- トップメニュー|検索

環境創造局トップ環境創造局についてサイトマップ

 
横浜市記者発表資料
シンボルマーク
平成26年5月7日
環境創造局政策調整部政策課
環境創造局南部公園緑地事務所
鶴見区鶴見土木事務所

本市の活動団体が国土交通大臣表彰を受賞
〜鶴見区平安公園愛護会、泉区泉の森ふれあい樹林愛護会〜

花と緑の愛護に顕著な功績のあった民間の団体に対し、その功績をたたえ、国民的運動としての緑化推進活動の模範として表彰する第25回「みどりの愛護」功労者国土交通大臣表彰の受賞者に、横浜市から2団体が決定しました。

表彰は、第25回全国「みどりの愛護」のつどいの式典において行われます。

 

1 表彰日   
    平成26年5月24日(土)

2 会場   
    鳴門・大塚スポーツパーク(徳島県鳴門市撫養町立岩)

3 受賞団体数   
    103団体

4 受賞団体決定の経緯     

都道府県、政令指定都市、地方整備局等の各長から推薦のあった民間の団体を、国土交通省内の第25回「みどりの愛護」功労者国土交通大臣表彰受賞者審査委員会において審査のうえ決定。

5 横浜市の受賞団体 

鶴見区平安公園愛護会
 平安公園は、人口28万を有する横浜市鶴見区の東端に近い、鶴見川と川崎市市境の間に位置する近隣公園です。周辺は住宅やマンション・小規模工場が立林する活気ある街中で、都会のオアシス的公園となっています。面積は15,000m2ほど、全般に平坦で、球技グラウンドやプールも併設しています。

 平安公園愛護会は、1957年(昭和32年)にその活動を開始し、現在は、季節を問わずほぼ毎日、4班で公園の愛護活動を行っています。都会の中の貴重な緑を有する癒しの場を地域の手で守り・育てていくという理念のもと、会員が清掃・除草・低木の手入れなど精力的に取り組んでいます。また、緑の手入れに加えて、公園内に花壇づくりを進めており、季節の花植え活動も活発で、公園に一層の彩と華やかさを演出しています。

 

泉区泉の森ふれあい樹林愛護会
 
泉の森ふれあい樹林愛護会は平成4年5月の樹林開園に伴い周辺住民により結成され、毎週日曜日9時から草刈り、清掃、巡回、花壇作り、散水、散策路の整備、野草の保護、巣箱掛けなどを行っています。

また自治会のイベントに模擬店を出店して住民との交流を図り、近隣小学校の授業では児童が会員と一緒に掃除や草刈りを体験します。更に季節によりビワや栗の収穫、巣箱外しなどをする時は、子供達の歓声が森に響き渡ります。

そしてカメラを片手に森を散策する人や、犬と散歩をする人、ドングリを拾う親子連れ、バードウォッチングをする人が多く訪れています。愛護会はこのように住民に親しまれている貴重な森を守るため、楽しみながら活動を続けています。


記者発表資料本文(PDFファイル・・・340KB)
※当日の取材については、前日までに下記お問合せ先にご連絡ください。
※画像データの提供を希望する場合は、下記お問合せ先にご連絡ください。
  

お問合せ先
環境創造局政策調整部政策課みどり政策調整担当課長 相場 崇(あいば たかし) 電話:045-671-2473
環境創造局南部緑地事務所 所長 持田 敏(もちだ さとし) 電話:045-831-8484
鶴見区鶴見土木事務所 副所長 川北 好伸(かわきた よしのぶ) 電話045-510-1669
横浜市環境創造局政策調整部政策課(みどり) - 2014年05月07日 作成 - 2014年05月07日 更新
ご意見・問合せ - ks-mimiplan@city.yokohama.jp - 電話: 045-671-4214 - FAX: 045-641-3490
©2005-2014 City of Yokohama. All rights reserved.