- トップメニュー|検索

環境創造局トップ環境創造局についてサイトマップ

 
横浜市記者発表資料
シンボルマーク
平成26年4月25日
環境創造局政策調整部政策課

九都県市 「ライフスタイルの実践・行動」キャンペーンを実施します

 九都県市(埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、横浜市、川崎市、千葉市、さいたま市、相模原市)では、自らの率先行動の取組を示すとともに、九都県市の住民・事業者自らが、省エネ・節電などを含めた地球温暖化防止への取組の必要性を理解し、率先して行動するように、5月1日から「ライフスタイルの実践行動」キャンペーンを実施します。


【キャンペーンテーマ】

「つづけよう」「ひろげよう」省エネ・節電
 〜無理なく賢いエコライフ〜

1 主な取組
  「ライフスタイルの実践・行動」キャンペーンの実施
   平成26年5月1日〜平成27年4月30日(通年実施)
      
 2 取組内容
 (1)各都県市における率先取組
 (2)クールビズ・ウォームビズの実施
 (クールビズについては、5月1日〜10月31日の期間で一斉に取り組みます。)
 (3)企業、団体等への取組要請
 (4各都県市におけるイベント等を通じた市民、事業者への啓発
 (5)ホームページを活用した情報提供
  *九都県市首脳会議環境問題対策委員会ホームページ 
   http://www.tokenshi-kankyo.jp/
 
  ※本件は、九都県市(埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、横浜市、川崎市、千葉市、さいたま市、相模原市)の「ライフスタイルの実践・行動」キャンペーンと同日発表しています。



横浜市での取組 「季節にあわせた軽装での執務」を開始します。

 横浜市では、省エネルギー行動を推進する取組を、5月1日(水)から実施します。
 エネルギー利用の積極的見直しや節電行動を推進するため、以下のような取組を行います。
 御理解・御協力のほどよろしくお願いいたします。
 
 
1 実施期間 
   平成26年5月1日から平成26年10月31日
  
2 取組内容 
 (1) 冷房時室温の適温化(28℃)
    市役所・区役所等、市の公共施設で冷房を使用する際は室温を28℃とし、温度管理を徹底します。
 (2) 軽装での執務
    暑い日には、通気性や吸汗性・速乾性などを重視した衣類を着用し、またネクタイや上着は着用しないなど、暑さをしのぎやすい服装で業務を行います。
   (気候や体調に合わせて適宜調整することを基本とします。)
 (3) 省エネルギー・節電の推進
  ア 不要な照明の消灯
     始業時前・昼休み・終業後の執務スペース、また、使用していない打合せスペースや書庫等の消灯を行います。
    イ 使用していない事務用機器の電源オフ
        プリンター、パソコン、コピー機など事務用機器については、節電モードに設定するとともに、使用していない場合は電源を切るなど、 無駄な電気を使用しないよう取り組みます。  
   
    ※ 記者発表資料(PDF:320KB)

 

 
お問い合わせ先
●九都県市の取組については、
  温暖化対策統括本部調整課長                     伊藤 友道   電話:045-671-4108 
●横浜市の取組については
  環境創造局政策調整部政策課環境プロモーション担当課長 遠藤 寛子  電話:045-671-3830
横浜市環境創造局政策調整部政策課(環境プロモーション担当) - 2014年4月25日 作成 - 2014年4月25日 更新
ご意見・問合せ - ks-ondankeihatsu@city.yokohama.jp - 電話: 045-671-2484 - FAX: 045-641-3490
©2005-2014 City of Yokohama. All rights reserved.