ホームページから入手できます〜
 
「横浜市下水道事業中期経営計画2014」のページ
 



記者発表資料pdfPDF形式・243KB)



お問い合わせ先

(1)横浜市環境管理計画について
        環境創造局政策課長                     目黒 享    電話:045-671-2686
(2)生物多様性横浜行動計画について
        環境創造局政策課環境プロモーション担当課長     遠藤 寛子   電話:045-671-3830
(3)横浜市下水道事業中期経営計画計画2014について
        環境創造局下水道事業推進課長              中村 永秀   電話:045-671-2940

横浜市環境創造局政策調整部政策課(庶務担当) - 2015年2月3日 作成 - 2015年2月3日 更新
ご意見・問合せ - ks-kstoiawase@city.yokohama.jp - 電話: 045-671-4102 - FAX: 045-641-3490
©2005-2015 City of Yokohama. All rights reserved.