- トップメニュー|検索

環境創造局トップ環境創造局についてサイトマップ

 
横浜市記者発表資料
 
 
シンボルマーク
平成26年9月24日
環境創造局農業振興課
 
 

横浜みどりアップ計画「地産地消の推進」
横浜発のランチパック第3弾
横浜産じゃがいもを使用した「横浜産じゃがいものポテトサラダ」登場!
 

 横浜市は、大都市でありながら、市民生活の身近な場所に水や緑の環境を有しています。この緑の環境を生かし、また、次世代に引き継いでいくため「横浜みどりアップ計画」を策定し、緑の保全・創出維持管理の充実に取り組んでいます。
 計画の柱には、「市民の皆様が身近に農を感じる場づくり」を掲げ、企業等との連携による地産地消の展開を進めています。  

 その一環として、横浜市と山崎製パン株式会社が連携し、市内産農畜産物を使用したランチパックの期間限定商品を定期的に企画しています。

 このたび、山崎製パン株式会社との連携による第3弾として、「ランチパック(横浜産じゃがいものポテトサラダ)」を企画しました。
 10月1日(水)から、1都6県のスーパー・コンビニなどで限定販売されます。
 
 
  
■商品の概要
  
○商品名:「ランチパック(横浜産じゃがいものポテトサラダ)」

○使用している市内産農産物:じゃがいも
   ※今回使用しているじゃがいもは、今年の6月から7月に市内で収穫され、横浜農協の協力を得て集荷されまし
    た。
  ○販売期間:平成26年10月1日(水)〜 約2か月

○販売エリア:横浜市域をはじめ1都6県
         【茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県】のスーパー・コンビニなど
  
○販売予定個数:約40万個

○税別参考売価:150円
  
〜参考〜商品に関するこれまでの取組
<第1弾 横浜産の小松菜、じゃがいも、たまねぎを使用した 「ランチパック(横浜産野菜のコロッケ&マヨネーズ)」>
 ○販売期間:平成25年9月1日〜 約2か月
 ○販売個数:約43万個

<第2弾 横浜ブランド豚肉「はまぽーく」を使用した「ランチパック(横浜育ちのポークカレー)」>

  ○販売期間:平成26年3月1日〜 約2か月
 ○販売個数:約50万個


  

pdf 記者発表資料資料本分(PDFファイル・・・411KB)

   

お問合せ先
環境創造局農業振興課長  杉山 茂久    電話:045-671-2606
横浜市環境創造局みどりアップ推進部農業振興課 - 2014年9月24日 作成 - 2014年9月24日 更新
ご意見・問合せ - ks-nogyoshinko@city.yokohama.jp - 電話: 045-671-2638 - FAX: 045-664-4425
©2005-2014 City of Yokohama. All rights reserved.