- トップメニュー|検索

環境創造局トップ環境創造局についてサイトマップ

 
横浜市記者発表資料
シンボルマーク
平成24年7月20日
環境創造局環境保全部交通環境対策課

「EVタクシーシェアのりば」の運用を開始します!

 YMPZ(横浜市、日産自動車株式会社)とかながわEVタクシープロジェクト(神奈川県、社団法人神奈川県タクシー協会、神奈川県個人タクシー協会、日産自動車株式会社)とのジョイント活動として、環境にやさしいEV(電気自動車)タクシーの普及を目的に「EVタクシーシェアのりば」の実証実験を、4月18日から済生会横浜市東部病院で実施しています。  利用者からのアンケート及び運行データから有効性が確認されましたため、「EVタクシーシェアのりば」を継続し、本格的に運用を開始します。


1 実施場所
 社会福祉法人 恩賜財団 済生会横浜市東部病院 (横浜市 鶴見区)

2 実施結果
 今回の実証実験では、航続距離、充電時間などによる営業面での不利を施策で支援する「EV タクシーシェアのりば」の有効性の検証を行いました。
 利用者へのアンケートでは、グラフのとおり全般として好意的に受け止めていただきました。
 また、運行データ等から、EVタクシー運行状況への効果が窺えました。

実証結果


3 実施内容
 平成24年7月23日(月)から実施します(祝日を除く月曜から金曜 8:00から18:00まで)。利用時間、運用方法は実証時と同様にEV専用待機所を2台分設け、既存のタクシーとEVタクシーを交互に配車します。

実証内容果


4 実施メンバー体
 横浜市、神奈川県、社団法人 神奈川県タクシー協会、済生会横浜市東部病院、日産自動車株式会社
 オブザーバー:国土交通省関東運輸局、一般財団法人 神奈川タクシーセンター

5 プロジェクトについて
・ YMPZ
 YMPZとは、横浜市と日産自動車株式会社がリードして進めているプロジェクトであり、低炭素都市を目指した次世代交通の実現に向けて、電気自動車やエコ運転の普及をはじめとした総合的な自動車交通施策に関する5か年間(平成21〜25年度)のプロジェクトです。

・ かながわEVタクシープロジェクト
 かながわEVタクシープロジェクトとは、多くの県民の方々に、手軽にEVタクシーを利用していただくことで、EVの普及につなげることを大きなねらいとしており、100台のEVタクシーの導入を目指しています。

お問合せ先
環境創造局環境保全部交通環境対策課長  佐藤 浩  電話:045-671-3825
横浜市環境創造局環境保全部交通環境対策課 - 2012年07月20日 作成 - 2012年07月20日 更新
ご意見・問合せ - ks-kotsu@city.yokohama.jp - 電話: 045-671-2490 - FAX: 045-681-2790
©2005-2012 City of Yokohama. All rights reserved.