- トップメニュー|検索

環境創造局トップ環境創造局についてサイトマップ

 
横浜市記者発表資料
 
 
シンボルマーク
平成26年10月23日
環境創造局農業振興課
 
 

横浜みどりアップ計画「地産地消の推進」
横浜市とJR東日本横浜支社との連携第6弾
横浜産小松菜と胡麻油を使用した定番メニュー、
横浜駅の新規開業店舗に登場!
 

 横浜市は、横浜みどりアップ計画の取組として企業等との連携により、市内産農畜産物のブランド力のアップをめざし、地産地消を推進しています。
 その一環として、JR東日本横浜支社と連携し、市内産農畜産物のPR促進を行っています。
 このたび、横浜市とJR東日本横浜支社との連携による取組の第6弾として、横浜産の小松菜を使用したそばが横浜駅北改札内に開業する「いろり庵きらく横浜北口店」に定番メニューとして登場します。
 香り高い胡麻油で横浜産の小松菜を炒めた、彩りよく風味香る、食欲をそそるメニューです。
 
 
  
■メニュー名 「胡麻油香る 豚肉とハマの小松菜そば」(横浜産小松菜を使用)

○販売期間  平成26年10月29日(水)〜(通年販売予定)
  ○価  格  500円(税込)

○販売箇所  いろり庵きらく横浜北口店(10月29日オープン)
         ※JR横浜駅北改札内
  ○営業時間  平日:6:45〜22:45
         土曜:7:00〜22:00
         日祝:8:00〜20:00       

  
〜参考〜横浜市とJR東日本横浜支社との連携によるこれまでの取組
第1弾 「鴨居駅マルシェ」:鴨居駅改札外コンコースにて毎月第2火曜日開催。市内産の野菜等を販売。

第2弾 「横浜産小松菜、トマトを使用した新メニューの販売」:エキナカ13店舗で販売(販売終了)

第3弾 「横浜産トマトを使用したパンの販売」:首都圏・長野エリアのNEWDAYS及びKIOSKで販売(販売終了)

第4弾 「横浜産梅を使用したそばの販売」:エキナカ8店舗で販売(販売終了)

第5弾 「横浜駅マルシェ」:横浜駅構内にて市内産の野菜等を販売。
              中央改札内:毎月第4火曜日開催予定
              西口ルミネイベントスペース内:毎月第2土曜日開催予定 

pdf 記者発表資料資料本文(PDFファイル・・・345KB)

   

お問合せ先
環境創造局農業振興課長  杉山 茂久    電話:045-671-2606
横浜市環境創造局農業振興課 - 2014年10月23日 作成 - 2014年10月23日 更新
ご意見・問合せ - mailto:ks-tisantisho-news@city.yokohama.jp - 電話: 045-671-2638 - FAX: 045-664-4425
©2005-2014 City of Yokohama. All rights reserved.