- トップメニュー|検索

環境創造局トップ環境創造局についてサイトマップ

 
 横浜市記者発表資料
 
 
シンボルマーク
平成26年9月24日
環境創造局農業振興課
 
 

横浜市とJR東日本 横浜支社との連携による取組 第5弾 

企業と市民との連携による
マルシェ続々開催!!横浜駅2箇所でマルシェを開催します
 

 横浜市は、横浜みどりアップ計画の取組として企業等との連携により、市内産農畜産物のブランド力のアップを目指し、地産地消を推進しています。その一環として、JR東日本横浜支社と連携し、市内産農畜産物のPR促進を行っています。
 このたび、横浜市とJR東日本横浜支社との連携による地産地消の取組の第5弾として、JR横浜駅で横浜産の野菜、果物などを販売するマルシェを開催します。
この取組を通して、横浜市の魅力や特徴を発信します。多くの皆さまに地域の農畜産物にふれる機会をご提供し、地域農業の活性化や地産地消の取組を推進することを目的として実施します。
 
 マルシェ実施概要


■「横浜西口 ルミネ マルシェ」
 1 開催日
   平成26年10月11日(土)
 2 会場
   ルミネ横浜 西口ルミネイベントスペース内
   横浜市西区南幸1-1-1(横浜駅西口側)
ルミネマルシェ会場案内図 
 3 時間
   11:00〜17:00(予定)
 4 運営者
   株式会社ルミネ横浜
 5 販売者
   よこはまふぅどマルシェ実行委員会
 6 内容
   横浜市が認定する地産地消の案内人「はまふぅどコンシェルジュ」が協力して、
  市内産の野菜や果物、惣菜などを販売
   今後、毎月第2土曜日の定期開催を予定(次回は平成26年11月8日(土)開催予定)

■「横浜中央北口 マルシェ」
 1 開催日
   平成26 年10月6日(月)〜8日(水)の3日間
 2 会場
   JR横浜駅中央北改札内
   ※改札内マルシェ会場へは、入場券または乗車券等が必要です。
横浜駅改札内マルシェ会場案内図
 3 時間
   11:00〜17:00(野菜などは売切れ次第終了)
 4 運営者
   株式会社JR東日本リテールネット
 5 販売者 
   有限会社ナチュラーレ・ボーノ(よこはま地産地消サポート店)
 6 内容
   市内産の野菜や果物、惣菜、横浜の特産品などを販売
  今後、毎月第4火曜日の定期開催を予定 (次回は平成26年11月25日(火)開催予定)
  ※今回は海や港町など横浜をイメージさせる販売什器を使用し、「横浜の魅力」を一層感じられる空間を創出


販売者概要

<よこはまふぅどマルシェ実行委員会>
今回のマルシェを機に結成された、はまふぅどコンシェルジュ※による有志団体。生産者、フードコーディネーター、飲食店経営者などから構成。


※はまふぅどコンシェルジュとは
横浜市が登録、育成している地産地消の案内人。横浜市が実施する講座を受講修了後に登録。現在280人。(「はまふぅど」とは横浜の「はま」と風土・Foodを組み合せた造語で、横浜の食・食卓と農地や農業・農産物をつなぐということを意味している。)

<有限会社ナチュラーレ・ボーノ>
横浜市青葉区で田舎風イタリア料理「ナチュラーレ・ボーノ」および、惣菜店「Revive-Recipe TENZO(リバイヴ−レシピ テンゾ)」を運営。
地元の農家さん達と提携し、四季を通して100種類以上にも及ぶ、旬の野菜を料理に取り入れている。2店舗ともによこはま地産地消サポート店※として登録。

※市内産農畜産物を積極的に使用し、地産地消に取り組む市内飲食店等。市が登録。

これまでの横浜市とJR東日本横浜支社の連携による地産地消の取組

第1弾 「鴨居駅マルシェ」
 1 開催日時 
   毎月第2火曜日開催 15:00〜18:00  ※臨時開催もあり
 2 会場
   横浜線鴨居駅改札外コンコース
 3 内容
   市内産の野菜や果物を販売

第2弾 「横浜産野菜を使用した新メニューの販売」
 1 実施日
   平成25年10月18日〜12月31日
 2 概要
   エキナカの飲食店舗13店舗で横浜産野菜を使用した新メニューを販売
   「横浜産小松菜のかきあげそば・うどん」((株)日本レストランエンタプライズ)
   「横浜産トマトのB.L.Tサンド」(ジェイアール東日本フードビジネス(株))など


第3弾 「横浜産トマトを使用したパンの販売」
 1 実施日
   平成26年2月18日〜3月中旬
 2 概要
    (株)JR東日本リテールネット運営のNEWDAYS及びKIOSKで横浜産トマトを使用したオリジナルブランドパン「Panest(パネスト)」を販売(首都圏・長野エリア)


第4弾 「横浜産梅を使用した新メニューの販売」
 1 実施日 平成26年7月16日〜8月31日
 2 概要  エキナカのそば店8店舗で横浜産梅を使用した新メニューを販売
      「ハマの梅(うめ) 冷(ひ)やしそば・うどん(横浜産梅の梅干しを使用)」
      ((株)日本レストランエンタプライズ)




 

pdf 記者発表資料本文(PDFファイル・・・581KB)

 

   

お問合せ先
環境創造局農業振興課長             杉山 茂久 電話:045-671-2606
東日本旅客鉄道株式会社横浜支社事業部  梅田・山口 電話:045-320-2465

  
横浜市環境創造局みどりアップ推進部農業振興課 - 2014年9月24日 作成 - 2014年9月24日 更新
ご意見・問合せ - ks-nogyoshinko@city.yokohama.jp - 電話: 045-671-2606 - FAX: 045-664-4425
©2005-2014 City of Yokohama. All rights reserved.