- トップメニュー|検索

環境創造局トップ環境創造局についてサイトマップ

 
環境創造局 WEBキッズページ
スペース
ダイちゃん

新エネルギーの活用

タイトルイメージ

横浜の環境を学ぶ

日本は、全エネルギーの80%以上を海外から輸入(ゆにゅう)しており、エネルギーの多くを海外に頼(たよ)っています。
それらは石油などの化石燃料(かせきねんりょう)であり、これらを燃(も)やすことは空気を汚(よご)したり、二酸化炭素(にさんかたんそ)を大量(たいりょう)に出すなど、環境悪化(かんきょうあっか)させる原因(げんいん)のひとつになっています。

そこで最近、環境への影響(えいきょう)の少ない「新エネルギー」が利用(りよう)されるようになってきました。例(たと)えば、風車や太陽光を利用して発電したり、下水の処理(しょり)の途中(とちゅう)で発生するガスを利用するなどの技術(ぎじゅつ)が開発されています。


スペース

スペース
スペース 写真1
スペース
写真2
スペース 
新エネルギーいろいろ
 

---| トップページ | よくある質問(しつもん) | 環境創造局ホーム | ---
横浜市環境創造局政策調整部政策課 - 2006年1月30日 作成 - 2014年12月9日 更新
ご意見・問合せ - ks-kstoiawase@city.yokohama.jp - 電話: 045-671-2484 - FAX: 045-641-3490
©2005-2014 City of Yokohama. All rights reserved.