- トップメニュー|検索

環境創造局トップ環境創造局についてサイトマップ

 
横浜市記者発表資料
シンボルマーク
平成26年2月19日
環境創造局農業振興課

横浜みどりアップ計画「地産地消の推進」
横浜市と山崎製パン株式会社との連携による取組
 
新商品第2弾 「ランチパック(横浜育ちのポーク入りカレー)」が発売!
 

 

横浜市は、横浜みどりアップ計画の取組として、企業等との連携により、市内産農産物のPRやブランド力のアップをめざし、地産地消を推進しています。その一環として、山崎製パン及びJR東日本とも連携し、地産地消にかかる連携により、市内産農産物を使用した新商品の開発に関する調整を行っています。今月、2つの連携により誕生した新商品が関東地方を中心に販売されます。

今年度からは、今後も企業等との連携を一層広めていくため、「横浜・食と農のフォーラム」を開催し、企業連携等の取組紹介や横浜の新たな「農」の可能性を発信するための講演会や展示を行います。

今回、山崎製パン株式会社と連携した市内産 農産物を使用した新商品について、お知らせします。


■山崎製パンの新商品に関する情報
 
・商品名 : ランチパック (横浜育ちのポーク入りカレー)
    
スパイシーなこだわりカレーに肉質良好な「はまぽーく」を100%使用
 
・使用している市内産畜産物横浜ブランド豚肉「はまぽーく」
  
・先行販売 : 平成26年2月25日(火)【デイリーヤマザキ、スリーエフ】
 
・販売期間 : 平成26年3月1日(土)〜4月30日(水)【期間限定】
  ・販売エリア
横浜市域を含む1都6県【茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県】のスーパー・コンビニ等
 
・販売個数 : 約50万個
 
・税込参考売価 :150円
 
(※)はまぽーく・・・横浜のブランド豚肉。横浜の養豚農家が食品リサイクル飼料と配合飼料を与えて育てた安全・安心で柔らかい肉質の豚肉。平成19年度「日本畜産大賞地域振興部門特別賞」受賞。

【参 考】 山崎製パン株式会社との連携によるこれまでの取組

平成25年9〜10月 横浜市政策局の共創フロントを通じて公民連携により企画した「ランチパック(横浜産野菜のコロッケ&マヨネーズ)」は、横浜市域を含む1都6県のスーパー、コンビニ等で2か月間の期間限定で約42万個が販売されました。




■第1回横浜・食と農のフォーラム(2/26)で新商品の試食品を提供
 

2月26日()横浜開港記念会館で開催する「第1回横浜・食と農のフォーラム」で、山崎製パン株式会社横浜第二工場とJR東日本株式会社横浜支社もブース出店し、それぞれ2月に発売している新商品が提供され、試食できます。

 【タイトル】1回横浜・食と農のフォーラム〜横浜農場から未来へ種をまこう〜

 

【日  時】平成26226日(水)10時〜17

 

【場  所】横浜市開港記念会館 全館(中区本町1丁目6番地)

 

【内  容】横浜ならではの新しい「農」の可能性について提供していく場として、「品種改良」、「観光」、「デザイン」をテーマとする講演及びテーマ別展示、地産地消新ビジネスモデル事例報告会・商品展示、交流会、生産者・企業・市民団体・区役所等の活動紹介、横浜みどりアップ計画の紹介

 

☆ 横浜農場とは、食と農のフォーラムの愛称として使用し、ここから横浜の新たな「農」の可能性や価値を創造していくことをイメージしています。

 


 

pdf 記者発表資料本文(PDFファイル・・・983KB)

 

   

お問合せ先
環境創造局農業振興課長  杉山 茂久    電話:045-671-2606


  
横浜市環境創造局みどりアップ推進部農業振興課 - 2014年02月19日 作成 - 2014年02月19日 更新
ご意見・問合せ - ks-nogyoshinko@city.yokohama.jp - 電話: 045-671-2606 - FAX: 045-664-4425
©2005-2014 City of Yokohama. All rights reserved.