- トップメニュー|検索

環境創造局トップ環境創造局についてサイトマップ

 
横浜市記者発表資料
シンボルマーク
平成24年4月26日
環境創造局環境科学研究所

横浜の川の生物相調査の結果について 

〜外来種が増加傾向!〜

 

 

 横浜市は、市内を流れる河川の6水系について昭和48年(1973年)から3年に1度の頻度で、魚類、底生動物、水草、付着藻類などの調査を実施し、生き物から河川の水質評価をしています。今年度の調査は13回目となりました。この40年近くの間、下水道の普及による水質の改善などにより、アユのように一度は姿を消しながらも、横浜の川へ戻ってきた生き物もいます。それに加え、最近では外来種も増えてきています。詳細な結果は、環境科学研究所のホームページに掲載します。

 

1 調査内容

調査地点  6水系(鶴見川、帷子川、大岡川、境川、宮川、侍従川)における41地点 
調査時期  平成23年7月から9月 
調査対象  魚類、底生動物(エビ、カニ、貝類、水生昆虫など)、水草、付着藻類(川底の石などに付いている藻類) 

 

2 調査結果概要

 (1)確認された水生生物

  魚類は50種、底生動物は171種、水草は8種、付着藻類は125種の合計354種が確認されました。その中で、海とのつながりを持つ回遊性の種類(アユやエビ類の数種など)は増加傾向にあり、水環境の改善に伴い多様な生物が戻ってきています。

  354種のうちレッドリスト等掲載種*注1)は27種で、平成20年度の結果(24種)と同程度の種類数でした。レッドリスト等掲載種は絶滅のおそれのある野生生物であり、生育生息地の保全とともに今後の動向を見守っていく必要があります。

  外来種*注2)は32種(国外外来種24種、国内外来種6種、品種2種)でした。 

 

120426-1-1.jpg 

 

 

120426-1-2.jpg 

 

 

120426-1-3.jpg 

鶴見川、帷子川、大岡川、境川の源・上流域で確認されました。雑食性で水生小動物などを食べています。 

 

 

鶴見川、大岡川、境川で確認されました。幼虫の期間は2〜4年で、川のよどみの沈殿物の間などで生活しています。 

 

 

淡水に生育する紅藻類。侍従川の源・上流域で確認されました。 

 

 (2)確認された外来種 

  近年、外来種が増えてきているのも横浜の川の特徴の一つです。今回、国外からの外来種については24種類が確認されました。調査で確認された全種類数に占める割合も上昇傾向です。国外外来種のうち、インドヒラマキガイ、プラナリアの仲間の2種(アメリカツノウズムシ、アメリカナミウズムシ)、環境省から要注意外来生物*注3)にリストアップされているカラドジョウは、横浜市が行っている川の生物相調査では、今回が初めて確認されました。 

 

120426-1-4.jpg 

120426-1-5.jpg 

120426-1-6.jpg 

 

年  S56  S59  S62  H2  H5  H8  H11  H14  H17  H20  H23 
国外外来種の種類数   3  4  4  7  6  9  8  11  12  19  24
全種類数   219  298  259  314  315  338  356  376  402  398  354
全生物種数に対する国外外来種数の割合   1%  1%  2%  2%  2%  3%  2%  3%  3%  5%  7%

※調査項目は魚類・底生動物・水草・付着藻類。ただし、S56については、水草調査は実施せず。 

 

 また、平成14年頃から、鶴見川水系、帷子川水系および境川水系で見られるようになったフロリダマミズヨコエビが、今回の調査では大岡川水系でも確認されました。要注意外来生物のタイワンシジミについても、平成17年頃から比べると確認地点数は増えています。国外外来種は、種類数が増えていくだけでなく、その生息範囲も広げているようです。

 

120426-1-7.jpg 

120426-1-8.jpg

 

*注3) 外来生物法に基づく飼養等の規制が課されるものではないが、生態系に悪影響を及ぼす可能性のある外来生物。 

 

 (3)生き物による河川の水質評価

  水の中に住む生き物の種類は、水質(水のきれいさの程度)に影響されます。今回の調査で確認された水生生物から水質を評価すると、41地点のうち「大変きれい」が19地点、「きれい」が14地点、「やや汚れている」が3地点、「汚れている」が2地点、「評価できない」が3地点でした(右図参照)。水質評価としては前回調査(平成20年)と同様な傾向です。 

120426-1-9.jpg 

 横浜の川の水生生物による水質評価結果

(平成23年夏)

 

記者発表資料(PDF・ 307KB)icn-pdf.gif

 

お問合せ先
環境創造局政策調整部環境科学研究所 担当課長  白柳 康夫  電話:045-752-2605
横浜市環境創造局政策調整部環境科学研究所 - 2012年04月26日 作成 - 2012年04月26日 更新
ご意見・問合せ - ks-kanken@city.yokohama.jp - 電話: 045-752-2605 - FAX: 045-752-2609
©2005-2012 City of Yokohama. All rights reserved.