- トップメニュー|検索

環境創造局トップ環境創造局についてサイトマップ

 
横浜市記者発表資料
シンボルマーク
平成24年11月7日
環境創造局みどりアップ推進部農業振興課

  




  11月は地産地消月間

 

市内産のキャベツ・ダイコンを全市の学校給食に供給します



 

本市では、地産地消の推進のため平成18年から11月を「地産地消月間」と定めて様々な取組を行っています。

今年も、農協と生産者が協力し、市内の小学校と特別支援学校に、地場野菜のおいしさを感じていただくため、市内産のキャベツとダイコンを学校給食の食材として、生産者が直接届けることになりました。この取組は、毎年行っており今年で7年目になります。

 

はま菜ちゃんイラスト 


 
学校給食に供給する市内産農産物について

キャベツとダイコンは、本市で生産される野菜の中で、生産量がトップクラスの野菜です。横浜では、キャベツは56月の春キャベツ、1012月の秋冬キャベツが、ダイコンは、1112月の冬ダイコンと、35月の春ダイコンが生産・出荷されています。今回、この旬の秋冬キャベツと冬ダイコンを農協、生産者の協力によって市内小学校と特別支援学校に給食の食材として、117141622日の4回に分けて供給します。

   


(1)実施内容

実施日 キャベツ   ダイコン  
 11月 7日(水) 75校 キャベツ      76校  だいこん    
 11月14日(水) 79校 78校
 11月16日(金) 83校 84校
 11月22日(木) 85校 86校
合計 322校 324校



(2)献立名:はま菜ちゃんこうどん

「はま菜ちゃんこうどん」は、横浜市主催の平成20年度「はま菜ちゃん料理コンクール」の受賞作品です。  はま菜ちゃんこうどん写真


(3)供給方法

地元で生産したキャベツとダイコンを農協と生産者が協力して学校に直接配達します。



(4)供給量

今年の供給量は、全体でキャベツが約4.3トン、ダイコンが約6.4トンになります。

 

お問い合わせ先
環境創造局みどりアップ推進部農業振興課長  杉山 茂久  電話:045-671-2606
教育委員会事務局健康教育課長               清水 文子 電話:045-671-3234
横浜市環境創造局みどりアップ推進部農業振興課 - 平成24年11月7日 作成 - 平成24年11月7日 更新
ご意見・問合せ - ks-nogyoshinko@city.yokohama.jp - 電話: 045-671-2637 - FAX: 045-664-4425
©2005-2012 City of Yokohama. All rights reserved.