- トップメニュー|検索

環境創造局トップ環境創造局についてサイトマップ

 
横浜市記者発表資料
平成25年1月31日
環境創造局南部下水道センター

磯子ポンプ場送泥棟におけるアスベスト(石綿)の検出について

 

  磯子ポンプ場(磯子区磯子二丁目29番19号)送泥棟において、送泥管設備工事の実施に先がけ、施設調査を行ったところ、送泥棟内の天井面及び壁面からアスベストが検出されました。なお、施設周辺の大気環境中のアスベスト濃度を測定しましたが、定量下限値未満であり、健康上問題がないことを確認しました。

 

1 経緯

  送泥管設備工事の実施に先がけ、現場確認を平成24年12月に行ったところ、送泥棟内(地下1階から2階まで)の天井面及び壁面にアスベスト含有吹き付け材が含まれている疑いがあったため、専門業者に分析を依頼しました。

  その結果、アスベスト(バーミキュライト吹付け・クリソタイル7.2%)が含有していることが判明しました。この分析結果を踏まえ、平成25年1月17日に建物周辺の空気中のアスベスト濃度を専門業者に依頼して測定し、1月28日にその分析結果がでました。

 

2 アスベスト濃度の測定結果

(1) 測定場所:建物周辺の4か所(敷地境界)

(2) 測定方法:石綿に係る特定粉じんの濃度測定法(平成元年環境庁告示第93号)に定める方法

(3) 測定結果:定量下限値 0.3未満(本/リットル)

 

3 測定結果の評価

  大気環境中のアスベスト濃度には環境基準はありませんが、本市が平成23年度に実施した市内6地点での一般大気中の濃度の最大値0.48本/リットルと比べても低い値であり、今回の測定結果は問題となる濃度ではありません。

 

4 今後の対応・対策

  送泥管設備工事は、アスベスト撤去後に実施します。なお、アスベスト撤去については、関係法令に基づき適切に処理します。

 

 

 

 

 

お問い合わせ先

環境創造局南部下水道センター担当課長 野村 茂  Tel 045-774 -0848

環境創造局下水道施設管理課長      廣段 雄治 Tel 045-671 -3965      

横浜市環境創造局南部下水道センター - 2013年1月31日 作成 - 2013年1月31日 更新
ご意見・問合せ - ks-nambugesuido@city.yokohama.jp - 電話: 045-774-0848 - FAX: 045-771-1825
©2005-2013 City of Yokohama. All rights reserved.