- トップメニュー|検索

環境創造局トップ環境創造局についてサイトマップ

 
横浜市記者発表資料
シンボルマーク
平成24年8月10日
環境創造局政策調整部政策課

平成23年度 新たな「横浜市環境管理計画」取組実績報告書(年次報告書速報版)を公表します

横浜市では、「新たな『横浜市環境管理計画』」(以下「計画」という。)に基づき、地球温暖化対策、豊かな生物多様性の実現に重点を置き、地域社会、経済、まちづくりなどの総合的な視点による環境行政を総合的に推進しています。このたび、計画に掲げる環境施策・事業について、平成23年度の進捗状況の概要となる取組実績報告書(年次報告書速報版)を取りまとめましたので公表します。

 
取組実績報告書の主な内容
  (1)環境と人・地域社会

・身近な環境を楽しく学ぶ「よこはま環境行動フェスタ2011」や「ヨコハマbデイ」を開催

・企業・団体への環境行動の表彰や環境活動団体への支援により、生物多様性の取組を普及・啓発

【今後の展開】「横浜型エコスタイル」が日常生活に定着するよう、引き続き取組を推進

 

(2)環境と経済

・震災の影響を受け、電力不足への対応策を重点的に実施

・横浜スマートシティプロジェクトなどの取組が国際会議で高い評価を受賞

・公民連携による水ビジネスの国際展開がスタート

【今後の展開】環境・エネルギー分野における中小企業の新技術・新製品開発等への支援や、省エネ・創エネ及び節電対策の設備投資への支援を大幅に拡充

 

(3)環境とまちづくり

・都心部のエコまちづくりを推進

・徒歩や自転車、公共交通を中心とした交通体系の形成に向けた取組を推進

・環境に配慮した建築物の普及を推進

【今後の展開】「環境未来都市・横浜」の実現に向けて、多様なまちなみが低炭素交通網やスマートグリッドで結ばれるとともに、災害に強いまちづくりを推進

 

※計画の特徴 
 計画では、環境行政の基盤となる6つの
環境側面からの基本施策(地球温暖化対策、生物多様性、水とみどり、食と農、資源循環、生活環境)と3つの総合的な視点による基本政策(環境と人・地域社会、環境と経済、環境とまちづくり)で環境行政を総合的に推進することとしています。また、計画を着実に推進するため、取組状況の把握に留まらず、外部からの点検・評価、次年度以降の取組への反映を行う進行管理を行っています。

 

※本計画は、平成23年4月に策定しました。平成22年度の速報版としての取組実績報告書は、平成23年7月に公表しており、今回の公表は昨年度に引き続き、2回目となります。なお、年次報告書は、本年12月頃に冊子『横浜の環境』として公表する予定です。

※本報告書は、横浜市環境創造局ホームページに掲載しています。

http://www.city.yokohama.lg.jp/kankyo/etc/jyorei/keikaku/kanri/

 

 

お問い合わせ先

 環境創造局政策課長      緒賀     道夫     Tel:045-671-2686      

横浜市環境創造局政策調整部政策課 - 2012年8月10日 作成 - 2012年8月10日 更新
ご意見・問合せ - ks-kstoiawase@city.yokohama.jp - 電話: 045-671-2891 - FAX: 045-641-3490
©2005-2012 City of Yokohama. All rights reserved.